FC2ブログ

サーフィン@伊豆 8/18

2019_0819-4.jpg

長いこと種子島の南東付近に居座り続けた台風10号が、
やっと日本海に抜けて熱帯低気圧になった金曜日。
私は会社で仕事をしていた・・・
お盆時期は道でも電車でも空くので、お盆に出社することじたいは嫌いではない。
コンプライアンスだの何だのと言われるようになってきてから、
自由裁量でお盆休みを取得させずに、お盆に会社を全休させる企業も増え、
今年のお盆期間は、例年以上に都心部が落ち着いていたように思う。

その反動で山の日の連休直前の木〜金曜日あたりの
都心へ向かう朝の幹線道路の渋滞は例年以上に酷かったのですが、
連休あとの火曜日からのお盆時期の都心部は道も空いていたし、
台風の影響で曇りがちだったこともあってほんと過ごしやすかった。

それもあって余計に思うのだが、
オリンピックが開催されているはずの来年の今頃の都心部は
一体どうなってしまうのだろう。

経済効果やら波及効果やらが期待されるとか何とか、
確か言っていたように思うのだが、少なくとも弊社には何の恩恵もなさそうだし、
場合によっては仕事どころじゃなさそうだ。
想定以上になりそうな期間中の気温や、
トライアスロンが行われるお台場の水質の問題などが取りざたされているが、
そうした経済活動への障害は想定に入っているのだろうか??

今から気が気でない。

さておき、帰郷したり、フェスに行ったりと、
仲間たちもそれぞれにお盆らしく過ごしており、
この週末もお一人様トリップ。
一応お盆休み期間だし、サクッと茨城は何となく避けたい気分。
しかも、長く本州南岸に停滞していたことで
多くのスウェルを届けてくれた台風10号が去った
この週末の茨城は波の反応もあまり良くない。

という諸々が合わさり、一人バカンスを求めて伊豆まで行くことにした。

2019_0819-1.jpg
2019_0819-2.jpg

台風が過ぎたあとのUターンラッシュ後ということもあり、
東名高速〜小田原厚木道路はとても空いていた。
「こりゃあひょっとして海も空いてたりして!」とか、
脳天気な想像が頭をよぎったが、
伊豆縦貫道あたりからジワジワとクルマの台数が増え始め、
いよいよ白浜の手前からノロノロ運転となり、
その想像は完全なぬか喜びに終わった・・・

2019_0819-7.jpg
2019_0819-8.jpg

8時前に白浜に着く頃には道は渋滞し、駐車場も埋まりはじめていた。
本来ならばいくつかポイントを見回ってから
入水する場所を決めたいところなのではありますが、
そんな悠長なことを言っている状況ではまったくない。
悩む間もなく白浜の駐車場にクルマを入れることにした。

2019_0819-6.jpg
2019_0819-5.jpg

と、消極的選択で入水した白浜でしたが、
波ははモモ〜コシ程度とはいえきちんと割れており、
充分に遊べる状況だったので結果オーライ。
海水浴規制のためサーフィンができるのはビーチの両サイドのみ。
遠目からだがマリーナ側よりも割れていそうだったので、
今回は北側の神社側に入ることにした。

規制によってサーフィンができるエリアは幅にして200mに制限されるが、
海水浴客もサーフエリアには入れないので、これは悪くない措置だと思う。
8時すぎくらいまでは波にパワーもあって、
規制のブイから白浜神社の鳥居近くまできちんと乗り切れるほど。
意外に遊べる。

2019_0819-9.jpg
2019_0819-13.jpg

しかして、それも最初の1時間のみで、
その後は一気にヒザ〜モモサイズにまでサイズダウンしてしまった。
この日は海パンに半袖のタッパで入っていたのですが、
朝のうちは雲も多く、ここのところの南ウネリのせいか海水温も低くて、
波待ちがまあまあ肌寒い。

2019_0819-16.jpg
2019_0819-10.jpg

それでも粘りに粘って11時頃まで2ラウンド、3時間やっつけてから一旦休憩。

2019_0819-17.jpg
2019_0819-19.jpg

依然として海岸沿いを走る国道135号の渋滞は続いており、
これでは食事のために駐車場を出ることもできない。
わざわざ高いお金を払って美味くもない海の家の食事をする気も起きないので
この日のランチはコンビニ弁当。
と言ってもコンビニ弁当には普段からたいへんお世話になっているので
いつも通りと言えばいつも通り。
ただ、この炎天下にビーチパラソル的なものがないため
ビーチではなく駐車場のクルマで弁当を食べなければならないところが
デスクで食べるコンビニ弁当よりも寂しい。

2019_0819-26.jpg
2019_0819-27.jpg

一旦クルマに戻ったついでにロングボードにチェンジ。
昼で潮も引き一杯だったため、15時くらいまでは鳴かず飛ばず。
それでも午後からは夏らしい太陽が顔を覗かせはじめたので、
ジリジリと灼けるようなビーチで休んでいるより、
波がなくても海の上に居た方がずっと身体が休まるし、何より気持ちが良い。

2019_0819-21.jpg
2019_0819-22.jpg

予想通りに潮が上げはじめる15時過ぎからサイズも戻って来た!
たまのハラを超すくらいの波がビッグウェーブに見えてしまう!
しかもちょっと薄っぺらくてドッカンダンパーも混ざるので、
ロングに乗る私は尚更要注意。

2019_0819-20.jpg

ロングならうまいこと捕まえると鳥居の下まで行けてしまうが、
このあたりはリーフ(しかも浅い)なのでいい気になって近づくと痛い目に遭う。
という事を今回知った。

2019_0819-24.jpg
2019_0819-28.jpg

最後の最後まで、日帰りで帰るか、
泊まって日曜日も海に入ってから帰るかで悩んだが、
翌日はサイズも下がりそうだったし、そんな波ではいつもの2倍の駐車場代を
とてもペイできそうにないので、夕方ギリギリまでやって日帰りにすることにした。
1,000円の駐車場代でもブーブー言ってる私にはやっぱりムリだ。

そんなセコいことばかり言っている私なので、
遠路はるばる伊豆まで来ておいて日帰りするなんて、これがはじめてのことだ。

2019_0819-32.jpg

この時間はすでに東名高速も渋滞しているので慌てても仕方がない。
久しく食べることができていない『さわやか』の「げんこつハンバーグ」を
食べてから帰ろうか、と調べてみたら、
道すがらの沼津の函南に新店舗がオープンしていたので寄ってみることにした。

しかして、待ち時間は100分!!!!
席待ちの受付を済ませてからもしばらく悩んだが、
食欲が勝り100分待つことに覚悟を決めた。

2019_0819-33.jpg

席待ちの受付をするとバーコード付の番号札(レシート)を渡される。
そのバーコードをスマホに読み込むと自分の待ち時間が表示され、
自分までの待ち客が残り10組を切ると知らせてくる仕組み(通知登録が必要)。
ほとんどの皆さんは各々クルマの中で順番を待たれていた。
私はと言えば、こういうときのために積みっぱなしにしているスケートで
近所を彷徨い回って時間を潰すことにした。この日の沼津地方は、
ありがたいことに夕涼みに最適なまさに「さわやか」な気候で、
気持ち良くスケートクルーズに没頭できた。暗闇の中だったけど・・・

そうして私が席に案内されたのは、ぴったり100分後。
その時点でもまだ90分待ち。
余計なお世話だが、22時半に夕食開始というのもなんともやるせない・・・

予約料を徴収されてもいいから、
いっそスマホから予約できるようにして欲しいと思うのだが、
店頭で受付しないと席待ちできないのが残念なところ。

とはいえ、オリンピックのチケットシステムや、
セブンペイのシステムに不備があったことが思い起こされる中、
このリクルートが提供している『Airウェイト』というサービスは
マジハンパねえと思うっす。

ちなみにこのシステムは、順番待ちの受付をするまでもなく、
さわやか全店舗の待ち時間をいつでも確認することができるので、
近頃は暇なときに見るようにしているのだが、
いつもいつも行列ができているわけではなさそうだ。
とはいえ、私が行けるのは週末だけなので、
避けようがないことに変わりはありませんがね・・・

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
だいぶお疲れ感が高まってきてしまった私のクルマですが、
そろそろ買い換えについて考えておこうかナ。というつれづれなお話です。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2019.09.02 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

お?来年のお盆は北海道じゃないの?
オリンピックで東京に人が集中するから安くなのでは?
それか、今一番熱い国「K国」か... w

2019-09-02 月 14:48:41 | URL | のぶ #- [ 編集 ]

のぶ
前回のオリンピックチケットの抽選では見事に全部外れたので、
例の「手ぶら組」のみ申込みできる敗者復活の二次抽選に申し込んでます。
これも外したらもう北海道行くっきゃないね〜〜

2019-09-02 月 15:38:02 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR