レッドブル・ホンダ誕生

2018_0619-41.jpg

フランスGPを間近に控えた19日、
今シーズンよりトロロッソにパワーユニットを供給しているホンダが
トロロッソの親チームと言えるレッドブル・レーシング
(Toro Rossoとはイタリア語で赤い雄牛のこと、つまりRed Bull)にも
来季からの2年間パワーユニットを供給することが正式に発表された。

レッドブルは現在優勝を狙える3強の一角で、
紛れもないトップチーム。
ホンダとしてもチャンピオンを狙うためには
是が非でも組みたかったパートナーであるわけで、
何よりホンダの勝利を願うホンダファンの私としても
とてもうれしいニュースであります。

2017シーズンまでの3年間、
マクラーレンと苦しい時期を過ごしてきたホンダだが、
今シーズンのトロロッソとの協業はとても順調に進んでいて
もちろんそんな好調さが今回の提携につながったことは疑いようのない事実だ。

2018_0619-42.jpg

対して「パワーユニットさえ違えば(ホンダでなければ)
我々の車体は世界一だ」と豪語していたマクラーレンの低迷は
今シーズンも続いており、期せずして不調の原因がホンダだけの問題では
なかったことを世間に知らしめることとなってしまった。

エンジン、シャシー、ドライバー、
この三大要素のうち一番大事なのはどれか?という疑問は
度々議論される話題ではある。
2014年から導入されたMGU-K、MGU-Hを搭載したパワーユニット時代において
4年連続でチャンピオンを独占しているメルセデス・パワーユニットについても、
勝利しているのはワークスチームであるメルセデスAMGだけだし、
当のルノーについても勝利しているのは
レッドブルだけであることからも分かるとおり、
パワーユニットの性能だけで勝つことはできないし、
シャシー性能だけではチャンピオンにはなれない。
そして強いドライバーでなければその性能を活かすことができないことは
すでに言わずもがな。何より大切なのはそれらのバランスだ。

つまり、エンジンの力を生かすも殺すもシャシーとドライバーの役目であり、
その逆もまた然り。

2018_0619-43.jpg

今シーズンのトロロッソ・ホンダの好調さは、
比較対象のない1チーム供給であったことをいいことに、
自身の問題をすべてホンダに転嫁していたマクラーレンとは違って、
チームスタッフに日本セミナーを受けさせるなど、
常に互いのリスペクトを重要視するトロロッソのチーム運営の賜物だと言える。

やっぱり褒めて育ててもらわんとね。

2017_0619-51.jpg
2017_0619-50.jpg

懸案は先日のモナコでも勝利したエース・ドライバーのダニエル・リカルドと
空力の天才と言われるデザイナーのエイドリアン・ニューエイの
来季以降の契約が未だ決まっていないこと。
特にニューエイに関しては、現在のレッドブルの成功の礎は
この人のデザインしたクルマが築いたと言われるほどの人物。
やっと巡ってきたホンダの晴れ舞台。
最高のパッケージで勝負する所を見たい。
二人の契約が更改されることを祈るばかりだ。

さておき、
レッドブルは現在アストン・マーチンが冠スポンサーとなっている
そもそもエンジンサプライヤーでない自動車メーカーがスポンサーになることは
エンジン供給メーカーと競合するため基本あり得ない
(レッドブルは以前INFINITYの冠を持っていたが
 INFINITYはルノー傘下のニッサンの国際ブランド)だが、
レッドブルは以前ルノーを名指しで批判した事もあり両者の関係が
悪化しパワーユニットに「TAGホイヤー」のバッジを使用している。
そのためアストン・マーチンの冠スポンサーが可能になっているわけなのだが
そんなわけで、来季のチーム名は
『アストンマーチン・レッドブル・ホンダ・レーシング』となるようだ・・・

名前の話は置いておいても、
アストン・マーチンはエンジン・レギュレーションの変わる
2021年からレッドブルのエンジンサプライヤーとして
F1参入を計画していると言われており、
それもあっての今回の2年契約だと思われる。
これは言ってみれば重婚みたいなものだ。

ホンダとしてはあまりいい気はしない話ですが
むしろレッドブルが別れたくなくなるような
強力な性能をホンダに発揮して欲しいと願うばかりだ。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:F1GP 2018 - ジャンル:車・バイク

2018.06.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR