北海道 4Days 2018【Day-2 元日:ルスツ】

2018_0105-23.jpg

旅の恥はかきすてってもんで、
大晦日からすっかりハメを外した一行は、
それでも朝にはスッキリと目ざめ、
6時過ぎには札幌をあとにしてルスツへと出発していた。
それにしても、すすきのって・・・なんて素敵な街なんだろう・・・

さておき、元日の札幌は雪。
途中、中山峠も強めに雪が降っており、
一同の「ひょっとして」感は一気に高まりを見せるが、
この日の倶知安は雨の予報・・・
なんとかルスツは一日保って欲しいトコロだ。

2018_0105-25.jpg
2018_0105-26.jpg

なんて心配をよそに、この日のルスツは、
自慢のピステンに10cmほどの新雪が乗った、
まさにウマ旨なコンディションで、自然とペースも上がる。

2018_0105-28.jpg
2018_0105-29.jpg

グググ〜〜〜〜ンと、エッジが噛み込むナイスな雪面に、
ボードアングルも思わず深くなる。
か〜〜〜っ!気持ちヨス。これぞルスツ!これぞ北海道!

2018_0105-30.jpg
2018_0105-31.jpg

しかして、上部はもの凄い吹雪。
そのため、イゾラゴンドラは朝からノロノロ運転で、
ほどなく止まってしまった。

atuの二年前の事故現場は、スキー場の一番奥に位置する。
リフトが停まったらお参りに行けなくなってしまう。
「これはまずい」と、何はさておき事故現場に向かう。

2018_0105-35.jpg

立ち上がるatu!
(本人出演の再現映像)

2018_0105-36.jpg

そうして無事にお祓いを済ませ、何はさておき記念撮影。
atuは、これでやっとスタート地点に戻ることができたわけだ。
返す返すも怪我はいけない。
どんなに注意していても、もらってしまう事故もあるので、
運だよりな部分も少なくはないが、
それでも怪我には気を付けるに越したことはない。
近ごろ私は「できないことはゼッタイにしない、
したことのないことは石橋を叩いてする」という掟を胸に、
日々滑走している。もう治りも悪いし・・・

2018_0105-32.jpg
2018_0105-37.jpg

と、お参りが済んだ頃から、予報通りに気温も上がりはじめ、
まるで関東のような湿雪に変わり始めた。
おかげでゴキゲンだった雪面はボコボコになり、
すでに大きく深くカービングを回せるコンディションでは
なくなってしまっていた。こんなルスツ初めて。
なんとなく新潟的な雪質で、懐かしさすら感じてしまう。

2018_0105-38.jpg

この日はいよいよ三人ともTT。

TTには、毎シーズン振り出しに戻るように、
すっかり乗れなくなっている自分がいるが、
今シーズンは自らに「TTしばり」を課しているせいか、
いつもより調子を取り戻すのが早い。
やはり、TTには乗り続けないとだめなようだ。
刻みつけるように身体にTTの乗り方を染み込ませないといけない。

そのためにも、他のTT乗りの滑りは参考になる。
誠にTTという乗り物は奥が深い。

そうこうしている間に、13時過ぎには端からリフトが停まり始め、
TTと向き合いすぎたため、足も終わってきたので、
この日はそこそこにして上がることにした。
とはいえ、ルスツの場合は、半日でもかなりの距離を滑れてしまうので、
関東圏のそれとはワケが違う。

2018_0105-39.jpg

そして、倶知安厚生病院へ、atuが借りっぱなしだった松葉杖を返しに寄り、
atuの巡礼は無事完結した。

2018_0105-41.jpg

残念なことに、
ルスツから倶知安に向かう道すがらから、雪はすでに雨に変わり、
倶知安もニセコも雨模様。

2018_0105-40.jpg

そんなわけで(どういうわけで?)
新設なったGentemstickのニセコのショウルームへ
例によって冷やかしという名のお参り。

TTが深いだの何だのと、言っているそばから恐縮ですが、
気になっていた『XY』のテストボードがあったので借りてみた。
夕方からの一泊二日で¥4,000。ち〜とばかし高い気もするが、
お土産だと思えばまあしょーがない。

2018_0105-93.jpg

モデル名を示すセンターに印刷されたシグネチャーは、
グーフィーのヨーダーに合わせてテールからトップに向けた横書き。
アウトラインはスティングレイをそのまま一回り広げた印象で、
とてもよく似ている。
やはり、ジャイアント・スティングレイのイメージか?
噂では相当硬いと言うことだったが、実物はそうでもない。
っていうか、手で押しているレベルでは、
むしろスティングレイの方が硬く感じる。明日確かめよう。

2018_0105-42.jpg
2018_0105-91.jpg

この日はモイワのペンションだったので、ヒラフの街も遠く、
つまみを買い込んで、おとなしく宿で部屋呑み。
上の画像はスノーボードでパドルを開始し、
そのあとボードに挟まって寝はじめるヨッパライの図。

夕方には雨は止み始め、夜半には宿の標高でも時々雪に変わった。
さて明日の天気はどうなるのだろう。
とはいえ、晴れ男はこういうときでもほとんど楽観的だ。
大丈夫。明日もいい日に決まってる。
(Day-3につづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.01.10 | コメント(3) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

いつも楽しみに拝読しております。ところで、へそ曲がりさんがお召しになっているウェアはどちらのものですか!?黒のジャケットもベージュ?のパンツもとても素敵だと思いました。ぜひ教えてください。

2018-01-10 水 11:30:21 | URL | Ruki #- [ 編集 ]

Rukiさん
こちらをご覧ください。
http://psyvano.blog109.fc2.com/blog-entry-1784.html

2018-01-12 金 11:16:36 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

お返事ありがとうございます。
スキー場の現場写真で拝見するのと、大分色味が違うんですね!
もう少し濃いめのベージュパンツかと思いました。
ありがとうございます。

2018-01-12 金 15:38:09 | URL | Ruki #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR