FC2ブログ

雪板生活

2018_0110-59.jpg
2018_0110-61.jpg

富士山もご一緒したONさんが、
スプリットボードでのスキー滑走技術研鑽のための“塾”を
主宰している話は以前もしたと思うが、
ONさんは、参加者の方々に塾のステッカーを配られている。

不肖私めが、その塾のロゴマークを作らせていただいていて、
今年もお手伝いさせていただいたのだが、
そのお礼に『雪板生活』のDVDをいただいてしまった。
ONさんありがとうございました。
(って、もうONさんってハンドルネーム使う意味ないか・・・)

スプリットボードでスキー滑走するのは、ほんと難しい。
スキーをやっている私でも難しい。
っていうより、スキーの技術はほとんど通用しないようにも思う。
でも、ハイク中に下り坂に出くわすことは案外多くて、
場合によっては滑落しそうな箇所を下る必要も出てくる。
もちろん、ボードを外して(アイゼン付けて)担いで下れば良いのだが、
そんな場合でも、そのまま滑って下れれば体力的にも時間的にも
効率的であるコトは言うまでもない。
そして、それができれば、何でもない下り坂でも緊張させられる
ことがなくなるので、精神的にもその恩恵は計り知れない。

スプリットボードの可能性が一気に広がると思うし、
何より、できたら楽しそうだ。

2018_0110-60.jpg

話を本題に戻そう。
そう『雪板生活』である。

なぜにONさんが私にこのDVDを贈ってくれたのかは計り知れないが、
私にとって、かなりタイムリーだったコトは確かだ。

芽育のスケートに乗る私ですので、
そのクラフトマンシップに溢れた、人間味も野性味もある
製品の魅力も良く解っているし、近ごろは仲間内でも、
そんな芽育のワークショップで雪板を作った者もいたりして、
(冊子とDVD中にもその風景が写真で出てしまっております)
ジワジワと外堀を埋められるように、
雪板に対する興味が、私の中で高まって来ていた。

でも、私の今の時間割の中で、なかなか雪板に時間を割くことが
できそうになかったことと、何より、予算的な問題があり、
そんな気持ちを抑えなければならない、不健康な精神状態であったわけだが、
ちょうどそんな折りに、このDVDは届いてしまったワケだ。

そして、その内容も、
この「通販生活」のようなユルめのタイトルからも想像させられるような、
「何か最近、雪の上の居心地悪くないですか?」
「肩の力を抜いていきましょう!だって遊びなんだから」
といったメッセージに溢れていて、
まさに今の私のど真ん中を当て込んできていた。

ひょっとして、同じように既成概念に囚われない、
“ちょっと変わった塾” を主宰するONさんだからこそ、
そんな私の気持ちを見透かしていたのかもしれない。

というわけで、私の中の雪板度が高まってきてしまっている。
こういった自分の可能性が広がる予感を逃してはいけないことは、
私とサーフィンの出会いのときに痛いほど感じているので、
この先どうなるのかは、推して知るべしではありますが、
“へそ曲がり者らしい” アプローチで楽しんでいきたいと、
今は思っております。

はてさて、この先どうなることやら。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.01.18 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーアクセサリー

コメント

先日の三連休LADEに行ったら「雪板生活」が置いてあり、面白そうだったので買ってみた次第でして、あまり深い意味はございません(^-^;
ですが、DVD楽しんで頂けたようで、なによりです!

2018-01-20 土 21:52:37 | URL | ON塾長 #- [ 編集 ]

ON塾長
いや〜〜〜良い意味で目に毒でありました〜〜
ありがとうございました〜〜〜〜!

2018-01-22 月 10:05:51 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR