Burton Step On™ 初見のお話

2017_1218-5.jpg
2017_1218-6.jpg
2017_1218-7.jpg

atuがバートンの新しいステップインシステムである『Step ON』を買った。

今シーズンは、ほとんど店頭には並ばないような激レアな代物なので、
こんなことでもないと眺めることさえ叶わない。
atuは足を怪我したことで、バインディングの装着時に屈まなくて済む
この『Step ON』に興味を持ったわけだが、何より、仲間内に
こういう初物にも果敢に挑んでいくスキモノがいるのは誠にありがたい。

2017_1218-37.jpg

そんな『Step ON』だが、
登場して早々に、かかとにある『クリート』と呼ばれる
ロック機構に不具合が見つかり、そのリコールが発表された。

BURTONと言えども、新機軸を搭載した初年度はいろいろ起こる。
っていうか、今さらこれだけの革新的(?)なアイテムを投入できるのは
BURTONだけとも言えるが。

さておき、先日もバインディングの装着ストレスの話
ウダウダと書き連ねたが、
ストラップをしなくてもいいステップイン・ビンディング・システムは、
ホリデー・スノーボーダーにとって、
すでに永遠のテーマと言っても過言ではないだろう。

装着も楽で、操作感にも違和感がないとなれば、
わざわざストラップを装着する理由など、本来どこにもないはずだ。

スピードレースや、Boaがこれだけ幅を利かせる時代に、
ストラップ・バインディングを超えはしないまでも、
並び称されるようなシステムが未だ登場していないというのも、
よく考えれば不思議なことだ。
それだけこの世界に投資が行われていない事の顕れでもあるので、
このスポーツのこの先の振興のことを考えれば甚だ心配になってくる。

2017_1218-29.jpg

そういう見地でこのStep ONを眺めれば、
質感や、工業製品としての説得力はさすがにBURTONだと唸らされる。
見る者に、直感で「新しい選択肢」の予感を抱かせるだけのチカラが、
ディテールに宿っていると感じた。

こういう部分を疎かにして、
肝心な部分の志の高さが伝わらないことの方がほとんどで、
その重要さに気づき、心血注げる企業って、ありそうでなかなかない。
今どきアップデートはサルでもできる。
どのレベルからスタートさせるのかが、とても重要なのだ。

私自身が履いてみたわけでも、滑ってみたわけでもないので、
その内容をここで云々することはできないが、
atuの話を聞いていても、そこそこの領域まで達成されていることが伺える。

以前私もAccucladeを使っていたので、それとの比較で見渡すと、
靴底が貼り付くようにボードに固定されるAccubladeと較べ、
踵の、しかも上部と、つま先の両サイドの3点に固定位置を設定し、
ブーツを外から下に向かって固定しようとするStep ONのアイデアは、
ストラップバインディングの装着位置を擬似的に再現して、
その操作感に近づけることを意図していることがよく分かる。

何より、Accubladeの足裏の硬さと、一段高い場所に乗らされている
違和感を考えれば、それだけでかなりの進化を遂げていることが想像できる。

ただ、atuも今回、滑走中に外れそうになったこともあったそうで、
それが、一日の終盤であったことを考え合わせれば、
正確な装着操作を徹底する必要性、それに対する集中した意識を、
一日を通して保てていないと危ないこともあるようだ。
こういった部分が年を追う毎にアップデートされ、
それに伴って安全性も向上されていくことを期待したい。

専用のブーツを含め、現状でバックカントリーでの使用までをも
考慮しているとは考えにくいが、スノーシューの使用や、
歩きやすさを考えたモデルも今後展開してくれるとウレシイ。
スプリットボード用の『Hitchhiker Step ON』とか、
出してくれるとは思えないけれど、「あったらいいな」とか、少し興味はある。

というわけで、このシステムが今後発展するのか、
意気消沈するのかは分からない。
でも、言ったように、この後に及んでまだ新しいシステムを打ち出そうとする
BURTONの気概、そして、トップランナーとしての責任感には
いちスノーボーダーとして、強い敬意を払いたいと思う。

歴史的な意味でも、BURTONの功罪はあるのでしょうが、
良くも、悪くも、スノーボード業界を牽引しようとしてきた
BURTONがいてくれて良かった。と、心の底から思う。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2018.01.24 | コメント(2) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

ステップオン、足裏感覚が良さそうで何気に期待しているんですが、ロックパーツは樹脂なんですかね?耐久性の点でも今シーズンは様々な滑り手の評価を聞きたいところです。
スプリット用途はどうでしょう?ハイクモードでサイドフレックスが固定されるようなギミックが実装されればいいんですけどね。来期のsparkのPromodelとか気になるし、足回りは悩みますねー。

2018-01-24 水 22:33:16 | URL | マッキー #USanPCEI [ 編集 ]

マッキーさん
つま先のロック部分は樹脂パーツですが、
万が一壊れても、この部分だけパーツ交換ができるようです(たぶん)。
スプリットはさておき、BCエリア、特に深雪での装着は
シマノと同様に気を使わされそうですね〜
ただ、ゲレンデでの使い勝手は良さそうです、

2018-01-25 木 11:59:05 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR