Bikermeetingからの復路

R0011990.jpg

翌朝。
基本ショップ主催のイベントはここで自主解散。
それぞれのルートで帰路につく面々。
中にはハスクバーナのサマーキャンプにイベントをハシゴするコアな方々もいらっしゃる。

私はもちろんソロで来た林道を戻ります。
まっすぐ帰ったらバチが当る。というかHP2様に失礼だ。

R0011995.jpg
笹ヶ峰林道はやっぱりいい。
雲は多いものの往路と打って変わっての晴天に気持ちよさ更に倍!

R0011998.jpg
ここはHP2の天国なのか・・・

R0012000.jpg
笹ヶ峰へとつづく妙高高原公園線の入口は毎冬訪れる妙高杉の原スキー場。

sugunohara.jpg
ちなみに冬はこんな景色。
(この画像の方がリフト一本ぶん標高が高いけど、奥の斑尾山と野尻湖を見れば解る通り
 同じ場所から同じ方角を見ています)
夏と冬とでまったく景色の変わる場所をそれぞれの季節に訪れることは
自然の強さ、逞しさを実感できて本当に感慨深い。
しかして、Bikermeetingの会場になっているHAKUBA 47スキー場には冬に行ったことがない・・・

往路は下道で移動したが、ソロの復路は信濃町ICから高速で一足飛びに長野ICまで移動。
そして再び東豊林道へ。昨日かなり手こずったのでソロで入るのは正直ビビる・・・
すると、雨の影響でマディ具合は更に進行・・・笹ヶ峰と打って変わってペースはまったく上がらず。
したがって気分も上がらず、楽しむよりもいかに安全に抜けるかにポイント変更。
しかし、
たとえそれがハイパフォーマンスをその名に冠するHP2であっても
ボクサーツインというエンジンはそんな尻込みする情けないオーナーにもいつだってやさしい。
笹ヶ峰では、そのパワーで豪快にテールをブレイクさせたかと思えば
泥の轍では止まりそうな速度からだって、
2速でトコトコとトラクションしてくれる懐の深さも併せ持っている。

R0012007.jpg
R0012005.jpg

なんとか手強い箇所を抜け開けた場所まで辿り着いたら
長野市内を見下ろすこれまた絶景!!
書き割りかっ!(※)ってくらいの入道雲はまるで「ボクの夏休み」。
※【書き割り】劇中の背景に用いる背景画。だいたい銭湯の壁画チックな手描き絵。

往路の通りに逆戻りするならば途中の分岐で管の沢林道へ抜けて菅平ICへ向かうが
せっかくなので分岐をまっすぐに御林林道で35号線に抜けるルートで帰ることに。
しかしてその実はもうクタクタ、脚ガクガクなので近距離の方を選んだだけだ。
二日でこのザマ。体力ならなし・・・

高速道路も途中横川SA~下仁田IC、寄居IC~嵐山PAと2箇所で事故渋滞するも
もちろんオートバイの私には無関係にほぼスムースに走行を続けたがそれも束の間。
家まであと数kmに迫った関越道三芳SAあたりで往路と同様にゲリラ豪雨の洗礼を浴びることに。
とはいえ汚れたウエアはそのまま洗濯機行きだし、スコールを楽しむつもりでそのまま走り続け
二日間700kmに及ぶツーリングは無事終了した。

R0011972.jpg

いやいや、とても充実した二日間でした。
原サイクルの皆さん、お付き合いいただき感謝です。
またの機会を楽しみにしております!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

2011.08.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | HP2 Enduro

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR