FC2ブログ

500ページの夢の束

please_standby5.jpg



主人公のウェンディは、人と触れあうことなどもってのほか、
人の目を3秒以上見ることができないほどの自閉症を患っていた。
そして、ウェンディの唯一の肉親である姉夫婦に子供ができたことを期に
姉とは離れて自立支援をしてくれる施設で生活をしていた。

ソーシャルワーカーの助けを得ながら、一人で社会で暮らしていくための
さまざまな日課やトレーニングに取り組んでいたウェンディにとって、
『スター・トレック』は心の拠り所と言っていい存在。
それはスター・トレックに登場する地球人とバルカン星人のハーフで、
自己表現の苦手なコミュニケーションに問題を抱えるMr.スポックに
自身の境遇を重ね合わせていたから。
そんなスタートレック・フリークの彼女が、
一念発起してスター・トレックの誕生50周年を記念して行われる
脚本コンテストに応募することを決意する。

締切ギリギリまで原稿を書き込んだウェンディであったが、
訳あって郵送期限までに原稿を発送することができなくなってしまう。

please_standby2.jpg

今まではアルバイト先のシナボンまでしか出かけたことがなく、
しかも、決められた交差点を境にして、
そこから先には一歩も出たことがなく、
長距離バスなど乗り方すら知らないウェンディが、
500ページに及ぶ自身で書き上げた脚本を届けるために
ロサンゼルスにあるパラマウント・ピクチャーズまで、
愛犬と共に数百マイルの旅に出かけることになる。

果たしてウェンディは無事に脚本を届けることができるのか、
そして、なぜウェンディはそうまでして
このコンテストに参加しなければならなかったのか。

自閉症という他人との距離の取り方に苦しむ病と闘いながら、
それでも叶えたい自身の夢にまっすぐに突き進もうとするウェンディに
きっと勇気をもらえます。
そして、障害を持つ一人の女性の姿を通して描かれる、社会の冷酷さと、
それ以上に暖かくも愛おしい人間のもつ愛情に触れられる
何気ないやさしさが際立つ人間ドラマが繰り広げられます。

please_standby3.jpg
please_standby6.jpg

ウェンディ役は『アイ・アム・サム』(2001)で
天才子役の名をほしいままにしたダコタ・ファニング。
彼女ももう24歳ですよ・・・
これ観たあと久しぶりにトニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演の
『マイ・ボディ・ガード(2004 原題:Man of Fire)』を
Prime Videoで観てしまった。やっぱカワイイ。

please_standby4.jpg

そして、ウェンディの愛犬ピート(オス)の演技がまたスゴい。
ひょってしてCGだったのか?ってくらいの
助演男優賞レベルの名演でありました。

マーク・ウェブ監督の『ギフテッド』、
ワンダー 君は太陽』や、大ヒット仏映画『アメリ』の
ジャン=ピエール・ジュネ監督の『天才スピヴェット』など
障害を持った(もしくは天才の)子どもをモチーフにした作品は多いが、
そこで描き出される人間のもつ勇気の有り様はそれぞれだ。
近ごろ人間のもつ強くて純粋な勇気に飢えている私にとって
こういった熱い人間ドラマは何よりの特効薬だ。

というわけでお次は『JUNO ジュノ』『マイレージ、マイライフ』の
ジェイソン・ライトマン監督が『ヤング≒アダルト』でもタッグを組んだ
シャーリーズ・セロン主演で描く
『タリーと私の秘密の時間』(現在公開中)が観たいと思っている。

さておき、『500ページの夢の束』を知ったのはもう1年も前のこと。
このテの作品はなかなか日本に来てくれないのが玉にきず。
諦めかけておりましたが、念願叶って観ることができたので
よけいにその感激もひとしおの鑑賞でありました。
(オススメ度:80)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.09.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR