FC2ブログ

HONDA CRF450L

2018_1001-15.jpg

HONDA CRF450Lが9月20日に発売開始された。

2018_1001-210.jpg

CRF250Lの兄貴分と言えばそうなのだが、
はっきり言って異母兄弟レベルの違いよう。

2018_1001-20.jpg

250がXR系を母に持つのとは違い、
こちらの母上はガチのモトクロッサーであるCRF450R。
入門用として誰にでも乗りやすい性能と戦略的な価格を追求した
CRF250Lとはそのコンセプトからしてまったく違うようだ。
何より、レーサーを公道で走らせられるというのはバイク乗りの永遠のロマンだ。

2018_1001-18.jpg
2018_1001-19.jpg
2018_1001-16.jpg

ちなみにCRF450Lの「L」は“Street Legal (公道仕様)"の「L」なのだそう。
レーサー「R」であるCRF450Rを公道で走行可能にするために、
新規で専用に設計された補機類の開発費だけでも相当なものだと
想像されるが、

2018_1001-17.jpg

なんと7.6Lタンクはマグネシウム製を奢ってまで軽量化に目くじら立てている。
その総重量は131kgで、なんと排気量も車格も小さい250よりも13kgも軽量。

しかして、おもしろいことに最高出力は24psと250と同一。
でも、もちろんトルクは32N・m/3,500rpmと
250の23N・m/6,750rpmを圧倒している。
この数値だけを見ても低速から必要トルクを必要なだけデリバリーする
乗りやすさが窺い知れるが、日本の林道ではこれで充分だと私も思う。
オープントレイルを豪快に飛ばせる北米仕様は倍近い馬力があるらしいが、
低速域を多用する日本のトレイル事情に合わせ込んだと思われる
この日本仕様にはかなりそそられる。

しかして、細かいメンテナンスを前提に作られたレーサーを、
一般的な市販車レベルのメンテフリーに耐え得る耐久性を持たせること以上に、
そもそもあったハイパワーを扱いやすくデチューンするのは
言うほど簡単なことではない。

そんな適量感、ほどほど感を目指したモデルに、
高性能なレーサーの車体構成を、わざわざ高い開発費をかけてまで
デチューンして持ってきた真意を想像するとドキドキさせられますが、
それはつまり、タイムを競うような走りではなく、
ライダーがライダー自身と真剣に向き合うような走らせ方をする場面に
最適化された、ボディスーツのようなオートバイなのだと想像される。
そんなCRF450Lのメーカー希望小売価格(消費税込み)は

なんと1,296,000円!
CRF450Rが966,600円なのだから、あたりまえと言えばあたりまえの
価格設定ではありますが、1,000ccのアドベンチャーモデルである
アフリカツインが1,382,400円だと考えると
この価格設定にはなかなか考えさせられるものがある。
2018_1001-22.jpg
アフリカツインとの同門比較を横に置いておいても、
私的にはHUSQVARNA 701 ENDURO 1,300,000円(税込)と
どうしたって較べてしまう・・・
(大きな声では言えないがデザイン的にはダンチでハスクの方がカッコイイ)

ただ、こういった夢のある贅沢な遊び道具が国産の、
しかもオフロードモデルの中に現れたのは、意外でもある反面、
日本人にとって誇りにも思えるものだ。

ところで、20Lタンクのラリー仕様とか出ないのでしょうかね?
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

2018.10.04 | コメント(3) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

昔のRC30を思い出しました~

2018-10-05 金 01:08:31 | URL | Monchi #SFo5/nok [ 編集 ]

Monchiさん
RC30、OW01、NR750・・・懐かしいですね〜〜〜〜
ロマンですね〜〜〜〜〜

2018-10-05 金 10:43:55 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

連投失礼します。Hも金に糸目つけないと良い仕事しますね~?他国産も見習ってほしいです・・・

2018-10-05 金 22:42:12 | URL | Monchi #T8UkEJ16 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR