FC2ブログ

iPhone XS

2018_1116-1.jpg

iPhone 7 Plusも使いはじめてから早2年が経った。
使いはじめたのは去年のことのようにも感じ、
「月日の流れは速いなあ」とか感慨深げに思うより、
確実に記憶が一年飛んでしまっていると感じてしまう。

まあそれは歳のせいでしかないのですが、
新型を待たされた感が高ければ高いほど、時間は長く感じるので、
新しいiPhoneへの期待感が薄れてきていることもあると思う。

発売開始から間もなく、XRの増産にストップがかかったとの報道もあり、
追っかけDocomoでもXRが「ドコモデビュー割」の対象機種になってしまった。
そろそろiPhone人気にも陰りが見えてきたようだ。

2018_1116-19.jpg

実際、ドコモのネットショップでも、
XSのスペースブラック以外は在庫ありの即納状態で、
Softbankの店頭に徹夜組の行列ができていたあの頃が懐かしい。

そんな魔法が解けかかった頭で改めて考えると、
これはもうすでにケータイ電話の値段ではないことに今頃気づく。
私は「機種代も含めて通信費」という都合の良い魔法にかかっているので、
今回も本体の購入は月々サポートの割引を受けながらの分割払いであるのだが、
もしこれを現金一括で支払わなければならないならば
iPhoneではなくMac Bookの方を買う。電話はガラケーで充分だ。

Apple信者の私でさえこれなのだから、iPhoneもいよいよ「X」で完結編か。
(次から名前どうするんだろ?「11」?)

そんなわけで、今後はバッテリーの交換だけで5年くらいしのぎたい気分。
これからも魔法にかけ続けて欲しいのですが、
真新しいイノベーションはなく、
私にとって残された魔法はいよいよ『Face ID』のみだ。

2018_1116-3.jpg
2018_1116-4.jpg

相変わらずAppleのユーザーエクスペリエンスは世界最高だと思う。
HERMESだってVUITTONだってこれには叶わないんじゃないか?
どっちも買ったことないけど。

2018_1116-5.jpg

今回驚いたのが、おもむろに開封したてのXSの電源を入れたら、
7 Plusと勝手に交信をはじめ、これまで最初のユーザー認証やWi-Fi設定などは、
手入力が必要だった基本的なアクティベートを勝手にはじめやがったこと。

その時点でFace IDの登録も済ませれば
とりあえず電話としての基本機能はすぐに使えるようにしてくれた。
こりゃ驚いた。

んで、期待のFace IDですが、これがまたすごい反応速度。
なんとなく画面の方に顔が向いていればすぐにロックが解除される。
こうなるとすでにロックされていた感覚すらなくなるし、
メインボタンがなくなったことにすら違和感がなくなる。

それと、自分の方に傾けるだけで待機画面になる設定が
デフォルトになっているのですが、Face IDの反応の良さと相まって、
なんとなくでも顔が伺えるとすぐにとロックが解除されてしまい、
そこそこ鬱陶しい。
何よりバッテリーがもったいなく感じて気が気でない。
貧乏性の私はすぐにその設定を解除したのは言うまでもない。

ちなみに、筐体の大きな7 Plusよりバッテリーが小さいためか、
XSの方が電池の保ちは悪い。
7 Plusで2日は保っていたところが1日で一杯いっぱい。
私はさほど頻繁にスマホを開く方ではないのですが、
それでもこれなのだから、
ヘビーユーザーの方ならモバイルバッテリーが必需品だろう。

Apple Payに関しては、店頭のタッチパネルにiPhoneをかざして
反応したら指紋認証させる手順が、
サイドスイッチをダブルクリックして、予めApple Payを立ち上げ、
一旦顔認証してからタッチパネルにかざす。という手順に変わった。

ダブルクリックのぶん、手間は増えたようにも感じるが、先に顔認証して
スタイバイさせているぶんレジのタッチパネルの反応が良く、
こちらの方がストレスがないので、これは改善と言っていいと思う。

2018_1116-9.jpg

話が前後するが、これまで「6」、「7」と
4年に渡って「Plus」を使ってきたのだが、
なぜ今回は「MAX」にはせず「XS」にしたのかについて話すと、
XSのモニターサイズがこれだけ大きくなったからだ。

アイコンの間隔が少し狭くなったことが見てとれるが、
文字の大きさ読みやすさは、もうPlusと変わらない。
だったら小さい方が良いに決まっている。
正直、冬山で着るシェルレイヤーのポケットにPlusはデカすぎた。

それと、この『Super Retina』ディスプレイの鮮やかさと言ったらない。
環境光に合わせて自動で色身を調整してくれる「True Tone」のせいか
色味がだいぶ違うこともこの画像からでもよく分かるだろう。
モノクロ画像が色かぶりなく、きちんとモノクロームになっている。
人によっては黄色みがかって見える方もいらっしゃるようですが
私はこちらの方が好み。

2018_1116-10.jpg
2018_1116-11.jpg

はあ〜〜〜〜美しい。
毎度思うのだが、できればケースなしで使いたい。
でも、すっかり乾ききったオジサンの手のひらからはすぐにすっぽ抜けて
飛んで行ってしまうので、それは無理な相談だ。

2018_1116-6.jpg

そんなわけで、今回はサドル色のApple純正レザーケースにしました。

2018_1116-12.jpg

カメラのレンズを突起させているデザインに違和感を覚える人もいるかと思う。
実際、Appleのデザイン・ディレクターのジョナサン・アイブ
ここを引っ込めたかったようだが、
これはカメラの機能に妥協しない方を選んだ結果なのだそうだ。

でも、こうやって純正ケースを被せると、このようにレンズ部分が美しく納まる。
これで完成型なのだと思う。
やはりApple製品は純正品で揃えないとデザイン・ポリシーが完結しない。
iPhoneのデザインは深いなあ〜とシミジミする部分。

さて、次に2年縛りが解けるのは、すでに東京オリンピックも閉幕している頃。
果たして次期iPhoneはどうなっているのでしょうか?
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

2018.12.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR