FC2ブログ

忍びの国

忍びの国1



そもそも時代劇が好きだってこともあるんですけど、
『忍びの国』かなり楽しめました。

原作は『村上海賊の娘』の和田竜。
なので、「これは史実である」とか言ってますが、
かなりの脚色が加えられていることは疑いようがない。っていうか、
観終わってもまだこれを史実だと信じてる人なんていないと思う。

とかいうと、悪いことのように思われてしまうかもしれないが、
歴史を面白い方に読み解くことにかけては天下一品の作家だと思うし、
こちらでもそのあたりの才能は存分に発揮されている。

基本的にこれ以上ないってほど愉快な喜劇。

しかして、喜劇のような現実に生きる人間ほど悲しい者はなく
その事実が反転してしまう悲哀も同時に描かれている。
その塩梅が抜群に上手で、90%笑えて、最後にホロリとさせられる。
誠によく出来たエンターテインメントであります。

忍びの国3

そして、この大野智って役者がまた良い味出している。
映画化の際に大野智を想定して脚本が書かれたんじゃなくて、
原作からこの役者を想定していたんじゃないかって思えるくらいに
バッチリとハマっている。

伊賀最強の忍者で、まるで遊ぶように人を殺め、
そのくせ嫁さんにはまったく頭の上がらない恐妻家である
「無門」という役に見事にハマっている。
っていうか、「こういう人がいたらいいな」って
本気で思えるような人物像を作り上げていた。

この人間の存在感だけでこの作品のほとんどの部分が
完成してしまっているとすら思う。大野さん専用作品。

忍びの国2

それと、伊勢谷友介の存在感も相変わらずスゴい。
こういうほとんど主役のような強めの脇役がいないと
このテの物語はバラバラに空中分解してしまうものだが、
このあたりにハマれる役者さんって案外少ない。
日本には主役級と、あからさまな脇役との両極端しかいない
ように思うので伊勢谷友介の存在はほんと貴重だ。

『新宿スワン』の真虎役の演技もスゴいと思ったが、
ここでもこの作品の世界観を制圧するようなスゴ味を発散していた。
観る度にこの役者さんの威圧感が増しているように思う。

さておき、『忍びの国』の世界観はほとんどマンガ。
それをバカバカしいと思うか、痛快と捉えるか。
そこがこの映画を楽しめるか否かの境目になりますが
何よりもう旧作ビデオとして安価に観られるのだから
ヒマだったら何かのついでに一緒に借りて観ても損はないと思います。
(オススメ度:80)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

2018.06.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR