FC2ブログ

かぐら 【5/11】

2019_0513-9.jpg
2019_0513-20.jpg

ゴールデンウィークのあとに滑りに行くなんて、
今シーズンの私はなんてやる気に満ちているのでしょう。
と、つい自分を褒めたくなってしまうほど、
さっさと海に行ってしまうこの時期にあえて雪山を目指すなんて、
ほとんどらしくない行為だ。

とか、もっともらしいことを言ってはみたが、
懸命な読者の皆さんならすでにお気づきだろう・・・
私のやる気は、いつも買い物によって引き上げられる。

この後に及んでスノースケートの
サブデッキ(スキーの部分)をポチってしまった。
まだ滑ることができるわけだし、ここから半年以上放っておくのもなんなので
今のうちに試しておこうと思ったわけだ。
新しいサブデッキの詳細に関してはまた今度。

この日仲間のほとんどは海に向かったのですが、
とはいえ波の予報もあまり芳しくはないため、
海っ子のOYくんが雪山に付き合ってくれることになった。

2019_0513-6.jpg

さすがに連休明け最初の週末なので、高速も混まないだろうとは思ったが、
それでも念のため5時半には家を出た。
6時ともなればこの時期はすっかり陽も昇り、
退屈な高速道路も気持ちの良い早朝ドライブ。
夜討ち朝駆けで移動するのはどこか人間の生理に反しているように思う。
やはり太陽と共に行動したい。とか、細胞レベルで感じる瞬間。

2019_0507-27.jpg
2019_0513-8.jpg

上は29日のかぐら。
二週間ですっかり雪がなくなっていたことにも驚いたが、
木々が一気に芽吹いて新緑になっていたのにはさらにビックリ。
自然の息吹というか力強さを垣間見る瞬間だ。
こうやって季節の変わり目はすごい勢いでやってくる。

ここかぐらでは、
夏はナイロンマットの上を滑るサマースキー場として営業している。
なので雪がなくなると、そのサマーゲレンデ用の滑走マットが露わになり、
下山時にその上の滑走を強いられてしまう。
マットは薄いグレーなので見えにくいかもしれないが、
上の画像でもすでに雪の下から露出して見えているが、
そのナイロンマットの上を滑って、
ボードやスキーの滑走面やエッジに良いことがあるハズもなく、
道具を大切にするなら長距離を歩くことになりかねない。
そうしてまで滑りたいとは1mmも思わない。
まだまだ雪はあるものと思い込んで確認もしないで来てしまったのだが、
なんとか雪の上を滑って戻って来ることができるまさにギリギリのタイミング。
危ねえ危ねえ。

2019_0513-15.jpg

この日試しておきたかったのはスノースケートだけではなく、
Insta360 ONE Xをスキーでも使ってみたかった。
というわけで、最後の最後になってスキーを持って来た。

と、まあまあ不真面目な理由で持ち込んだスキーでしたが、
この時期の雪や斜面には機動性の高いスキーの方が楽しみの幅が広いので、
意外と合理的な選択でもある。

画像にあるように、
今回はスキーにサクションカップマウントでカメラを固定して
撮影してみたらどうなるのかを一番に試してみたかったのですが、
もちろんスキーだと追い撮りもしやすいので
スノーボードのOYくんの追い撮りもしてみた。
アングルも含めていくつかバリエーションを撮ってみたので
そちらの模様もまた今度お見せいたします。

2019_0513-10.jpg
2019_0513-14.jpg

この日はかぐらでも気温が25℃を超すとの予報もあり、もうほとんど夏。
立山でおかしな日灼けの仕方をしてしまった私なので日焼け対策は万全に行ったが、
できれば日灼けなんか気にせず剥き身で風を感じたい気分。

タテノリで顔を斜面に真っ直ぐ向けるスキーなので尚のことそう思う。
スキーはやはり真っ直ぐに爽快感。春スキー正解説。

2019_0513-16.jpg
2019_0513-17.jpg

というわけで、想像以上にスキーを満喫してしまった。
ただ、買ってからまったくと言っていいほど手当てをしていない
私のAventuraの滑走面では、ストップスノーってことはないにせよ、
きちんと走ってはくれない。いい加減チューンナップに出さないと・・・

2019_0513-19.jpg

昼までスキーをしたら、一旦下山してスノースケートを投入。
上の画像はその時のロープウェイから見渡した駐車場。
トップシーズン並みに混んでます。
田代エリアの営業は終了したとは言え、
それは雪のためというよりも営業経費的な判断だろう。
湯沢のあたりにはもう一欠片の雪渓も残されていないのに、
かぐらエリアではほぼ全コースオープンで営業できている。
奇跡のロケーションと言えよう。そりゃ人気もあるはずだよ。

2019_0513-18.jpg

そして、この時期の風物詩と言っていい深くて長いコブ斜面。
みなさんコブを滑りやすそうな短めのスキーで何本も繰り返し滑られていた。
私もつられて久しぶりにスキーでコブを滑ったけど一本でモモ筋が破裂した。

2019_0513-21.jpg
2019_0513-22.jpg

春の雪の方がスノースケートに合うと言うことは再三に渡って
こちらでも申し上げてきましたが、それにも限度というものがあるようだ。
さすがにここまでグズグズの深いザラメになると手強くなってくる。

2019_0513-25.jpg

もちろん、圧雪された斜面であっても時間の経過と共に斜面はコブ化が進み
スノースケートだとかなりの修行系となる。
しかも、凝固剤の撒かれた場所では思いっきり凍っている箇所もあり、
いきなりガリッと足下をすくわれるので油断は禁物だ。

2019_0513-24.jpg

こちらはこの日のOYくん。
何を思ったかクロックスでスノースケートに興じており、
「おい、あのスノスケ、クロックス履いてるぞ・・・」
「ねえ見て、あの人サンダルよ・・・」と、
まあまあスキー場内をザワつかせていた。

2019_0513-28.jpg

「クロックスの中で足下が滑るんです」とか言いながら、
勇猛果敢にバンクコースに飛び込んでいく姿にはもう脱帽。
妙なスタイルが出ちゃってます。

2019_0513-26.jpg

そうしてスノースケートで混み合ったかぐらメインゲレンデを3本やっつけたら
モモ筋が悲鳴を上げはじめたので下山することにした。

2019_0513-32.jpg
2019_0513-33.jpg

本来ならスノースケートにバッチリマッチするはずのみつまたエリアも
もうまったく走らないためあまり楽しくなかった。残念、賞味期限切れ。

2019_0513-34.jpg

というわけで、いよいよこれで2018〜19シーズンは終了。
ここまで長く楽しませてもらえたし、何より私が、
年々雪質や積雪量に惑わされずに遊べるようになってきたことが大きいと思う。
そういった意味も含めて今シーズンは良いシーズンだったのだと感じている。

う〜〜ん。充実。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ さて明日の土と雪と:は _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
このかぐらの翌日に行った、生まれてはじめて行く湘南サーフィンのお話です。
お楽しみに。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

2019.05.27 | コメント(2) | トラックバック(0) | スキー

コメント

今シーズンも怪我無く無事終了しお疲れ様でした。シーズンなんだかんだで、パウダーに最後まで当たり楽しめまし、春立ても快晴で楽しめましたし。
自分もGW後、久し振りに神楽にゴブ斜を楽しみ行きました。昔と違い歳には勝てず午前で終了でした。厳冬期もですが、春スキーは機動性が更に発揮できとても良かったです。
来シーズンまで、不摂生しない様にして行きたと思います。
冬シーズンお疲れ様でした。

2019-05-27 月 12:49:29 | URL | Sugaya #- [ 編集 ]

Sugayaさん
今シーズンも楽しめちゃいましたね〜〜
お疲れさまでした!
また来週に今シーズンのまとめをするつもりです。

2019-05-28 火 10:40:35 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR