FC2ブログ

神立高原スキー場【2/4】

2018_0205-16.jpg

観光協会に泣きついて探してもらった宿は、
湯沢高原スキー場のロープウェイ山麓駅に隣接する宿で、
まさに目の前がゲレンデというロケーションであった。
ここで滑るワケじゃあないけど、なんだかウレシイ。
18時には飲み始めて、21時にはお開き、そして、
宿に戻るなり一瞬で眠りに落ちてしまった。

健康的なんだか不健康なんだかよくワカランが、
翌朝も気分爽快だし、少なくとも悪いことではないだろう。
ただ、冬に入ってかなり太ってしまったが・・・

その晩に降り出した雪は、予報通りにサッサと止んでしまい、
翌日曜日も特に焦る理由もなし。
8時頃からノンビリ滑り始めようということになった。

2018_0205-18.jpg

この日は、OYくんと、Hさんと奥さまのサトコさんに、ソウくん(1歳)、
そして、Hさんのご親戚のマサさんと神立で合流した。
神立にしたのは近ごろご家族連れと滑る機会の多かったユウタくんの薦めで、
親子休憩室が完備されていることと、何よりスノースケーターである
ユウタくんがここを薦めてきたのは、
ここがスノースケート全面滑走可であるためだ!

2018_0205-19.jpg
2018_0205-20.jpg

この日の神立も、石内丸山に続いて目を見はるような晴天。
雪こそ降らないのだが、気温はガッツリと低いままなので、
空気が澄んで見晴らしが最高に良い。
そしてもちろん、踏めばキュッキュと鳴く、踏み応えの良い雪が維持されている。
ナイスデイ!

ここ神立高原は、まさにバブル期に建設されたスキー場で、
湯沢I.C.から3分、新幹線の越後湯沢駅からも無料のシャトルバスで10分程度と、
かなりの好立地にあり、日帰り客に人気のスキー場。

早朝営業や、そのためのかなり大きな仮眠室など、
時代を先取ったスキー場でありましたが、
真新しさが薄れた頃にはすっかり人気にも陰りが見え始め、
スキーブームが去った後は経営者がコロコロと変わり、
一旦は閉鎖に陥っていたこともある。
スキー場経営の光と影を一身に纏ったようなスキー場であります。

さておき、私のような輩にはほとんど無関係なスキー場なので、
できた頃に何回か通った以降、ここに来た記憶がかなり曖昧だ。
神立でスノーボード滑ったことあったかなあ???・・・

2018_0205-21.jpg

この日の神立高原は、
2月の頭の繁忙期であることもあって、大混雑の大入り満員といった様相。
最長でリフト待ち10分!!
しかも、黄色い声を発するお嬢さん方がやけに多い。それ系のお嬢さんは、
なぜかゴーグルをボンボンの着いた白いニット帽の上に置いたままで、
滑るときもゴーグルを使わないのはなぜなのだろう。
さておき、この日の繁盛ぶりを見る限り
集客面では上手くいっているようなので、余計なお世話ながら安心した。

2018_0205-22.jpg

子守を交代でこなすHさん、サトコさんに、マサさん、OYくんと
久しぶりの神立を滑り倒した。
ここ神立は、パーク系のアイテムも充実していて、キッカーもかなり大きい。
そのためか、中腹のコースにはパイプ状に左右に壁も用意されていて、
お嬢様方にジブトリさんだけでなく、コッチ系へのサービスにも抜かりがない。

2018_0205-27.jpg

そうしてもちろん、ランチのあとはスノースケートにモードチェンジ!

2018_0205-28.jpg

平均斜度10°ながら、全長が1,100mに及ぶ『ボルックス』で練習に励む。
前日に繰り返し滑っていたコースから一気に距離3倍!滑り甲斐があるぜ!

しかして、やはりというかなんというか。
昨日の好調さを取り戻すのに数本かかってしまった。
あたりまえだが、なかなか自分のものにならないのだが、
そんなもどかしさもまた楽し。

そして、昨日の石内丸山とは違い、ここでのスノースケートへの注目度は高い。
「あ、スノスケだ・・・」「あれスノスケよ・・・」「へえスノスケか・・・」
と、聞きたくもないささやき声が漏れ伝わって来て、超ハズい。

できればゲレンデの右端を滑りたいのだが、
トゥサイドターンが苦手で、ヒールサイドを多用する私は、
イヤでも左側のリフト線下の方に行ってしまい、
余計に珍しいものを見る衆人環視に晒されてしまう・・・

スノスケにとっては、春のシャバ雪が最高のご馳走だとは聞いていたが、
前日の柔らかい雪の石打丸山と、北側斜面で午後は陽が陰って固まりはじめる
神立の硬い斜面を滑ってみて、その意味がイヤってほど理解できた。
エッジが噛まずに横方向へ流れるようにズレて行ってしまい、
なかなかターンのキッカケが掴みづらい。

2018_0205-23.jpg

と、みっともない転倒を披露しながらも、自主練を重ね、
最後にはいよいよスキー場上部へ向かう夢沢高速リフトにも乗って、
最大斜度20°に一気に2,000m走破にまで挑戦してしまった。
凍りはじめた硬ーい雪面は、転んだらみっともない以上にかなり痛い。
スノーボードならなんてことない緩斜面が、
一時も気を抜けないアドベンチャーに変わってしまう。

しかして、ここの一番の難関は、
一日滑り終え、完全に脱力しきっている状態で滑らなければならない、
ゲレンデから下のリゾートホールに戻る、
「ベガ」と呼ばれるただの連絡コースだ。

ここは、ただでさえ日中も陽が当たらずに硬く凍っいるのに、
15時を過ぎればその硬度は更に増しており、しかも、狭いコース内で
すぐ転ぶ初心者と、飛ぶように降りてくる上級者を避けながら滑らなければならず
もう怖いなんてもんじゃなかった・・・のだが、その刺激もまた堪らない。
私の中のMっ気が覚醒してしまったかもしれない。
繰り返すが、“できないことの楽しさ” は、かなり新鮮な衝撃だ。

そんなわけで、帰りの関越道の渋滞が予想されるこの日も、
16時までびっちりと滑り倒してしまった。
日曜日は昼過ぎにはスキー場をあとにすることが多かったのに、
なんという変わりようかと、自分でも呆れてしまうが、
久しぶりにがっつりと一日券の元を取った気分がまた清々しい。

スノースケートいとおかし。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.02.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR