FC2ブログ

The North Face CHUGACH 45

2019_0325-3.jpg
やはり、というか、案の定というか、
BC系のウェアを換えるとザックも併せて替えたくなってしまう。

とはいえ、これまで使ってきた『GREGORY TARGHEE 45』も
すでに5シーズンが経過しているので、買い換え時でもある。

2019_0325-13.jpg

という大義名分の元、ザックもノースフェイスで統一するべく、
『CHUGACH 45』に買い換えることにした。

2019_0325-10.jpg

サイズ感はおなじ45L表記でもTARGHEEとはだいぶ違う。
メーカーごとに計測の基準が違うためだと思われるが、
TARGHEEを「45」とすれば、このCHUGACHは「55」くらいに感じるほど
荷室が広々としている。

2019_0325-63.jpg

しかも、荷室の上部は高さ20cm程度で仕切られているにも係わらずだ。

実際に入る荷物の量に大きな差はないのだが、
荷物の入れやすさというのは、
こうも容量に対する感覚を良くするのかと感心させられる。
メインの荷室だけでなく、アバランチギアポケットも同様に広々としており、
ここにクライミングスキンをしまっておく私としてはとてもありがたい。

2019_0325-64.jpg

TARGHEEが身体から遠い箇所が軽くなるように
裾と正面パネルに向かって台形に絞るように細くなっていくフォルムが
採用されているということも関係があるのだろう。
それと較べるとCHUGACHはスクエアなフォルムを守っており、
特に横方向の空間取りに分がある。

2019_0325-11.jpg

私的にとてもうれしかったのが、このポール用のループ。
ただ縛っているだけではポールがベルトの隙間から
抜け落ちそうに思えてしまう私に、これはグッドアイデア。
細かい話なのだが、これでこそBC用と言える装備だと思う。

2019_0325-14.jpg

近頃使っていないが、畳むと短くなる三つ折りのポールを
収められるポケットもサイドに用意されている。
三つ折りのポールは荷室にしまうには大き過ぎるが
かといってザックのサイドに着けるには短か過ぎるので
これもまたナイスアイデア。

これら以外にも、ヘルメットホルダーなどが
私の使うTARGHEEからアップデートされた部分
(TARGHEEの最新モデルにもヘルメットホルダーはあるようです)。

2019_0325-9.jpg

何より一番に違いを感じるのが背面長で、
どちらも正規店でスタッフの方にサイズ合わせをしてもらって決めたのに
私に合うのは、グレゴリーはMサイズで、ノースフェイスはLサイズであったこと。
確かにLサイズのCHUGACHの方が背中の当たりが大きく感じるのですが、
TARGHEEのLサイズはまったく圏外だったことを考えると
メーカーごとにこれだけサイズ感が違うということが分かる。

もちろん、TARGHEEの使い心地に不満があったわけではないが、
詳細に比較すればCHUGACHの方が背中への当たり方と、
ウエストハーネスの腰の位置のキマリ方の相関関係がよく、
荷物が軽く感じるのでこちらの方が好みだ。

やはりザックは通販では買えないギアの筆頭でありますな。
とても勉強になる興味深い買い物ができました。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2019.03.28 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

あちらの写真でCHUGACH 45拝見して「おやっ!?」と思ってたんですよ!私は機能的すぎて未だ使いこなせてないですが評判いいですね。ウェアといいさすがです!別ブランドのウェア予約した後にカスタムフェアでRTG APEXのビーチグリーン上下をみて「シーズン終わりに型落ちで…」と思っていましたが甘かったです。先シーズンはオリーブ色のCHUGACHもゲットできなかったし…ギアもご縁ですねw

2019-03-28 木 13:19:00 | URL | ak #X6fAe2nY [ 編集 ]

akさん
欲しいときに欲しい色とサイズがあるとは限りませんからね〜〜
私ももう少し早く決断していたらもっと安く買えたんですが・・・
ほんとこの時期の買い物は一期一会ですよね〜〜

2019-04-01 月 13:34:00 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR