北海道 4Days 2018【Day-3:アンヌプリ】

2018_0105-97.jpg
2018_0105-98.jpg

トリップ3日目はアンヌプリへ。
ゴンドラ乗り場前にあった休憩所や、
コーヒーショップはきれいさっぱりなくなっていて、
代わりに一番下の緩斜面を繋ぐ、新しいリフトがお目見えしていた。

考えてみれば、ここアンヌプリは、いきなりゴンドラか
4人乗りの高速リフトに乗せられてしまう、
なんとも初心者にやさしくないスキー場であった。
これはある意味当然の措置と言えるが、
長〜〜いアンヌプリのピステン斜面を、
一本向き合って滑るとヘロヘロになってしまうオジサンにとって、
ここに休憩所がなくなるのは、はかなりの損失。否、痛手だ。

2018_0105-45.jpg

さておき、
この杉良太郎ばりの流し目で登場した男が札幌のノブだ。
「正月早々迷惑な連中だ」とか
「内地のパウダー乞食どもめ、来やがったか」とか、
口は(かなり)悪いが、面倒見の良い
案外まじめで心やさしい頼れる男だ。

もちろん、義理人情がP.rhythmのウェアを着てTTで滑っているような
ショウちゃんも駆けつけてくれていて、この日は5人でアンヌプリを滑る。

この日のアンヌプリは、
せっかくの『ファーストラン』開催日ではありましたが、
言ったように前日のニセコは雨で、この日の予報もあまり芳しくなく
加えて飲み過ぎ、滑りすぎの我々はさっさと早起きを諦め、
通常営業開始からの入場に気持ちを切り換えていた。

そうしてのんびりと通常リフト券の販売開始を待っていると、
ファーストラン参加中の天海洋くんやら、和田直也くんに
ニセコフィルムズのカントクらが揃って滑り降りてきて、
しかも、つい先日の奥只見でお会いした、
Kさん、Tさんまで一緒に降りていらっしゃった。
正月早々ダウンチルクルーたちとセッションとはさすがでありんス。

2018_0105-50.jpg

というわけで、我々も遅ればせながら
通常営業開始からセッションをスタート。
しかして、トップにかかる第4ペアリフトはすでに強風に煽られグラグラ。
コリャ急がんとじきに止まるぞ・・・

2018_0105-47.jpg
2018_0105-48.jpg

と、慌ててくぐったL字ゲートの先は、我が目を疑う想定外のパラダイス!
さっきの吹雪が嘘のように、森の中は静まりかえり、
そして、まさかまさかの新雪が、タップリと降り積もっている!マジか!
昨日雨だったのに、これほど積もっていたとは!!!完全に裏をかかれた。

2018_0105-53.jpg
2018_0105-100.jpg

というわけで、一気にお祭りモード!ワッショイ!だ!

こりゃ急げ!と、強風でヨレヨレと動くゴンドラに飛び乗って
2回転目に突入するも、少し奥にトラバースしただけで
面ツルちゃんがお待ちかねだ!

2018_0105-57.jpg
2018_0105-95.jpg

ここはさすがに辛抱たまらず、私が先頭でノートラックをいただいた!
いんや〜〜〜こりゃタマランっす!

2018_0105-56b.jpg

そうしてゴンドラ乗り場に滑り込むと、
なんとそこには今シーズンから全身真っ黒なウェアに身を包んだ
佐々木勝巳師匠の姿が!!!!
「1時間だけよ」と言いながら、
サプライズで我々を待っていてくれたのだ。
この方もまた義理堅い〜〜〜〜〜!

2018_0105-55.jpg
2018_0105-54.jpg

ちゅーわけで、勝巳さんとセッション開始!

瞬きする間もなく、勝巳さんはすっ飛んで行ってしまうので、
刮目してその滑りを網膜に焼き付ける。
よって、画像はない。さーせん。

2018_0105-58.jpg

そうしているうちに、ついに第4リフトは停まり、
となれば、勝巳さんを先頭にレッツ・ゲレンディング!

あ〜〜〜楽し〜〜〜〜

2018_0105-94.jpg

そして、強風のためいよいよゴンドラも停まってしまい、
セッション強制終了。誠に残念。
しかして、最高な1時間でありました!
勝巳さん、いつもAZS!

2018_0105-59.jpg

そのあと昼飯に、近ごろ新しくオープンしたという
『タージ・マハール』アンヌプリ店へ。
スノーボードのあとは焼き肉と相場は決まっているが、
本格インドカレーとスノーボードの相性もまたヨシ。
ちょっとお高い印象だが気が向いたらゼヒ。

2018_0105-61.jpg

そのあと、ゲンテンのショウルームに『XY』を返しに寄ってから
(XYのお話はまた今度)、
ニセコのチューンナップショップ『BONTAK』に行った。

こちらには、ここのところお世話になりっぱなしだったのですが、
いつも郵送と電話で済ませてきたため、
実際にここに訪れたのはこれがはじめて。
顔を見て、話をすると、チューナーの人となりが見えてきて、
よりその仕事ぶりに共感ができる。それと、何気ない会話の中にも、
少なからずワキシングのヒントなんかも聞けて、お得な気分だ。
やっぱりチューナーとは顔を合わせていないとだめだね。

今回、OYくんはスティングレイを、
私はミズメをチューンナップに置いて帰って来た。

2018_0105-92b.jpg

この晩は、ノブもショウタくんも倶知安に宿を取ってくれていて、
勝巳さん、カントクを迎え、Boroyaでナイト・セッション!
朝にアンヌプリで会った洋くんも、ナイター帰りに立ち寄ってくれて、
一杯だけだったがお付き合いいただけた。

洋くんはファーストランのあと、浜厚真まで波乗りに行って、
戻ってからナイターを滑って来たという・・・
やっぱりプロのアスリートの体力と気力はスゴい。

2018_0105-60.jpg

ダウンチルタウン倶知安は、やはりディープでありました。

そして、ほとんど恒例となった、
あまり飲めないatuを市中引き回しヘベレケの刑にして、
倶知安の夜は更けていきましたとさ・・・
(Last Dayにつづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.01.11 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

スキモノのKです(笑)。
ありゃ僕は気づきませんでした~ご挨拶したかったです~。
実は元旦の宿も一緒だったんですよ~ミズメTT168お見かけしました~。

2018-01-11 木 22:14:24 | URL | K #- [ 編集 ]

Kさん
念のため、ボードは部屋に持ち込むか、
クルマから出さないことが多いので、
元旦の宿に関しては、多分勘違いですかね?

2018-01-12 金 11:18:36 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR