FC2ブログ

ファントム・スレッド

phantomthread.jpg



男は1950年代のロンドンのオートクチュールの中心的存在、
レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)。

その天才的なセンスは圧倒的で、高圧的な彼の存在を際立たせてもいた。
そして、時計のように正確で、荘厳なルーティーンの中でのみ閃きを得る
彼の独自のスタイルは、その生活の中に一切の妥協と不穏を許さない。

「弱い犬ほど良く吠える」とも言うが、
本当に強い人間は周りに対して高圧的な態度を取ったりはしない。
レイノルズもまた、その完璧主義の裏側に
母性の救いを必要とする弱い男でもあった。

自身の生活のリズムを脅かす他者の介入を許さないレイノルズは、
独身主義を貫き、彼のマネジメントを務める独身の姉シリルと、
亡くなった母親の亡霊に自身の安定を求めていたが、
それでもその時々のガールフレンドを自身の家に住まわせてもいた。

朝食中にデザイン画を書き起こすレイノルズは、
ガールフレンドが朝食中に薦めてきたパンが気に入らず
姉のシリルに彼女との生活の終わりを告げさせる。

phantomthred4.jpg

そんなある日、ひとつのドレスを作り終え、
精神的にも疲れ果てたレイノルズは休養を取るため別荘に向かう。
食事に向かったホテルのレストランで、
ウェイトレスを務める女性アルマに一目で惹かれたレイノルズは、
次のガールフレンドとしてアルマを自宅に住まわせることにする。

それでも同じように厳粛なルーティーンに身を置くレイノルズは、
やはりアルマに対しても厳しい態度で当たっていく。

phantomthred2.jpg

そうしてレイノルズはアルマもまた自身に都合の良い存在に
仕立て上げようとするのだが、
アルマはそれまでのガールフレンドたちとは違っていた・・・


「ファントム・スレッド」とは直訳すれば
「亡霊の糸」、「幻の糸」といったところか。
その頃の針子さんたちの過酷な肉体労働を、
糸で操られる人形になぞらえた当時の隠語なのだそうだ。

恋愛など、人間関係を「糸」でつながれたように表現することはよくあるが、
ここで使われるファントム・スレッドもまた、
糸でつながれた(もつれた)男と女の駆け引きを意味している。
冒頭これでもかと畳みかけるように見せつけてくるレイノルズの高慢さと、
それを尊敬しながらも抗うアルマという女性との駆け引きは、
アルマの“ものすごい方法”によって終戦を迎える。

phantomthred5.jpg

自分勝手な男と、それを認め尊敬しながらも、
それに屈することのない女の陣取り争いには、
観る者に破局というゴールしかなさそうに見せておいて、
実に平和的な決着(その方法はかなり暴力的ではあるが)を見せる。

phantomthred3.jpg

主演は三度のアカデミー主演男優賞に輝く名優ダニエル・デイ=ルイス。
『リンカーン』で演技を究めてしまった彼が、
その先の役作りに困難を感じ引退を発表したのだが、今作は彼の引退作。

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』でも、他人の感情になど一切の関心もない
高慢で高圧的な男を演じた彼の存在感はすでに圧倒的で、
今作でも神経質で繊細な暴君を生み出していた。
とにかく観ている方も嫌になるくらい魅力的で居丈高な人物像は、
彼なしでは生み出せなかったであろう。

「完璧なルールを守る」という、他人に分からせやすい言い訳に
自身の弱さを隠そうとする男は多い。
ルールを破る者には更に高圧的で攻撃的な態度を浴びせかけ、
更に自分を厚いメッキの下に覆い隠そうとする。

そんなかなり“痛い”男が、狡猾さの欠片もない、
純真でいて野心的な愛情をもつ女性に屈していく様はまさに必見です。

女は与えながら奪っていく。
最後に生き残るのは、やはり女性なのですね。
(オススメ度:70)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:Amazonプライムビデオ - ジャンル:映画

2019.04.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR