FC2ブログ

THE TOWN

thetown.jpg

いやいや、なかなかどうして、ベン・アフレック監督やるじゃないですか!
結論から言って「タイヘンオモシロイ!!」

荒唐無稽なエンターテインメントとしての部分
つまりこの映画の骨格と言える「犯罪者」視点を際立たせるために
逆にリアリティの必要な社会問題の扱い方など骨太な部分の見せ方に力が入っていて
観ている側にものすごい真実味と説得力を与えています。

特に強盗のシーンは実際にあった銀行、現金輸送車強盗を徹底的に再現しているそうで
とにかく圧巻!の一言
逃走シーンに関しても、ベンの盟友マット・デイモンだから較べるわけじゃないけど
ボーン・アイデンティティー シリーズのウリのひとつ、例の迫力のカーチェイス・シーンとは
また違った「渋い」というか、特殊能力者ではない一般人が本気で逃げるということ
捕まったら何年も監獄に入れられるという切迫感がリアルに伝わってきた。

それにしても
どうして描き方ひとつでこうも犯罪者に肩入れしてしまうのでしょうか???
だってただの銀行強盗ですよ。FBIの方が悪役に見える。
というように、ここまでリアルさにこだわったのだから
惜しむらくは悪人を英雄視するような文脈ではなく、もっと断罪してほしかった。

と、好き勝手言ってますが、これほど複雑な相関関係をもつ物語の
登場人物の背景などモノゴトの説明に要する時間割が実に秀逸。
こういうと語弊があるかもしれないが俳優上がりの監督さんとは思えないデキ映え。

そういった意味でも、ここに入れた画像も含め
広宣に使われているビジュアルなどV.Iに関わる部分が正しく内容を伝えていないことがモッタイナイ。
これだけ見るとベン・アフレック主演の娯楽アクション大作!みたいに見えません??
ミッション・インポッシブルみたいな。
もっと「タクシー・ドライバー」的なコミュニケーションの方が合ってる気がする。
でも、近ごろはそういうの流行んないのかもなあ。
だとするとベン・アフレック主演ってだけじゃあ集客力ないでしょ?
いずれにせよ残念。
こういういい映画にこそ成功してもらいたい。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2011.08.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR