FC2ブログ

ホンダ N-VAN 盛り上がってます

2018_0810-41.jpg

またまた軽自動車ネタで恐縮です。
やはり気になっているのか、つい目にとまってしまいますが
中でも『N-VAN』は面白い存在だと思った。

2018_0810-43.jpg
2018_0810-44.jpg

意地になってフルフラットにこだわり倒しているように見えるほど
車の性能としてはまったくもって本質的でない部分にこだわる
ほとんど手品みたいな発想は、日本車の得意分野だなあと改めて思う。

2018_0810-45.jpg
2018_0810-42.jpg

オートバイ(しかもオフロード車)車載に車泊スタイルと、
私のツボを突いてくる絶妙なスタイルを含め、
「使い方は使う人それぞれ」とでも言いたげな
メーカー自ら多彩な使い方を提案しているので
それらを眺めているだけでも楽しい。

2018_0810-46.jpg

何よりこのミニマムでシンプルな外観が好ましい。
スタイル出ちゃってます。

このテの発想はすでに『ダイハツ WAKE』あたりで
完成しているのかもしれないが、あちらにあまりソソられないのは
やはりレジャー用という発想に幾ばくかのあざとさを
感じてしまうからかもしれない。

聞けばN-VANは徹底的にプロ仕様を目指したとのことで、
これは山間部で働く林業などのプロを意識して作ったとされる
Newジムニー』にも通じる部分。
こういった質実剛健なコンセプトが、一般的な使用状況で考えても
魅力的なライフをも想像させてくれる要因なのだと思う。

折り畳まれることを前提としている運転席以外のシートの乗り心地は、
ほとんど最悪の部類に入るらしく、
そんな場所に大切な誰かを座らせたいとは思えないし、
私的にN-VANは「お一人様専用」だと感じているので
「なんなら最初から運転席以外なくてもいいのに」とか思ってしまう。
とはいえ作業車であっても短距離で人を乗せることだってあるだろうし、
何よりシートすら「あることに」意義のある
装備のひとつでもあるのだろう。


私が軽自動車に乗る可能性はあまり高くはないと思うが、
そんな私であってもこれだけ軽自動車が気になってしまうのは、
それはそんなシンプルなコンセプトが私の目には清々しく映るからだろう。

やはり、単一目的に向かって潔くシェイプされたものは美しく見える。

100人の希望すべてを叶えたモノであっても
100人が欲しいと思うモノにはならない。

どこかいびつで偏ったモノの方が美しくなる可能性が高い。
だからこそ、どこに向かって、何を基準に偏らせるのか、
尖らせるのかがキモになる。

どんなに優れた企画であっても、多くの者のハンコが要るマス製品では
この偏りのセンスが日本人にはなかなか生み出せない。

何でもかんでも盛り込めない、規制の多い軽自動車だからこそ
ここまで潔い割り切りに踏み切れるのだろう。

とか思うと余計に輸入車の魅力が鮮明になってしまって困る。
日本人は冗談みたいなフルフラットシートや、プロ仕様、
そしてレース仕様といった分かりやすい偏り方は得意なのだが、
「普通」や「日常」と言った普遍的な世界観において
新たな価値感を定義するのは苦手だ。
輸入車の割り切り方、逆に言うと絶対に譲らない部分にこそ
クルマの持つ重要な魅力が潜んでいるといつも思う。

そろそろ壊れない国産車に乗り換えたいと思っているのに
また輸入車スパイラルにハマってしまいそうで怖い・・・
やれやれだ。

というわけで、いま国産車で真の意味で輸入車とセンスで渡り合えるのは
軽自動車だけではないかと私は思うわけだ。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

2018.09.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR