サーフィン@茨城 6/3

2018_0604-13.jpg

まさに後悔先に立たず。
っていうか、流れに任せすぎの、ある意味確信犯でもある。
つまり、飲み過ぎた。

生ビール〜ハイボール〜ワイン〜日本酒〜ハイボールという
いい歳して学生みたいなチャンポンをカマしてしまった。
とても楽しい幸せな時間ではあったのですが、
マジでしばらく酒はいらない・・・ってくらい飲み過ぎた。

しかも、この日は久しぶりの車泊で、
飲み過ぎたおかげで倒れるようにパッタリと寝られたのだが、
4時には陽の光で目が醒めてしまい
やはり熟睡とはいかずにかなりの二日酔いが残った。気持ち悪い・・・

この日はatuが朝一からこちらに来るということで、
安易に二日酔いに負けて寝続けているわけにもいかず、
吐き気と戦いながら寝床から這いだした。

2018_0604-14.jpg

というわけで、この日も引き続き大貫ポイント。
4時半にはatuが到着し、
5時過ぎにはOYくん、マッツンと4人で入水した。

2018_0604-20.jpg

ちなみに、二日酔いで海に入って起こり得る「もしも」のコトを
私は「マーライオン」と呼んでいる。
もしこんな事態に陥ったら、ひょっとして
小魚たちの栄養分くらいにはなるかもしれないし、
終電でよく見かける惨事でその車輌だけガラガラ空いてしまうように
波を独り占めにはできるかも知れないが、
二度とここで波乗りなどできなくなるだろう・・・

とか、ふと頭をよぎるほどに気持ちが悪かった・・・

2018_0604-17.jpg
2018_0604-16.jpg
2018_0604-19.jpg

そんな私の体調とは裏腹に、
この日の大貫はほとんど無風で、小さいながらも面がキレイな
きちんと割れてくるそこそこパワーのある波が繰り返し寄せてきていた。

そもそも大貫の波はつながりがちなぶん、
反応のいい日はそこかしこで割れてくれるので
一度に大勢で楽しめるのが特徴なのだが、
この日がまさにそんな感じ。ハッピーアワー。

しかも、ロングでもショートでもなく
ミッドレングスとかオルタナティブとかっていう
我々が大好きなボードなら捕まえられる波が多く
一本乗ってラインアップに戻ると次のが来て〜と、
ほとんどベルトコンベア状態。
まあまあ混んでいたのですが、それでも波待ちをせずに何本も乗れてしまった。
こういう日もあるんだね。と、すっかり二日酔いのことなど忘れて
波乗りに興じてしまったが、だからこそ前夜の深酒が余計であった。
反省しかない。

2018_0604-18.jpg

2時間以上やって、波数が減ったところで一旦休憩。
そのあと暑くもなく寒くもない天気の下、
駐車場でダラダラと過ごして10時から第2ラウンドへ向かい
サイズと波数は減ったが、依然として乗りやすい波を存分に楽しんで
風が強まってきた昼頃に海から上がることにした。

あ〜〜〜楽しい。ほんとサーフィン楽しい。
もうちょっと大きいのにも乗りたいし、
何より『最高』とか言えるような “良い波” にも乗りたいとは思うが、
毎度こんな日であってもそれはそれでいいと思える。
そんなある意味私の波乗りの基準になるような日でありました。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2018.06.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR