サーフィン@千葉南 12/3

2017_1204-18.jpg

奥只見で今シーズンの初スノーボードを楽しんだその翌日。
ここのところのサエない波乗りが、あまりにも心残りだったので、
雪山の勢いのまま海まで来てしまった。

場所は千葉南の某ポイント。
昨日も一緒だったOYくんに、前日にこのあたりで波乗りをしていた
atuとランちゃんと4人だ。

雪山の翌日に海に繰り出す私とOYくんもどうかしているが、
片道3時間近くかかる海に連日訪れるatuもなかなかにどうかしている。

ちなみに、OYくんはこの日で今年のサーフィン97日目。
ここまで来たら、あと1ヵ月で100日の大台に乗せるつもりのようだ。
私で40日ほどなので、この日数がどれだけスゴイことか尚のこと良く解る。
上手くなるのもうなずける。

atuも年間70日の大台まであと一歩なのだとか。
私の周りは、ほんとにどうかしている人だらけ。
私が至極真っ当な人間に思えてくるのでとても助かる・・・

2017_1204-15.jpg
2017_1204-16.jpg

この日のサーフィンに話を戻そう。
8時に到着できるように5時に家を出る。
朝一の良い波を想像するよりも、
自身の肌に泡立つ鳥肌の方が想像しやすいので8時で充分だ。
この日は予報からすでに「小春日和」を告げていて、
それもあって、山へ行った翌日に海に来るという勢いが付いたわけだ。
海は暖かいに限る。それだけで気分が30%程度アガる。
もちろん冬の小春日和ならば、平時の倍近くアガる。160%増。

2017_1204-20.jpg

朝の空気はキンと張り詰めて冷たかったが、
太陽光が届けてくれる暖かさがそれを上回り、着替えは元より、
千葉南はまだまだ海水温も高いので、セミドライだと汗ばむほどだった。

逆に、波の方にはほとんど期待していなかったのですが、
サイズは大好きなコシ〜ハラ程度で、厚めのトロ速い波が寄せている。
天気は良いし、暖かいし、波まで良いとくればこりゃ最高!!
実際に海に入ってみても、とても捕まえやすい波だった。

2017_1204-21.jpg
2017_1204-23.jpg

とはいえ、上手いこと切れ目を見つけられないと、
フェイスを滑れないのもまたいつも通り。
でも、ここのところぎゃふんと言わされてばかりだったことを考えれば、
久しぶりに海と呼吸が合っている感じがとても楽しかった。
波の割れる場所が見えてくるような、海と“息の合う感覚”があると、
波乗りは俄然楽しくなってくる。

2017_1204-19.jpg

なんとなくそんな予感もあって、
久しぶりにASQ FISHを持ち出してきたのも良かったのかもしれない。
息が合っているところにきて、鷹揚な反応を見せるこのボードならば、
速い波にも、厚い波にも合わせやすく、乗り方のバリエーションを広げられる。

そんなわけで、ここ数回、空振り続きだった波乗りが
チャラになるくらい何本も乗れてしまった。

だいたい2時間少々やったところで膝がガクガクに笑い始めた。
雪山の翌日はただでさえ筋肉痛に見舞われるのでよけいにキツい。
下半身のできていないシーズン初めなら尚のことだ。

あまりに良い波乗りができてしまったので、
膝を一休みさせてからの2ラウンド目も頭をよぎる。
そんな私の皮算用を知ってか知らずか、
海の方も散々だった私の悪い記憶を蘇らせるような、
つながり気味のインサイドダンパーに変わりはじめたので、
ここは深追いは止めて、素直に引き揚げることにした。

2017_1204-28.jpg

というわけで、4人で超旨い刺身定食を食べてから、
この日予想されていたアクアラインの大渋滞が
はじまる前に帰ることにした。

あ〜〜こういう良い波乗りをしてしまうと、
思いっきり後ろ髪惹かれちゃうんだよな〜〜〜〜〜
山の方も、雪の状態が整うのはまだもう少し先のようなので、
もう一丁、海行っとくか〜〜〜〜???
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2017.12.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR