FC2ブログ

北海道 5Days 旭川編【Last Day:とあるローカルスキー場ふたたび】

2018_0215-97.jpg

昨晩の大黒屋のあとは、部屋で飲みながら
スピードスケート女子1500mを見ていたのだが、
急激な睡魔に襲われ先に失礼して早めに寝ることにした。
おかげでぐっすりノンストップで10時間近く眠ることができた。
体調最高。

とか調子に乗っていたら、まさに高速道路の改札に入る直前に
「ガソリンなくないスか?」というマッツンの一言で正気に返った。
昨日「旭川に着いたら給油しよう」とか思っていたのだが、
大黒屋の予約をしたりしていたら、すっかり忘れてしまっていた。
もちろん途中にサービスエリアなどないし、気がついて下道に降りても、
旭川を離れれば離れるほど、ガソリンスタンドがある可能性は低い。
まさに間一髪。マッツン、ファインプレー。

2018_0215-98.jpg

この日の天候はまあまあ荒れていて、
旭川から札幌方面に向かう上り線は荒天のため通行止め。

我々は旭川から下り線で北上するのだが、
通行はできても地吹雪で前がかなり見えづらい。
この日も気温はマイナス10℃を下回り、粉雪は粉のまま吹き荒れ視界を塞ぐ。
特に、前方に大型車輌がいるとほとんどホワイトアウト。
大型車輌がいなくても、コントラストのない白い世界は
路肩の雪の壁がどこから始まるのか、どこまでが車線なのかまったく分からない。

2018_0215-99.jpg

緊急ピットインによる遅れもあり、
到着したのはリフト営業開始ギリギリ。

さておき、2日目に行ったローカルスキー場よりもさらに北側に位置する
こちらのスキー場に決めたのは、
SPRAYのナッちゃんのオススメによってだ。

このあと、スキー場に併設される風呂に入っていた時に話しかけられた
オッちゃんには「あと30分も行けば、もっと大きなスキー場があるのに
なんでこっち来たの?」と言われたが、それくらいのローカルスキー場だ。

ちなみに、オッちゃんの言うスキー場は、
どう考えてもここから更に1時間はクルマで走る必要がある。
30分とはいくらなんでもさばを読みすぎだとは思うが。

本当は2日目に行ったローカルスキー場にまた行きたかったのだが、
なんとそのスキー場のある町では、道内でも36年ぶりとなる
3メートルを超える積雪があったとかで、この前日から営業ができていない。
もしこの日に営業できていたら、間違いなくとんでもないことになったはずだ。
ちなみに、我々が帰った3日後でもまだ
営業できていなかったほどの豪雪だったようだ。

2018_0215-100.jpg
2018_0215-102.jpg

さておき、こちらのスキー場は風もなく穏やか。
何より、昨晩からそこそこの降雪があったようで、
非圧雪コースへの期待は高まる。

2018_0215-103.jpg

が、2本しかないリフトの、頂上へ向かうシングルリフトは、
そんな逸る気持ちを尻目に、かなりゆったりとしたペースで登っていく・・・

2018_0215-104.jpg
2018_0215-105.jpg

・・・すると、トラックがなんとか埋まる程度の積雪ではありましたが、
何度も言うように、この極度の低温状態で保存された積雪は、
まだ結合せずに維持されたままなので、前日までのトラックなど、
まさに無きが如し。

むしろ、無数に並べられた飛べない程度のマッシュを、
右に左にテールでタップしながら一直線に滑り降りるような真似ができるのは、
これはこれで面ツルの深雪よりも何倍も楽しいことだ。

2018_0215-106.jpg
2018_0215-110.jpg

しかも、この間にも雪は降り続き、そこそこリセットし直してくれるので、
こんなに小さなスキー場なのに、
またバカみたいに繰り返し滑ることができてしまった。
関東圏でこの規模のスキー場だったら、
どんなに新雪が積もっても、この人数で2本滑ったら完売だ。
は〜〜〜シアワセ〜〜〜〜〜

2018_0215-107.jpg

もちろん、リフト券もリーズナブル。
一日券には食事と温泉の割引券まで付いていて、
私は感謝を込めてかけそばとカレーライスをダブルで食べさせていただいた。
それでも学食レベルのお値段だ。しかも美味いし。

北海道のローカルスキー場ステキすぎる。

2018_0215-109.jpg

最後に唐突にこいつの話をするが、
今回のトリップには、『TT165 Softflex』と『Spoonfish』を持ってきた。
SPRAYのお膝元、旭川に行くのであれば、20th Anniversary Modelである、
こいつを持って行かない手はもちろんない。要は里帰りだ。
Spoonfishはもしものバックアップでしかなく、
なんなら使わずに持って帰っても良かったほど、
今回は『TT165 Softflex』と心中する覚悟でやって来たわけだが、
そんな覚悟のおかげか、こいつをより深く理解する旅となった。

再三申し上げているように、私のTTへの苦手意識はすでにトラウマ・レベルだ。
それでも乗りたくなるところが、このボードのスゴいところなのだが、
それほどに私を惹きつけるのは、
このスノーボードの放つ「何かある感」に他ならない。
その『何か』を巡る旅が、まさに私にとってはTTに乗る最大の理由なのだが、
今回の5日間の旅を通して、TTは『何か』の答えを通り越して、
私にとって、いま一番の相棒にまでなってしまった。

この話はまた改めてしたいと思うが、
トラバースや、新雪での浮力不足への不安、
操作に対する苦手意識も(まあまあ)消え去り、
『TT165 Softflex』との距離がグッと縮まるどころか、
(勘違いも含めて)「もう一体化しちゃったんじゃないか?」
ってくらいにTTと仲良くなれてしまった。
やっぱり、今はTTに乗るのが一番楽しい。

それは、ちょっとSpoonfishがつまらなく感じてしまうほどで、
それはそれでちょっと困った話ではあるのですが・・・

2018_0215-111.jpg

旭川空港へ向かう帰りの高速道路では、
少しだけだが夕陽に染まる空を眺められた。
いつもありがとう!北海道!

2018_0215-112.jpg
2018_0215-113.jpg

もちろん無事に家に帰るまでが遠足だ。
お約束のように帰りの便が使用機の故障で40分以上出発の遅れが報され、
「まさか・・・」と、またもや悪夢の記憶が頭をよぎるが、
今回はその40分の遅れだけで無事羽田空港に到着した。

2018_0215-86.jpg

いや〜〜楽しかった!
心の底から楽しかった!
私の計画不足で、みんなには諸々迷惑をかけたが、
おかげで素敵なローカルスキー場にも出会えたし、それによって、
北海道に対する可能性の幅がグ、グ、グーーーン!と広がったように思う。

お楽しみはまだまだこれからだぜ!なあみんな!
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.02.23 | コメント(5) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

最高です

旭川trip楽しく読ませていただきました!
私も1日違いで北の大地へ行ってましたので余計に感情移入(^^)
TT60を最近は乗り込んでますが新たな発見が多く飽きさせないなぁと感心するばかりです。

シーズン後半戦もよき休日を!

2018-02-23 金 11:23:48 | URL | たいそん #iI9r95Cs [ 編集 ]

Re: 最高です

たいそんさんも素晴らしいシーズンをお過ごしください!

2018-02-23 金 19:53:14 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

こんにちは、そこそこブーツサイズ大きいと思われますがTT165の細さで深いターン時にはブーツひっかかりますか?私は9インチなんですがそこのところで悩み中です・・

2018-09-01 土 15:47:07 | URL | SSS #jhC0J7jE [ 編集 ]

SSSさん
引っかかっているのかも知れませんが、
以前、別のボードですが、バインディングのアングルを
前後とも0度近くにしていたときは
本気でドラグして転びそうになりました。
その時と較べるれと今はまったく問題は感じません。

2018-09-02 日 01:11:47 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

ありがとうございます!

2018-09-03 月 11:22:09 | URL | sss #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR