北海道 5Days 旭川編【Day-4:富良野スキー場 2】

2018_0214-60.jpg
2018_0214-58.jpg

翌日はチェックアウトもあり、
前日よりも早め早めの行動を心がけながらロープウェイ乗り場まで来たが、
前日とは変わって、この日の混雑は私の知るいつものムードに戻っていた。
やはり、2月の連休中日は混むってコトだね。
というわけで、難なくポールポジションを奪取したのだが、
前夜にゴン降りしたわけでもないし、何よりここはゴンドラではなく、
ロープウェイなので、先頭でロープウェイに乗り込んでも御利益はない。

2018_0215-68.jpg
2018_0215-67.jpg

この日の気温は、ロープウェイ降り場の気温計でマイナス12℃。
素直に一枚多く着込んできて正解。
とはいえ、風があるわけではないので、装備さえできていれば
表示気温ほどには寒く感じない。

ただ、ボードがまったく走らない。っていうか貼り付くように滑らない。
私の施工したワックスの作動温度領域を大きく超えてしまっているようだ。
つまり、寒すぎて雪面に水分がほとんどない感じ。
リフトから降りても滑って降りていかないので焦る。

2018_0215-69.jpg
2018_0215-74.jpg
2018_0215-70.jpg

前日に食べ尽くした斜面へ、この日も飽きもせずに向かうわけだが、
ここは標高も高く、ロッジの辺りよりも前日からの降雪量は多く、
前日のトラバースラインは、すでにリセットされてなくなっていた。
雪はまったく滑らないままなので、
新たなトラバースラインを引き直すには、そこそこ骨が折れそうだ。
やれやれ。と、アタマを抱えていると。

なんと、5〜6名の外国人スキーヤーのパーティーがずんずん
ラインを引いてくれた!助かる〜〜〜〜

ありがたくトレースさせていただき、
リセットされた斜面に、また端から順番にラインを付け直していく。

2018_0215-71.jpg

天候はたまに陽が差す程度で、一日を通して雪、ときどき曇り。
肌を刺す空気はキーンと張り詰めてはいるが、
なぜかその空気感も心地良い。

何より、これだけ気温が低いと、雪が固まらない。踏んでも粉のままだ。

2018_0215-75.jpg
2018_0215-76.jpg
2018_0215-77.jpg

マジにここはクセになる。
今回、全員アバランチギアは持ってきていたので、
ザック背負ってBCエリアまで踏み込もうか、と言う案もあったが、
今回は(まあまあ)自粛。
それでも端まで食べ尽くすまでに相当な時間と本数がかかった。

富良野のサイドカントリーに限らず、
BCエリアまで足を伸ばす楽しさももちろん大きいし、
次回はゼヒみんなに体験してもらいたいと思うが、
リフト回しでこれだけの新雪が楽しめてしまうのだから、
滑りの満腹度だけで言ったら、こちらに軍配が上がってしまう。

2018_0215-79.jpg
2018_0215-80.jpg
2018_0215-81.jpg

そのあと、北の峰ZONEまで足を運び、
『プレミアム・ゾーン』に突入。
ゾーンの入口から行けるギリギリまでトラバースして、
プレミアムの更に奥のラインをいただく。

2018_0215-82.jpg
2018_0215-83.jpg

まさに奥プレミアム!

2018_0215-84.jpg

と、ここで、この日の便で帰られるHさんご一家とはお別れ。
ソウくんを託児所から引き取って、一緒にランチして別れた。

2018_0214-62.jpg

ソウくんとは一緒に男湯にも入って、
乾杯も交わして男同士の交流も果たせたし、誠に名残惜しい。

それにしても赤ちゃんの存在は、超のつく癒し効果だ。
スノーボード・トリップに赤ちゃんとは、なかなかないことだと思う。
Hさん御夫妻のお気遣いも多分にあったことは確かだが、
ほんと一緒に過ごせて楽しかったと思えるほど、
今回の旅での存在感は大かった。
何より、誰でも一緒に過ごせるトリップにできたことが我ながら嬉しい。

2018_0215-88.jpg
2018_0215-90.jpg
2018_0215-91.jpg

昼食のあともプレミアムゾーンをおかわり。
アバランチギアの携行を促すゲートを越えることになるが、
少しハイクアップすれば更に上側から落とせるラインがある。
2本目は、テッちゃんとコモさんがツボ足で登ってそこを落としたが、
残りのメンツは、さっきよりももう少し奥までトラバースして、
その途中からのラインをもう一本。

2018_0215-92.jpg
2018_0215-93.jpg

2018_0215-94.jpg

そうして富良野ZONEに戻った頃に、晴れ間が覗き、
眼下に富良野市街を一望する素晴らしい景観が広がった。
ビューチフル。

2018_0215-96.jpg

その晩、旭川に戻った我々は、またもやSPRAYと大黒屋に当て込んだ。
大黒屋に関しては、ホルモンの店の予約がとれなかったことと、
みんなもう一度大黒屋に当て込みたいと言う要望が高かったためだが、
さすがの大黒屋も、この先一年は食べなくても大丈夫ってほど食べ過ぎた。

過ぎたるは猶及ばざるが如し。
(Last Dayにつづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.02.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR