FC2ブログ

オートバイ自動運転化技術 BMW R1200GS ConnectedRide



BMW Motorradは100周年を記念して創られたコンセプトモデル
VISION NEXT 100』で、二輪車の最大の弱点である「不安定さ」を克服する
自動自律機能の可能性を示唆しました。
その頃ホンダは二足歩行ロボットASIMOの技術を転用した
転ばないオートバイを実際に発表し、
BMWの画に描いた餅とは違うことを示しましたが、
その舞台裏でBMWは自動運転するモーターサイクルの
実用実験を続けていたようです。

BMW Motorradは現在開発中の自動運転バイク "ConnectedRide" が
実際に走る模様を動画で公開しました。

これは4輪車の自動運転化技術とは違って
2輪車を同じように自動で運転するための技術開発ではない。

ヤマハも2015年の東京モーターショー
YZR-R1Mを運転するロボット『MOTOBOT』を発表したが
それとも通じる技術開発の一環であろう。

将来的に自動運転の分野へこの技術が転用される可能性は否めないが、
あくまでも運転者がいる場合においての安全なビークルダイナミクスを
生み出すことが目的なのだそうだ。

転倒もしくはコースアウトしてしまうような場面を事前に察知して
適切な操作を補助して安定状態に戻す、もしくは維持してくれる
4輪車の自動ブレーキやレーンアシストのような
プリクラッシュセーフティのための技術研鑽だと思われる。

最初は何かの冗談かCG合成かと思ったほど、
コンセプトモデルでも何でもなく、
既存モデルのR1200GSが無人で走る姿にあっけにとられてしまった。

どのようにして車体を安定させているのか、この動画からは窺い知れないが
これはもの凄いことだと直感ベースで理解できる技術だ。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

2018.10.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | R1200GS

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR