FC2ブログ

Green Clothing Free Jkt & Bib Pants

2017_1108-51b.jpg

今季はウェアは買わないつもりだったのに、やっぱり買ってしまった。

Green clothingの場合、
私の体格だとサイズがLとXLサイズの中間くらいになってしまい、
どちらを選んでも結局、隣の芝生的にしっくりこない。
それが喉に魚の骨が引っかかったように、
ずっと引きずってしまっていた事が、「突発性ポチリ症」再発の原因だ。

Lサイズが少しサイズアップされ、
私の身体に合う方向に修正されたように感じたことも確かにあったのだが、
写真に写った自分を見たりする度に「やっぱりXLなんじゃないのか?」と
思ってしまう。それでXLにしたところで、
私は比較的タイトな着心地が好きなため
「やっぱり大きく感じる、やっぱLサイズなのかな・・・」と、
これまでも行ったり来たりをを繰り返してきた。

Green clothingはショップで試着会を開催するので、
「そこで試着すればいいだろう」と思われるだろうが、
平場と雪上ではだいぶ印象が違うので、
私の場合、残念ながらそれはほとんど参考にならない。

どんなに悩んだって、答は雪の上でしか出ないのだ。

考えてもムダならいっそ、そのことは忘れてしまえばイイのだが、
そんな逡巡は、例によって私の実験症を併発させてしまう。

どうしてもこれだけは試しておかないと、死ぬに死ねない・・・と、
思ってしまったのは、中でもデザインがコンパクトに見える
『Free Jacket』。

これならXLにしてもダブついて見えないのではないのか?と、
思いはじめたら最後、とうとう眠れなくなってしまった・・・
というのは嘘だが、こうなるともう試さずにはいられない。

基本受注生産であるGreen clothingの場合、
特に流通量の少ないXLサイズの場合は尚のこと、
欲しい色があれば前もって予約しておくべきなのだが、
そういったわけで、またもやシーズンイン直前になって
そんな試行錯誤を繰り返したので、
すでに選択肢はかなり限られてしまっている。

2017_1113-15b.jpg

Green clothingは、今シーズンから今までにないような
ビビッドな色づかいを展開し、そちらの方が推しのように思えたので、
私好みのアースカラー系のシブ目の色で、
しかもXLサイズのFree Jacketが見つかる可能性は更に低い。

在庫がなければ、買わずに済むので、
「どうせ見つからないだろう」と、気軽に「だろう検索」したら最後、
この「D.Brown」のFree Jacketが見つかってしまうのだから、
毎度のことながらこのネット社会というやつには困らされる。

そして、私の手持ちのGreen clothingのパンツは、
「Kuriiro」のBib Pantsに、「Black」のMovement Pantsの2本。
もちろんMovement Pantsの方をD.BrownのFree Jacketと
セットアップしようと思って買っていた。なのに・・・・

ジャケットを買ってからだいぶ経ったあとに、
D.Brownのジャケットに合わせるならゼッタイ「Sand」!
と思っていた、SandのBib Pantsまで見つけてしまった。
何で検索しちゃうんだろう・・・

というわけで、結局上下とも買ってしまった私であります・・・

2017_1108-52.jpg
つまり、昨シーズンのセットアップの上下逆バージョン。
限られた選択肢の中での買い物だったとはいえ、
他人様から見れば、買い足す意味はあまり感じられないだろう・・・

2017_1108-45.jpg

・・・とはいえ、Green Clothingのカラーは、
同じ名称であっても毎年少しずつ違うのがせめてもの救いか。
左が昨シーズンの「Sand」で、右は今シーズンの「Sand」。

2017_1108-47.jpg

こちらは、左が今シーズンの「D.Brown」で、右が少し前の「Kuriiro」。

今シーズンの生地の方がテカテカ系になっていることがかなり気になるが、
それも含めて色味はかなり違う。
テカテカ系が苦手な私としては、昨シーズンまでのシットリ系の方が好きだ。
それとも使ってるうちに落ち着いてくるのかな???

そんなわけで、毎年微細なモデルチェンジしかしないので、
モデルイヤーをまたいだセットアップも可能なGreenclothingであっても
厳密に言うと、生地の質感含め、セットアップが難しくなる部分もある。

2017_1108-48.jpg
2017_1108-49.jpg

色やカッティングに限らず、利便性を高める仕様に関しても
毎年細かなアップデートを繰り返すGreen Clothingですので、
新たに改良されてくる部分を確認するのも楽しみのひとつだ。
特にGreen Clothingのポケットに対するこだわり方は顕著で、
ファスナーとそれを覆うフラップの間に設けられたポケットなど、
そこまで使うかな?とこっちが思うほど、
細かく間仕切りの施されたポケットが豊富に用意されていた。

2017_1108-50.jpg

このポケットは、左袖の二の腕の辺りの内側に用意された
ICチケット用のポケット。
確かにこれはスゴイと思わされるが、iPhoneの隠しコマンドみたいに
知らなかったら絶対に見つからない。

そしてこの位置だと、着たままでこのポケットにICチケットを
出し入れするのは、身体の硬い人間だとそれなりに苦労させられる。

2016_1107-1.jpg

個人的には昨年モデルの『HEAVY JKT』
前腕上側に設けられていたポケットの方が好みだ。

2017_1204-29.jpg

ICチケット対応を打ち出したためか、
BIBパンツにチケットホルダーをぶら下げるのに重宝した
腰のあたりに着いていたループがなくなってしまった。
リフト券を見せなければならない改札は未だに大多数なので
これはかなり残念な部分だ・・・

とかなんとか。何だかんだ言ってもやはり、私はGreen Clothingが好きだ。
言ったように細かいマイナーチェンジが主で、
登場感のある真新しいウェアばかりが出て来るわけではないのに、
それでもモデル年次が新しいものほど良いもののように思えてしまう。
そういう意味でも希有なスノーウェアメーカーだと思わされる。

のですが、これでこの先2〜3年はもう買い換えはしたくないので、
今回のセットアップで、L、XLサイズ問題には終止符を打ちたい。
と切実に願う私でアリマス。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.12.19 | コメント(6) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

お久しぶりですー。

自分も今季はフリージャケットとビブパンツをGETしましたよ。
ICチケットを入れるポケットは知らなかったっす。

たしかに腰にチケットホルダーを付けれないのは痛いっすね。
シーズン券どうしよう・・・😅

2017-12-19 火 16:55:35 | URL | TKC #- [ 編集 ]

TKCさん
お!おそろいですね!
紙チケットをどこにしまうか、悩みますね〜〜〜

2017-12-19 火 17:04:54 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

激しく同感

はじめまして。
178cm70kgの私もL XLの狭間におります。

そんな私も今季ヤフオクにてgreenclothing の「ツナギ」(しかもmade in japan時期のmodel)を発見してしまいポチッとしてしまいました。

時代からかけ離れてしまった「ツナギ」されどgreenのツナギを着て今季滑りたい40Overのオッサンでございます。

2017-12-19 火 23:01:31 | URL | shingonia #- [ 編集 ]

いつも楽しく拝見しています。
bibのサイジングもばっちりだと思います。上下共にLサイズですか?
また、p.rhythmも着用されていると思いますが、こちらもXLでしょうか?質問ばかりですみません。。

2017-12-20 水 01:29:19 | URL | Masato.N #- [ 編集 ]

Re: 激しく同感

shingoniaさん
グリーンのツナギってかなりシブいですね〜〜
その気持ち分かりますね〜〜
40 Overの嗜みですな〜
お互い頑張りましょう〜〜

2017-12-20 水 09:38:54 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

Masato.Nさん
BIBパンツはLサイズです。
着こなし的にはもしかしたらパンツもXLなのかもしれませんが、
丈もウエストも問題ないし、着心地も良いので
Lのままにしています。
P.rhythmは上下ともLサイズを着ていました。
ちなみにArc'teryxだとMサイズです・・・
難しいですな。

2017-12-20 水 09:42:29 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR