FC2ブログ

須原スキー場【2/17】

2018_0222-13.jpg

5日間の北海道トリップから戻り、
まあまあ脱力していたこともあり、その翌週は雪山へのやる気が漲らない。
毎度のコトではあるが、北海道の雪の記憶も鮮明なときに、
こちらのすぐ硬くなる湿り雪を思うと、尚のことやる気が起きない。
「北海道ロス」。

それが贅沢病だと分かっちゃあいるが、
だからこそ、安くないお金をかけてまで行く価値があるのが
北海道という場所なのだと思う。

この週末は土曜の夜に降雪があるようだし、
「日曜に日帰りで行こうか」なんて、かなり後ろ向きに考えていた。

しかして、そんな脱力感の裏側では、
北海道には持って行かなかったスノースケートに乗りたい病も、
実は発症していて、
「スキー場に行くのは面倒だけど、スノースケートには乗りたい」
というややこしい精神状態に陥っていた。

んで、OYくんに今週どうするのか訪ねると、
「土曜は別クチで滑って、日曜はマッツンと須原で合流します」
という答が返ってきた。

ならば、私も日曜に須原に行こうと思い直し、A型の私は、
脱力してるクセして、とりあえずじゃらんで近くの宿を調べたりする。
すると、須原スキー場にほど近い、越後須原の駅近くの宿が空いていて、
しかも、宿の近くには、居酒屋さんがあることも確認できてしまった。

というわけで、土曜の夜からOYくんも引き込んで、
越後須原で一杯やるという、滑りとは無関係なモチベーションで、
「北海道ロス」を克服することにした。

これで日曜日は須原スキー場で滑ることは決定されたわけなのだが、
せっかく泊まるのならば、土曜も滑りたい。と、風見鶏のように考えを改める。
土曜は八海山あたりに当て込もうか?とか頭をよぎるが、
そういった場所は大概スノースケートが滑れない。

スノーボードをしてから、スノースケートができるスキー場まで
移動して滑れば良いのだが、それもメンドクサイ。
結局「土日とも須原でいいや」という
なんとも私らしい、いいかげんな結論に達した。

2018_0222-8.jpg
2018_0222-9.jpg

そういうわけで、今回の車中は一人旅。
須原スキー場は関越自動車道の小出I.Cから30分ほどの場所にあるので、
いつもの湯沢I.Cよりも更に40kmほど日本海側に走る必要がある。
しかも、六日町を過ぎた辺りから荒涼な景色が続き
一人旅の寂しさも手伝って、アウェー感がハンパない。

2018_0222-1.jpg

しかして!
今回、私にはこの『BABY DRIVER』のサウンドトラックがある!
しかも二枚組!!かなりノリノリでドライブを楽むことができた。
良きクルマ旅の友。

2018_0222-10.jpg

須原スキー場は、里山に3本リフトの架かるまあまあ小さなスキー場。
私なんぞは名前すら知らなかった。
そんな須原スキー場にやって来たのは、
言ったようにスノースケートができるというだけの理由だ。

でも、スノースケートとこういったローカルゲレンデとの相性は良く、
これから多くのローカルなスキー場を訪れることになると思う。
これもまたスノースケートによってもたらされた恩恵と言っていいだろう。
バックカントリーに出会ったとき、サーフィンに出会ったときと同様に、
新しい価値感は、近視眼的、画一的になっていた自分に気づきを与えてくれる。

2018_0222-14.jpg
2018_0222-17.jpg

しかして、スノースケートには問題のない日、ロケーションであっても、
スノーボードも楽しもうとか思うと、なかなかそうは問屋が卸さない。
特に深雪でも積もっていない限りにおいて、
特にいつにも増して水分の多い雪が降っている日に、
このスキー場に見るべきものは、残念ながらあまりなかった。

2018_0222-19.jpg
2018_0222-15.jpg

しかもこの日は、ゲレンデに着くなり雷鳴が轟き始め、
稲光こそ見えないが、雷鳴はどんどん大きくなり、
雷雲が近づいてきているように感じた。スキー場で落雷とか御免だ。
リフトに揺られながら、レストハウスに逃げ込もうかどうしようか考えていたら、
そのうち雷鳴は止んで、代わりに雹のような塊の雪が降り始めた。
それは次第に水分の多いビッチョリ系のボタ雪に変わり、
おかげでウェアもグローブもすぐにビッチョリ。
もちろん、ボードの走りもいいわけない。

2018_0222-11.jpg

そんな日にアレですが。
この日は『T.T168 ミズメヒノキ』を持ってきた。
北海道で『T.T165 Softflex』がかなり調子が良かったので、
比較したかったこともあるが、年末年始の北海道トリップのときに、
BONTAKに置いて来たチューンナップから、この前日に戻って来たこともあり、
せっかくなのでそのままバインディングを着けて持ってきた。

果たして、1ヶ月半ぶりに乗るミズメでありますが、
随分と印象が変わっていて驚いた。

T.T165 softflexで調子の良かったバインディングのセッティングは役に立たず、
同じ名前でも、乗り方もまた随分と違う。
はじめてT.T165 softflexに乗ったときも同様の感想だったわけだが、
逆もまた真なり。

こういう雪質の日に評価も何もないと思うし、
あくまでも私の感想でしかないのかもしれないが、
ミズメにはもっと大きな平らなコースが必要だと改めて感じた。

T.T165 Softflexの方が、ずっと融通が効く。

北海道にはミズメとSpoonfishの組合せで行くことが多く、
新雪のツリーランなど、私がミズメで乗り切れない場所で
Spoonfishの出番が多かったのだが、
T.T165 Softflexを持っていった今回の北海道では、
Spoonfishに違和感さえ覚えたことが強く思い起こされた。

2018_0222-37.jpg

ちなみに、来季モデルに『T.T 165 CLASSIC WOMEN'S FLEX 』
というモデルが追加された。色もクリアで、
私のSoftflexはショップ限定モデルとはいえ、こちらと同じように見えるし、
以前何かで「体重の軽い方と女性に」という一文を見かけていて、
ひょっとして私のような大男には向かないのでは??とか、
ほんのちょっとだけですが心配していた。

聞くところによると、現在、T.T Classicがソフトフレックスを採用しており、
それとは別に女性用にフレックスを調整したもののようで、
今までのソフトフレックスとこの『WOMEN'S FLEX 』は別物との話もある。
事の真偽を確かめるべく、来季モデルの『T.T Classic』に
試乗したいと思っているが、叶うや否や。

それと、「T.T」のTとTのあいだに「. 」(ピリオド)を打つことに
今までまったく気づかなかった。思い込みとは怖いものだ。
今さらですが、今後は「T.T」と表記させていただくことにします。さーせん。

2018_0222-15.jpg
2018_0222-22.jpg

結局2時間ほどでスノーボードで滑る須原スキー場に飽きてしまい、
10時半にはスノースケートにチェンジ。

しかして、2週間ぶりに乗る、これでまだ3日目のスノースケートは、
ほとんど振り出しに戻っており、またしこたま転んだ・・・
想像はしていたが、こりゃマイッタ。

一番下のロマンスコースはこの日、子供スキー教室が大人数で行われていて、
コースのアチコチに様々なレベルの子供が滑っていたり、
座り込んでいたりして、それを避けるのにかなり苦労させられ、
それもあってなかなか以前の感覚を取り戻せない。

「スノスケはメンタルが弱ると曲がらなくなる」という、ユウタくんの名言は、
私の深層心理に深く刻み込まれていて、弱まった私のメンタルによって
仰るとおりに曲がってくれない。
つまり、ビビってスピードがまったく足りていない。

2018_0222-25.jpg

そのあと、ランチをはさみながら14時までスノースケートやって、
ウェア以上に心の方が(涙で)濡れてしまいこの日は撤退。
スノスケむずいっす。

2018_0222-26.jpg

しかも、宿の方にチェックイン時間よりも早く行き過ぎたため、
宿の駐車場はまだ除雪がされておらず、
例によって駐車場内でチェーン着装の憂き目に遭った・・・

もちろん、その晩悪酔いしたことは言うまでもない。
(つづく)  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.02.26 | コメント(4) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

「北海道ロス」よく分かりますw
私も今シーズンは本州より北海道の方が多い(事情があり今シーズンはそもそも回数少ないのですが…)という贅沢病😅3月にまた北海道行こうと模索中です。それこそ贅沢病末期症状ですねw

2018-02-26 月 13:34:23 | URL | ak #q8wBrP2k [ 編集 ]

ようこそ

ようこそ魚沼の地へ。
スノスケには少し須原は難しいかもしれませんね。魚沼はローカルゲレンデだらけで、もっとシンプルなゲレンデに行けばスノスケ最高ですよ。スノボもスノスケも両方満足するのは難しいかもしれませんが、スノスケだけなら最高なとこだらけです。いつもブログ楽しんで拝見してます。お見かけした時は声をかけさせてもらいますね。

2018-02-26 月 15:30:36 | URL | kjmt #1FZNeOYA [ 編集 ]

akさん
今年は特に北海道が当たってますからね〜〜
私も今シーズン中にもう一回行きたいです〜〜

2018-02-27 火 10:04:22 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

kjmtさん
六日町の先って、なかなか伺うことがないので、
今回は良い機会でありました。
またお邪魔すると思いますので、その時はよろしくです!

2018-02-27 火 10:05:47 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR