FC2ブログ

BIRKENSTOCK Temara

2018_0507-63.jpg

BIRKENSTOCKのサンダルを買った。
ちなみに「ビルケンシュトック」と読むらしく
1700年代、ドイツの靴職人のヨハン・アダム・ビルケンシュトックさんの
名前が由来とかで、つまりかなり歴史のあるブランドだ。
日本ではサンダルが有名だが、サンダルだけでなく
靴全般を製造する大手シューズメーカーであったりする。
私はそもそもドイツのメーカーだって事も知らなかった。

そしてさすがはドイツ人。
サンダルひとつとってもここまでヤルか!感が高い。
よって、お値段も高く、モノが良いことは分かっちゃあいても
なかなか手が出せないサンダルとも言える。

普段の私だったら買うにしても並行輸入品も含めて
ネットで安いのを見つけて買ってしまうのですが、
今回は直営店のリアル店舗で購入した。

あまり褒められたことではないが、
「ネットで買うにしてもまずは実物を拝みに・・・」という
邪な思いで店頭に足を運んだわけだが、そこは相手も流石で
「正規店の店頭でしか購入できないモデルもある」とか、
あの手この手で客である私に迫ってくる。

そんなわけで、だんだんその気にさせられてしまったわけだが、
ネットで安いものを探さずに
そのまま店頭で購入に至った一番の決め手は、
正規品ならば修理に対応してくれるという点だ。
サンダルを修理するなんて、正直考えてもみなかった。
高いものなんだからあたりまえと言えばあたりまえ。完全に盲点。

愛着のあるものと永く暮らすのは私の理想とするところ。
やはりそういった部分でドイツ人とはとても肌が合う。

2018_0507-62.jpg

手に入れたのは今年の春夏の新作で『Temara』というモデル。
ソールではなく足に触れる方にソフトなクッションの敷いてある
別のデザインのものとかなり迷ったのですが、
よりサンダルらしい見た目と、
こう見えて踵が浮きにくいフィット感が気に入ってこちらにした。

そんな、執拗なまでに履き心地にこだわるビルケンシュトックなので、
買う側もサイズ選定には是非こだわっていただきたい。
これ、履き比べてみて初めて分かりましたが、
同じデザインでもサイズによって履き心地がぜんぜん違います。

だいたいサンダルなんて1サイズ違っても履けなくもないものですが、
これがまたまったく違う。目から鱗レベル。
とうぜん、モデル毎にもフィット感や履き心地の印象が違ってくるので
ひとつのデザインで選んだサイズが他のデザインでも通用するかというと
そうでもない。
なかなかネット通販泣かせではるが、
これ以上の買い物甲斐もそうそうないだろう。

私が買ったのは直営店だったので、
尚のこと販売員の方もそこへ“気づき”にはもの凄いこだわられていて、
履き比べに際してのベルトの締め方を含め
調整作業に徹底して対応してくれる。
なので、もし直営店で買おうと思ったら時間の余裕を見て行った方が良い。

Amazonを含め、私もネット通販を多用している中毒者の一人ではあるが、
ネットで完結しないこと、もっと言うとAIにできないことにこそ
真の価値があると信じて疑わない人間でもある。

そういう価値感において、たかだかサンダルを
ビスポーク感覚で買うという行為はかなりイケてることだと思う。
ネットで買えないものほど良いモノなのかもしれないね。


しかしてっ!
今回私はサーフィンに行くとき、もしくはその移動用に買い求めたわけなのだが、
一点だけ問題が発覚した。
ビルケンシュトックの革製サンダルは水に弱い・・・
濡れたら陰干ししてくださいと念を押された。
もちろんこれ履いて海に浸かろうとは思わないが、
濡れた足でそのまま履いてしまうことなんて日常茶飯事だ。
会計時になってからそれ言う????先に言ってよ〜〜〜〜

というわけで、ビルケンシュトックにもお求めやすいプラスチック製の
サンダルもラインナップされているので、そちらも併せてご検討ください・・・
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2018.06.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR