FC2ブログ

石打丸山【2/3】初スノースケート!



土曜は親戚の就職祝いで、銀座(の高級店)で生牡蠣を食べ(させ)て、
日曜はワックスがけやら、雑多な作業を片付けたり、ゴロゴロしたりして、
週末を雪山なしで過ごしたその翌週。
トーゼン、頭の中はいつにも増して暴発寸前であった。

シーズンど真ん中に一週間空いてしまったこともそうだが、
いよいよ我が家に、昨年から注文していた
『Paecemaker Snowskate』が届いたからだ。
やはり、新しいオモチャほど私にやる気をくれることはない。

2018_0205-15.jpg

ほとんど強引に、一緒にスノスケを買わせてしまったOYくんと、
仲間からの煽りに勢い余って、夫婦で2台買ってしまったマッツン夫妻に、
完成の遅れたPeacemakerを待たずに、洋物の『HOVLAND』を買って
(Peacemakerは国産)今シーズンはじめから、すでに数回経験している
コモさん、ユウタくんの6人で、石打丸山へスノスケ修行に向うことにした。

2018_0205-4.jpg

先週はそこそこのパウダーライドができたようだが、
今週は雪の降る気配すらない日本晴れ。
やせ我慢でなしに、雪山で迎える晴天もまた、
なかなか得がたい幸せでありマス。

2018_0205-6b.jpg
2018_0205-8.jpg

まずはTT165 Softflexで、
澄み切った朝の美しい光に照らされたピステンをいただく。
石打丸山はかなり大きなスキー場なのだが、
ほぼ全面に丁寧なピステンがかけられている。
この面積をこなすには夜中じゅう作業を続けているのだろう。
近ごろ「非圧雪」がブームだったりしますが、
そんな流行に背を向けるかのように、スキー場の基本を忠実に守る
クラシック・コースの鑑のようなスキー場だ。

ちなみにこの日、スキーやスノーボード競技の国際基準を満たす、
日本では最大級のサイズを誇るハーフパイプ『ガンホー・モンスターパイプ』も
オープンしたが、もちろん我々には関係がない。たまたまだ。

2018_0205-29.jpg

この日は南魚沼の平野部に低い霧が立ちこめる、
幻想的な美しい景色を見渡すことができた。

2018_0205-11.jpg

そんな雄大で美しい景色を正面に見据えながら、
少々硬めながらも、エッジの良く噛むピステンをいただく。
う〜〜ん、これまた美味し。

2018_0205-12.jpg

頂上のリフトが動く頃には、霧は六日町の方まで下がってしまっていたが、
それでもこの景色はかなりのご褒美だ。

2018_0205-13.jpg

8時半の営業開始から滑り始め、
もうすっかり斜面が凸凹に食べ尽くされた11時頃に、
ゲレンデの中腹にある『レストラン・バレーナ』でランチ。
ピザとビール。なんて晴天の雪山と相性がいいんでしょう。
心のインスタ映えはMAXだ。

ここ石内丸山は、本当のオールド・コースで、
あからさまに増築を繰り返したリフトの乗り継ぎは、
スノーボーダーには、はっきりと最悪の部類。
でも、まるで西部劇の宿場町のように、
ゲレンデ内の所々に食堂や宿が点在している様子は
かなりノスタルジー満開の風情を醸し出すナイスコース。
年に一度は訪れたくなる、妙な中毒性のあるスキー場だ。

2018_0205-14.jpg

しかして。
我々がここを選んだのは、そんな中毒性によるものだけではない。
なぜならば、石内丸山は数少ないフリーフット滑走可能なスキー場だからだ!
ちゅーわけで、食後からはいよいよスノースケート開始!

すでに今シーズンはじめからスノースケートに乗っている
HOVLANDの二人はもちろん、私以外のピースメーカー組も、
すでに先週から乗りはじめていて、
みんなかなりお気軽な様子であったが、
この日が初日となる私の場合そうはいかない!
先日の背中を痛打した雪板での転倒も頭をかすめ、かなりの緊張感だ。

そうして、めでたくスノースケートでの初滑走を迎えたわけだが、
滑走距離420m、平均斜度9°の初心者コースが、
一気にアラスカに変わった!!!!(アラスカ行ったことないけど)

ヒールサイドは最初からエッジを使ってカーブさせたり、
ブレーキをかけたりできたのだが、
ヒールサイドからトゥサイドへの切り返しがまったくと言っていいほどできず、
最初のリフト2本は、ずっこけるように転びまくった。
しかして、ハツカ石口にある、ここ『サミットゲレンデ』は、
多くのスキーやスノーボードの初心者たちで賑わっており、
50を超えたオッサンのヨチヨチ歩きを、とても暖かく見守ってくれた。
スイスイと滑って行ってしまう仲間たちの後塵ならぬ後雪を拝しながら、
一度はかなり追い詰められた気分になったが、そんな雰囲気にも助けられ
3本目からはヒール〜トゥ〜ヒールと、なんとか繋げて滑れるようになってきた。

できないことが、こんなに楽しいんだって事を、
文字通りに「痛いほど」思い起こさせてくれた。
となれば、これが楽しくないはずがない!
スノスケ、チョーおもしれ〜じゃん!

気がつけばもう15時。おかわりよろしく、そこからさらに1時間やって、
結果、ほとんどぶっ通しで4時間滑り続けてしまった。
リフト営業時間いっぱいまで滑ったのなんて、学生のとき以来だ。
(っていうか、陽が落ちると老眼にはツライ)
いやはや一発でハマってしまった。

そんな、興奮冷めやらぬ気分のまま、OYくん、ユウタくんと三人で、
湯沢駅前の飲み屋に駆け込み、反省会という名の祝勝会へとなだれ込んだ。

スノースケート。これマジでヤバいです。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.02.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR