Kriega(クリーガ)US-20

DSC01076.jpg

HP2の純正のテールバッグを使っていたのですが
tailbag.jpg
止水ジッパーなんか使われてるクセにこれがまったく防水性なし。
しかもネジ留めなのでおいそれと取り外しができないため
うっかり入れっぱなしにしたレインウエアがカビだらけになった。
コレに関しては悪いのは私だけど・・・

そんなわけでHP2用にシートバッグをずっと物色していたのだが、
HP2の攻撃的なルックスに似合うバッグ類がなかなかない。
そんな見た目以外にも容量は10L以上欲しいし、防水性は是非ものだし
固定方法も脱落や引っかかりなどない安心感のあるものが良かったり
中身の出し入れが容易な物が良かったりと
バッグ本来に求める要求に合うものがなかなかないもんである。

もちろんTouratech製のものがフィッテイングでも使い勝手でも問題なく
唯一完全防水ではないので別途レインカバーが必要になる以外は
特に悩むこともないのだが、なにせ取り寄せ対応品ですぐに手に入らないことが
せっかちな私にとっては最大の問題点でなかなか注文する気になれない。
まあ、悩むより早く注文しとけば今頃届いてるんですけどね。
kuriaga_us20.jpg
そんな折りにフリーライドマガジンで紹介されておりましたのがこちらKriega。
確かfrmで紹介されていたのはクリーガでもバックパックのタイプだったと思うのですが
検索してみるとバックパック以外のラインナップもあるようでそこで見つけたのがこのUS-20。
そもそもオフロードバイク専用というわけでもないのですが
わがままな私の用途にも合致しそうなのでまずは買ってみた(ネット通販:中1日で到着)。

二重にされた袋状になっており、ロールアップで閉じるタイプの完全防水品。
実際先日のどろんこ祭りへの高速道路では1時間近く豪雨に見舞われたが浸水は一切なし。
容量は20リットルでレインウエア、パンク修理キット、エアポンプ、予備ガソリン携行カン(500ml)、
着替え、タオル、ツーリング・マップル、コンビニで買った朝食などを楽に飲み込んだ。
メインコンパートメント以外にも上面に使いやすい防水のポケットと
取り外し可能なベルト類を保管しておくのに便利そうなメッシュポケットを
ふだんはシートとバッグに挟まれる下面というか裏面にも装備。
ちなみに同じ形で10リットルのものもあります(US-10)。

このあたりのサイズのものだと細身で上に向かって容量を稼ぐタイプのバッグがほとんどですが
上に伸びると荷物が左右に振られやすくなるので、
ダート走行では荷物の脱落の危険性はもとより操安性にも関わる大事なところ。
何よりここに高さのある荷物が来ると跨げない!!
そんなわけで容量を確保しながらも薄型でいて
しかもオフロード走行に耐えるヘビーデューティーなバッグって意外とないです。

まだダートを走っていないので振動によるベルトの緩みなどの固定具合や
防水性能の耐久性について最終的な判断はしかねますが
そのアウトドアちっくで抑えるべきツボはキッチリ抑えてるって感じが気に入った。

あるところにはあるもんだねー
ホンモノってオーラが違う。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

2011.09.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR