FC2ブログ

やっと行けた林道ツーリングと蒸気機関車の話(その1)

2019_0917-4.jpg

長ぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い梅雨が明けたと思ったら、
急転直下に猛暑日がつづき、猛暑から1mmも涼しくならないうちに台風が押し寄せ、
これは秋の気配か?と、期待したのも束の間、恐ろしい残暑がぶり返してきた。

加えて近頃の台風や暴風雨の激しさによって、
林道がほんの短時間のうちに通行止めになってしまう可能性は以前よりも高い。
実際、私のホームコースと言っていい群馬の栗原川林道も、
今年は皇海山登山道入口から根利側への道が通行止めとなっており、
今年中の開通は見合わせとなっている。

つまり、まったくオートバイツーリングに出かけられていない。

かといって、週末何もできずにただ悶々と過ごしていたわけではないし、
伊達や酔狂だけで多趣味な人生を貫いているわけではないので、
オートバイツーリングに出かけられないからと言って、
さして問題もないのではありますが、
それでもやはり、どこか後ろめたさがつきまとう。

その理由の筆頭は、やはりオートバイが“ナマモノ”であるからだろう。

私は、古くから大先輩方に「乗らなくても一日一回エンジンは掛けろ」と
口酸っぱく言われてきた世代だ。
R1200GSにはほとんど毎日乗っているので余計に、
オートバイの調子を維持させるのはそうした気遣いであることは
骨身に染みて分かっているつもりだ。

なので、贅沢にも2台も所有し、
そのうちの一台には年に数回しか乗っていないなんて、
大先輩方に顔向けができない。

というための長〜〜い言い訳が、冒頭の話であります。

天候の善し悪しがその楽しみの大半を左右するオートバイツーリングほど、
なかなか想定や計画通りにいかない趣味もない。
むしろ、無計画に「明日天気が安定していそうだ」とか、
「林道の崖崩れや、それによる通行止めもなさそうだ」とかいった
状況の重なりに合わせて思いつきで出かけられる臨機応変さがないと、
なかなか良いタイミングで良い場所を訪れることができない。

そもそも思い切りの良さを失いつつあるオッサンの場合、
宿を予約したり、誰かと約束したりして、
雨が降ろう槍が降ろうが出かけなければならない状況の方が、
かえって良いのかも知れない。

毎日通勤でオートバイを走らせている私の場合、
血中オートバイ濃度はある程度維持されてしまっているので、
異常気象とかいう言い訳に事欠かない昨今は特に、
休みの日にツーリングに出かける意欲は年々減少傾向にある。

2019_0917-1.jpg

そんな重い腰を上げてくれることになる良いキッカケが、
蒸気機関車でありました。

私は旅行というものにあまり興味がない。
私の行動はすべて「そこで何ができるのか」が選択基準のすべてなので、
ただ単に雪山に行ったりしないし、
眺めるために海に行ったりもしない。
ましてやオートバイは走ることが楽しい、走るための道具なので、
移動手段などには決してならない。

なので、走って楽しい場所かどうかが優先順位の筆頭となるワケなのだが、
言ったように、それだと出発のタイミングを逸してしまう。
なので「走りの方がダメでもアレが見られれば」とか、
「アレが食べられれば」とかいった副次的なイベントはとても重要なのであります。

作冬、オグナほたかでご一緒したHNさんが、
Instagramに上げていたSLの画像がコトの発端。
すぐにHNさんに「そこはどこですか?」と問い合わせると、
なんと群馬県の渋川であるという。

私は大井川鐵道くらいしかナマで蒸気機関車を、
観たり、乗ったりできる場所があることを知らなかったので、
しかもそれが身近な群馬で叶うなんて驚きを通り越して感動すらしてしまった。

しかもだ。
何か特別な行事や催事でのみ運行されているのかと思いきや、
調べると『SLぐんま みなかみ』と『SLぐんま よこかわ』は、
ほぼ一年にわたって毎週末に運行しているという。
オートバイだって一日一回エンジを掛けるものなのだから、
蒸気機関車ともなれば、もう言わずもがなだ。
動態保存する一番の方法は「恒常的に走らせること」に他ならないのだろう。

それならば、と、いつも行く栗原川林道ーリングのついでに寄ってみようと、
ずっと思い続けられたおかげで、天候が安定しそうな敬老の日の三連休の初日に、
勢いよくオートバイで出かけることができたというわけだ。

2019_0917-3.jpg

まずは朝、SLが20分間停車するという渋川駅に向かった。
『SLぐんま みなかみ』と『SLぐんま よこかわ』には、
「D51」と「C61」の二機種が運行していて、
できれば「D51」の方を見たかったのだが、
この日運行していたのは「C61」の方でした。

ちなみに、なぜ「D51」なのかというと、
「D51が世界で一番美しい蒸気機関車だ」と、
叔父が熱く語っていたことを子供心に深く受け止めていたからだ。

入場券を買ってホームで間近にSLを眺める手もあったのですが、
乗客たちがゆっくり眺め回すための長めの停車時間でもあるようで、
ホームはすでにスゴい人だかりになっていたので、それは諦めて・・・

2019_0917-5.jpg
2019_0917-6.jpg

渋川駅近くの鉄橋へ先回りすることにした。
公園などに置いてある蒸気機関車なら何度も見たことがあるし、
こうして実際に走っているSLを見る方が希有なことだし、
何より機関車なのだから走ってるところを見てナンボだろう。
それが鉄橋ともなれば気分も何倍もアガること請け合いだ。

2019_0917-25.jpg

『SLぐんま みなかみ』は高崎〜水上間を往復しているので、
鉄橋で「C61」を眺めてから栗原川林道へ向かい、
その帰りしなに上り線で戻って来るところも見てみようと
HNさんオススメの敷島駅に向かった。

2019_0917-12.jpg
2019_0917-24.jpg

ここ敷島駅は無人駅なので走り去る蒸気機関車を手軽に見学することができる。
やはり、ホームを通り過ぎる機関車というのは風情があっていい。感無量。
とはいえ、ほんの一瞬の出来事なので、
カメラなんか構えていると肝心のナマ機関車を見逃してしまうので注意が必要だ。

いやはや、蒸気機関車カッコヨス。
イマドキは『きかんしゃトーマス』人気にあやかっている部分も大きいとは思うが、
1949年に製造された機関車が走っている姿を今でも見られるなんて、
ある意味ジュラシックパークを地で行っているようなものだ。
しかもこちらはCGでも偽物でもない。紛うことなきホンモノだ。
これを男の浪漫と言わずして、何をロマンと言うのか。

じ〜〜んと来ましたよ。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ というわけで、明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
肝心の林道ツーリングの話をさせていただきます。
超ロングダートが魅力の栗原川林道ですが、
全ルートの半分が通行止めとなっているので、そもそも期待薄・・・
それでも何でも行くっきゃない!と一念発起して向かったものの・・・
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2019.09.30 | コメント(2) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

どうもですー。
最近得た知識によりますと「C」とか「D」とかのイニシャルは動輪(大きい車輪の数)で変わるらしいっすよ。例えばCだと3輪。Dだと4輪みたいな・・・。

2019-09-30 月 11:52:58 | URL | TKC #- [ 編集 ]

TKCさん
やはり機関車も奥が深いっすね
このまま鉄ちゃんになりそーです

2019-09-30 月 18:46:30 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR