FC2ブログ

サーフィン@伊豆6/16

2018_0619-4.jpg

正直に言って伊豆で波を当てるのは難しい。

それは、湘南や千葉など都心から2時間以内で行けるサーフスポットがあるのに、
わざわざ4時間近くかけて行かなければならない距離的なことが第一に挙げられる。
茨城エリアまで含めれば、2時間以内の場所のどこかには波があるので
ある意味ハズレがないのだが、それと比べてしまうと
圧倒的にバリエーションに欠ける伊豆の場合、
もしものときのバックアッププランはほぼないと思ってよい。

しかも、4時間かけて行った挙げ句にハズレたりすると
片道2時間で引くハズレよりも精神的に堪えてしまう。
つまり、伊豆を目指すならば、ある程度の思い切りが必要なワケだ。

それでも伊豆という場所に惹かれるのは
海水の透明度を含めた風光明媚さと
だからこそ距離を超えようと思える“旅感”にある。
近くちゃあ旅っぽくないでしょ?

ちなみに、2018年4月17日に伊豆半島がユネスコ世界ジオパークに認定された。
詳しくはリンク先を参照いただきたいが、
地質学的に価値のある場所が「保護」され、
それが「教育」され、永続的な「開発」につながっている場所が認定される
というそこそこ地味なものなのであるが、よく足を運んでいる者としては
その言わんとしていることは良く分かる。
ほどよい自然味とリゾート感が魅力のエリアだ。

とか言う話から入っておいて何だが、
いよいよワールドカップも開幕したこの日は、
梅雨入りと同時に日本列島をかすめて行った台風5号のオマケと
梅雨前線との絶妙な掛け合わせで、どこも雨でしかも風が強い予報。
西側の方がまだ影響が少なそうだったので伊豆方面しか選択肢がなかった。
つまりは、まあまあ仕方なく伊豆に向かうことに決めたというわけだ。

それというのもこの一週前は完全に仕事に忙殺されてしまい、
この週末は是が非でも海に行きたかったので、
この際近いだの遠いだのと言っている場合ではなかった。
さておき、この歳でテッペン越すような仕事とかかなりキツい。
土・日ともに完全なKO状態。寄る年波には敵いませんな。

2018_0619-1.jpg
2018_0619-2.jpg

そんな天候が微妙なこの日、伊豆方面を推奨してきたのはatuだ。
最近この男の波情報はよく当たる。
そして、「ワールドカップは観る」と鼻息の荒いサッカー好き(?)のOYくんは
「スペイン×ポルトガル戦」が深夜にあるので「行けたら行きます」
とか言いながら、クルマで観戦しながらやっぱり現れた。
結局サーフィンの方が好きなようだ。

私こそサッカーは日本代表戦か
ワールドカップでも決勝トーナメントからしか観ないので、
まだこの時期は行動に影響を受けないのだが、
運転しながらテレビで “聴いていた"「スペイン×ポルトガル戦」は面白かった。
終了間際のクリスティアーノ・ロナウドのPKは、
まさに「さあ蹴りますよ」という瞬間に山手トンネルに入ってしまい
肝心のゴールシーンは観られず、トンネルから出たら試合は終わっていた。

2018_0619-5.jpg

そんなわけで、6時半に宇佐美ポイントに到着。
神奈川に入る頃にはシトシトと降っていた雨も止み、
晴れ間こそなかったが雨に降られず着替えもラクラク。
しかもだ、波もこれまた存外に良かった。

サイズはコシ〜ハラ。
たまに奥の方で割れるセットでムネ〜カタなんてのもあったりしたが
そんな所から乗れるのはロングくらいなので待つだけ無駄ってもの。

2018_0619-6.jpg

でも、そのコシ〜ハラの波に力があり、7’4”のミッドレングスなら
インサイドまでかなりの距離を繋ぐことができた。
しかも、そんなロングライドを繰り返し乗れてしまったのだから
この日ここに来たのは大正解だったと言わざるを得ない。
atuさんあざす。

途中休憩を挟み、結局昼前まで遊んでしまった。

2018_0619-27.jpg

昼メシにポイントの近くのラーメン屋に行くと
そのすぐ隣にはテレビカメラなど数人の報道陣が陣取っていて、
最初は何の騒ぎだかわからなかったのですが、
あとから調べたら、先日収賄容疑で逮捕された
前伊東市市長の自宅前だったようだ。お仕事お疲れさんです。

さておき、atuは昼食後に仕事のため帰って行った。
atuさんもお仕事お疲れ様っす。

そして午後からはOYくんと二人、伊豆半島を2時間近く南下して
下田のポイントへ移動することにした。

2018_0619-8.jpg

すると、多々戸浜ではアタマを越すようなオバケセットが炸裂していた。
この多々戸浜に関しても「今日は多々戸一択だから」と
遺言のように一言残して去って行ったatuの予告通り。

2018_0619-10.jpg
2018_0619-28.jpg

とはいえ、「できるならば多々戸一択」と言っただけで、
波質が良いか悪いかは時の運。
そして、このサイズがそれの良い方かどうかは人による・・・

2018_0619-29.jpg
2018_0619-9.jpg

結果的にはほとんど乗れなかった。
かと言って投げ飛ばされるようなこともなく、
もう少しメンタル強めにしてホレ上がる波に挑むべきだったと反省しきりだ。
つまりかなりビビってしまった。

2018_0619-30.jpg
2018_0619-31.jpg

というわけで、その晩の『たまきや』で口を突いて出てくるのは
反省という名の愚痴ばかりであった・・・
果たして、この日の「後悔」は明日につながるのか否か?

明日はどっちだ!
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2018.06.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR