FC2ブログ

アクアマン

Aquaman.jpg



地球環境を破壊しつづける人間が住む陸地も征服すべきだと考える弟と、
海底王国の王女と人間との間に生まれ、その人間たちと陸地で暮らす兄。
自分こそが王に相応しいと信じて疑わない純血の弟。
人類を守るためには、自らの意志とは裏腹に王位を継承するしかない兄。
そんな互いの意志をぶつけ合いながら王位の継承を争う異父兄弟。

昨年空前の大ヒットを記録した『ブラックパンサー』と、
ほとんど相似形の物語。

つまり、テッパン中のテッパンだ。

すでにネタバレするような隠し事も何もないド直球の映画なのだが、
そんな見事なまでの単細胞さ故に、
エンターテインメントとしての純粋度は異常なほどに高い。

つまり、手放しで面白い!

コミックを映画化するなんて単純でバカバカしいことを、
大の大人が恥ずかしげもなくすることに
少なくない抵抗がおありの方がいらっしゃることも良く分かる。

そんな子供じみた作品が群雄割拠する昨今の映画界の中でも、
『アクアマン』は突出してバカをを真剣にやりきってるところがモノ凄い。
とにかくモロモロ振り切っちゃってマス!
このテの作品に苦手意識のある方でも問答無用に楽しめる作品だと思います。

それほどにブッチギリの痛快娯楽作品なわけだが、
ちょっと照れ隠しのためかマジメぶりはじめたMARVELにも
ない世界にまで到達した感があり、
こういった映画に抵抗のない私のような輩にとっても、
新鮮な驚きを感じさせてくれた。

実はリアリティの塊である『ファースト・マン』の前にこれを観たのだが、
ここまで潔くブッチぎられると観てるこっちも気にならなくなるから不思議だ。

さすがは痛快娯楽作品の金字塔『ワイルド・スピード SKY MISSION』の
ジェームズ・ワン監督。
観る者に考える隙すら与えないハイパースピードで
一気呵成に畳みかけてくる。

鑑賞にあたっては、是非心を無にして臨んで欲しい。
(オススメ度:70)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2019.03.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR