FC2ブログ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

godzilla_kom1.jpg



ゴジラは私が物心ついたときからのスターだ。
しかも、ウルトラマンや仮面ライダーなどの特撮スターの中でも、
映画でしか観られない、とっておきのムービースターだ。
そんな子供心に大きな影響を受けたコンテンツですので、
余計に大人になってからの鑑賞には、少なくない戸惑いがあったことも事実。

海外でも評価され、巨大生物が街を襲うパニック超大作としてリブート
されるようにまでなり、少しは照れ隠しもできるようになってきたと思ったら、
いよいよハリウッド映画でも、複数の怪獣が一堂に会するという
かなり特殊なアイデアまでもが採用されるまでになった。

長生きしているとこういう映画も観ることができるんですね。
と、イヤミでも悪口でもなく、素直にそう思えた映画でありました。

というくらい、どう考えても賛否のある作品であることは、
作り手も充分に理解したうえでやっていることだと思う。
つまり確信犯。

ピカチュウを実写化するような、
子供向けという免罪符も期待しているのかとも思ったが、
かなり真剣に大人向きに作っているように見受けられる。
とにかく恥も外聞もかなぐり捨てて、一気呵成に突っ走っている。
ここまで潔く突き抜けられると、観ているこちらもグウの音すら出ない。

godzilla_kom2.jpg

godzilla_kom3.jpg

内容はその題名のまんま『怪獣大戦争』だ。
公開は私の生まれた1965年だが、私が観たのは
71年に『キングギドラ対ゴジラ』に改題されて公開された方。
それと今作には何の関係もないのだが、
『キング・オブ・モンスター』という『怪獣大戦争』よりの題名ではありますが、
実質的には『キングギドラ対ゴジラ』だったことは何か時空を超えた縁を感じる。

そういった意味でも、
我々ゴジラ世代にはすでにネタバレでも何でもなく、

1:ゴジラは人類の味方
2:キングギドラは宇宙怪獣
3:モスラはゴジラの仲間
4:一度やられても地球エネルギーを補給してからのリベンジマッチ

という、とても基本的な『ゴジラルール』を、ハリウッド製作陣も
キッチリ守ってくれているところがなんだかちょっとウレシイ。
しかも、モスラは双子の姉妹によって発見されていたりもする。
(ザ・ピーナッツの唄ったあの名曲も、
 インストゥルメンタルではありますが、しっかりとカバーされています)

というように、古典を制作者の自意識によって「自分色に染め直す」ことや、
地域性(欧米圏)の価値基準に合わせて「物語を書き直す」ことは今では御法度。
マーベルや、DCなどのアメコミ作品や、
ゴースト・イン・ザ・シェル』のように、
原作へのリスペクトの顕し方がこのテの偉大なコンテンツのリブートには、
とても大切なのであろうことが痛いほど良く分かる。

ヲタクという価値感は、多様化していく世界や文化を、
それぞれに理解しあわせようとし向けているというわけだ。
紛争地域にもヲタクが増えたら戦争もなくなるかもしれない。

というわけで、日本人であろうとなかろうと、
これもまたゴジラを愛する者に向けた作品であるわけで、
歴代作品へのリスペクトを含め、ゴジラファンであれば2割増しで楽しめる。

ゴジラに人類が破壊し続ける地球環境を補正する役割を与えたり、
壊れゆく地球への思いから、地中深くに眠る怪獣を意図的に呼び醒まして
地球環境のリセットを謀ろうと企む闇の組織の暗躍だったり、
もちろん、一見さんに向けた諸々のチューニングが施されてはいるのですが、
そういった環境破壊阻止のための悪意という構図はすでに見飽きた題材なので、
たとえ一見さんであっても新しさは微塵も感じられないだろう。
そういう意味でもゴジラファン専用作品。

脚本の話はさておき、SF娯楽超大作としてCGを含めた映像作品としても評価すると、
残念ながらまだまだ「特撮」を超えたとは言いがたい。
今回もIMAX 3D(字幕)版を観たのですが、
前作の『ゴジラ(2014)』と同様に、
5年経った今でも、IMAXをしてゴジラに臨場感を与えることはできていない。

そんなこともあり、
いよいよ『シン・ゴジラ』の価値が高止まりを見せているように思う。
俊敏な動きで暴れることもなく、淡々と首都圏を歩いて通過するだけのゴジラに、
ただただ翻弄されるだけの国家と住民の姿を捉え続けた“だけ”。
今作とは比べ物にならないくらい低予算で作られた
チャチな特撮映画でありましたが、
だからこそ練りに練られた脚本と、地べたを生きる人間が
巨大生物を見上げる既視感さえ感じさせるカメラワークが、
絶妙な効果を出しまくっていたと、今さらながらに再評価する次第であります。

ただ、言ったように、ゴジラ世代、否、『東宝チャンピオンまつり』世代にとっては、
人間サイズの臨場感なんてまあまあ無視した、
あくまでも巨大生物の棲む世界を巨大生物の視点で描くという子供じみた作風に、
つい懐かしさがこみ上げてしまう、タイムマシンのような作品であることは確かだ。
小学校時代に体験したあのワクワク感を思い出したいなら、
ぜひ劇場に足を運んでもらいたい。
(50代限定:オススメ度90)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて来週月曜の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
すっかり茨城ローカル化している私が、
久〜〜しぶりに訪れた千葉南エリアでのサーフィンのお話です。
お楽しみに。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ゴジラシリーズ - ジャンル:映画

2019.06.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR