FC2ブログ

前武尊〜中ノ岳【2/25】登り編

2018_0226-40.jpg

前夜は女子カーリング三位決定戦の第7エンドで眠気に負けてしまった。
おかげで朝までグッスリ。起きれば銅メダル獲得が決まっていて、
二重に元気ハツラツ、オロナミンCだ。

2018_022680-1.jpg

昨夜のお供は日本酒マニアのマッキーさんセレクトのこちらの二品。
旨かった。と、まあまあグダグダに酔っ払っていたので、
正直この日どこに行くのか聞いたような聞いていないような・・・
つまり分からない。

2018_0226-41.jpg
2018_0226-42.jpg

と、連れて来られたのは『オグナほたかスキー場』。
ここのリフトトップから前武尊岳に上がるという。
聞けばかなりメジャーなバックカントリーエリアなのだそうだが、
私はこちら方面はズブのシロウト。
名前くらいは聞いたことがあったが、まったくのお初エリア。
というわけで、私以外のメンバーはすでに何度か訪れているようで、
それを知った上でここに来たリュウさんの本意は何か。
気になるトコロだ。

2018_0226-44.jpg
2018_0226-45.jpg

9時30分ハイク開始。
出だしの勾配が若干キツ目ではあるが、
前穂高岳の山頂まではサクサクッと1時間足らず。

2018_0226-47.jpg

そのあと、画像正面に見える剣が峰を左に巻いて、
その奥に見える中ノ岳を目指すという。
メジャーな場所だと言ったが、中ノ岳から落とすということは、
尾根をひとつ超えるることになるので、
戻るには2度の登り返しが必要となる。
そのため、ここまで足を伸ばすことはあまりないそうで、
この日のメンツのスピード感を考慮して、行けると踏んでくれたようだ。
つまり、なかなか辿り着けない斜面だということ。

2018_0226-48.jpg
2018_0226-49.jpg

この日は曇り気味ながら見晴らしが素晴らしく、
丸沼高原に尾瀬岩鞍など、近隣のスキー場たちを多数見下せた。
ここに来ると、このあたりのスキー場の密集度が良く解る。

2018_0226-53.jpg
2018_0226-54.jpg

来た方をふり返ると川場スキー場の肩越しに沼田市街が臨める。

2018_0226sp-11.jpg
2018_0226sp-12.jpg
2018_0226-50.jpg

中ノ岳が見えてきた。
2回目3回目と、登る毎に身体ができてくるのはいつものことだ。
なので、二日酔いは別として、身体の方は昨日の谷川岳よりもできている。
ただ、風に叩かれた硬い斜面も多く、
集中力を切らせない場面がちょくちょく訪れるので、
精神的にまあまあキツい山行ではあった。

2018_0226sp-13.jpg

ほぼ正午に中ノ岳山頂に到着。
稜線は風が強くてとても寒い。
途中で止まってシェルレイヤーを着るのがめんどくさくて、
そのまま来てはみたものの、耳が千切れそうに痛いの図。

2018_0226sp-14.jpg

風を避ける穴蔵に引き籠もるの図。

さあ、次はお待ちかねの滑走開始だ!
(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.03.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR