FLUX DS LTD に BURTON Flex Sliderを移植

2017_1218-1.jpg
2017_1218-3.jpg

今シーズンはじめて使ってみた『FLUX DS LTD』ですが
操作感に関しては、なかなか調子が良い。

詳細なインプレはもう少し待っていただこうと思うが、
その前に、BURTONのフレックス・スライダーを移植した話を
しておこうと思う。

長年BURTON一択で過ごした私なので、
やはりどうしてもBURTONと比較せざるを得ないわけだが、
ストラップ類、中でもスライダーやタンに関しては、
浮気中だからこそ改めてBURTONというメーカーの
偉大さを思い知らされている。

特に、素材のしなやかさと、それによる使い易さに関しては、
ほとんど独壇場と言っていい格の違いを感じさせる。
それは、ホールド感にももちろん良い影響を与えてくれるわけだが、
何より装着のし易さにおいて、強く優位性を感じさせる。

2017_1218-35.jpg

FLUXの場合、ラチェットの開口部の角度と、
アンクルタンの入射角が揃っていないため、
タンがラチェットに素直に入って行ってくれない。

2017_1218-36.jpg

これも単なる慣れの問題なのでしょうが、計ったように
アンクルタンがラチェットに吸い込まれていくBURTONを知る者にとって、
FLUXの、ストラップとタンを両手である程度撓らせて
ラチェットの開口部に導いてあげないとならないのはまあまあ苦痛だ。

2017_1219-1.jpg

その理由は一目瞭然。
FLUXのアンクルストラップは、BURTONに較べて
あまりカーブが与えられていないためだ。
ミトン型のグローブだったりすると更にこの違いは大きくなり、
装着にかかる時間はほんの数秒の出来事であるが、
仲間と足並みを揃えたいときや、
パウダースノーを争うときなどには尚のこと、
そのストレスは何倍にも大きく感じてしまう。

これはもちろん、装着時のことよりも、
装着感やレスポンスなどの操作性をより考慮した上での選択でしょうから、
良い悪いという話ではないのですが、
つい無い物ねだりで装着のし易さが欲しくなってしまう。

2017_1218-34.jpg

ちなみにトゥストラップはとても装着しやすくできているので、
尚のことアンクルストラップの填めづらさが際立ってしまっている。


そういった不具合に感じる部分への根本的な対処ではなく、
例によって単なる興味本位でしなないのですが、
BURTONのフレックススライダーを移植してみることにした。

2017_1218-4.jpg

内側のナットが、アンクルスライダーに埋まるように設えられている
FLUX純正とは違って、ナットが出っ張るようになってしまうが、
BURTONの方がそもそもアンクルスライダーの厚みが薄いので問題はない。

それと、調整のピッチ(穴の間隔)がFLUXの方が細かいので、
ストラップの回転を抑えるためのストッパーの装着に
追加加工が必要になる。

2017_1218-2.jpg
2017_1204-13.jpg

ストラップがぱったりと外に倒れていてくれるのは、
足入れがしやすくてほんと助かる。

いっそアンクルストラップ自体を
BURTON製に替えてしまおうか、真剣に悩む。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.12.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR