FC2ブログ

R1200GS - 事故〜DWA故障〜そしてレッカー

2017_1108-25.jpg

私が毎日通勤でR1200GSを走らせていることは前にも話したと思う。
そんないつもの通勤路で、左折巻き込みの事故に遭った。

朝の通勤渋滞中の一級国道で、
路肩から赤信号の交差点で列の先頭に出ようとしていたその時、
突然自家用車が左折してきて巻き込まれてしまった。
幸い軽く当たっただけで、転倒するようなことはなかったのだが、
突き出した水平対向エンジンのシリンダーヘッド回りに傷を負った。

言っても“そのために” 着いているシリンダーヘッド・プロテクターと、
そのプロテクターからはみ出たシリンダーヘッド部分、
そしてその周辺パーツが軽く傷ついた程度で済んだので、
事故自体はたいしたことではないのだが、
ご存じのように相手のある事故ってヤツはそのあとの方が面倒だ。

警察は民事には介入して来ないので、こういった物損事故の場合、
状況説明のための説明はするが、警察に言い訳やら、
文句の類を言っても何もはじまらない。
欲しいのは事故届だけなので、単に無駄に時間が押すだけだ。

責任内容に関しては、当事者間、もしくは保険会社同士での話し合いで
過失割合などを解決すべきことなので、私は警官に対しては
務めて冷静に淡々と話してサッサと済ませようとするが、
相手の男性の方は事故対応に慣れてはいないらしく
(まあ慣れてる私の方がおかしいんですけど)、聞きたくもない、
言われたくもないことを延々と聞かされるハメに陥った挙げ句、
大きく会社に遅刻することになってしまった。

そして、破損箇所の見積もりをとって、
相手の保険会社に請求しないとならないので、いつもお世話になっている
越谷の原サイクルさんまでそのためだけに出かけないとならなかった。
行ったら行ったでワタナベ店長や原さんとお話ができるので、
それはそれで「出かける理由ができて良かった」となるわけだが、
かと言って、週末に片道1時間近い時間が、サクッととれるのかというと、
なかなかそうはいかない。
行き当たりばったりに遊んでいるように思われるかもしれないが、
A型らしく、かなり綿密な計画のもとに私の週末の行動は決められている。

2017_1108-24.jpg

見積もり検分が済んだら、みっともないのでサッサと直す。
こういうときのために、私の家には補修パーツが山積みになっているので、
パーツを注文するまでもなく、すぐに修理に取りかかれる。
せっかくシリンダーヘッド・プロテクターを外すので、
ついでにプラグも交換する。今回はイリジウムを奢ってみた。

2017_1108-28.jpg

HP2 Enduroのバックアップ・パーツとして持っていた
X-HEAD』を使うことにしたのだが、
HP2にせよ、GSにせよ、この頃の年式用のこのパーツは、
すでに廃盤なので(ですよね?trafukoさん?)虎の子のパーツだ。
できればこんなことで出したくなかったが、背に腹はかえられない。

これ以外にもシュラウドカバーなど、数カ所に傷が付いたが、
高価なパーツなので直すにしても保険金が入ってから直す。
ちなみに現在、相手9:1私で交渉中だそうですが、
お相手は未だにゴネられている様子・・・


さておき、これですっきりとした気分で毎日の通勤に使っていたのだが、
今回の事故とは関係なく、ここのところエンジンが突然シャットダウンする
症状がちょいちょい起こるようになっていた。

2017_1108-31.jpg
2017_1108-29.jpg

この電池を模したような「DWA」という表示と、
液晶画面が一杯になるバカみたいに大きな文字で「EWS」と表示される
2つが表示されるようになってしまった。
こんな見慣れない、しかも深刻そうな大文字で表示するアラートから言っても、
面倒な匂いがプンプンする。
そして、例によって、よせばいいのに自分でなんとかしようと思ったのが、
その次に続く災難を呼び込むことになるとは、この時点では思いもよらなかった。

ネットで調べると、どうやら警報装置の「電池切れ」のようで、
それを自分で交換してみようと思ってしまったわけだ。

「オートバイのパーツに電池?」と、思われるかもしれないが、
これはバッテリーが上がってしまっても、
警報器の警戒動作を続けるためのバックアップ電源(だと思う)。
電池なのでもちろんいつか空になるのは道理だが、
納車から10年、10万キロを無交換で乗りきったのだから、
交換に難儀するような、面倒な場所に隠されていても仕方がないか。

2017_1108-33.jpg

まずはリアシート、テールキャリアを外す。
この下に警報装置が隠されている。

2017_1108-37.jpg

笑っちゃったのが、一枚薄皮みたいなパーツが被さっていたこと。
これは、ここを荷台として使う際の保護パーツだろうか?
その軟質プラスチックでできたカバーのようなパーツを外しても
その場の景色は変わらないまま。一体化すればイイのに・・・

2017_1108-34.jpg

そうしてその下にいる、
まったく同じに見えるもうひとつのカバーを外すと、
やっとお目当ての警報装置を拝むことができる。
埃にまみれて、かなりお疲れさんの様相。

2017_1108-36.jpg

蓋を開けるとかなりくたびれた電池が現れ、
それを新品と交換して修理は完了。
すると、『DWA』と表示されていた電池マークのアラートは点かなくなり、
これでヨシ!と通勤快速に復帰させることができた。しかして・・・・・

・・・・『EWS』の方は解決していないらしく、
液晶にまたもやあのアホみたいな大文字で表示され、
いよいよ通勤途中でエンジンストップ。
どうやら『DWA』と『EWS』は別の案件だったようだ。
根っこは一緒かと思ってた。

片側二車線の自動車専用の長いアンダーパス内でエンジンが止まり、
その時は幸い再始動できたのでそこを抜けることができた。
そのままエンジンがかからなかったら、
長い坂を押して脱出しないとならなかったので、まさに不幸中の幸い。
そして、その先の路地に逃げ込んだ所で、
私のGSはいよいよ息絶えた・・・

2017_1108-32.jpg

レッカーの急行にも1時間ほどかかり、強制的に午前半休。
GSには偽造キーでエンジンが始動しない
イモビライザーが装備されていて、キーに内蔵されたチップと、
キーシリンダーの円形のカバー内にあるセンサーで相互認証するのですが、
そのセンサーの不具合でキーが認証されず『EWS』のアラートが出て
エンジンがかからなくなるという話は以前にも聞いたことがあった。
エレクトロニクスに頼る部分が増えると、
こういった不具合が起こる可能性が高まるので、
クルマより耐候性が低く、電子部品を保護しきれないオートバイの場合、
果たしてそれが良いのか悪いのかは考える必要があると感じる・・・

しかし、今回の故障原因はそこではなかったようだ・・・
走行距離10万キロを超えた私にGSの厄は、
残念ながらなかなか落ちてはくれない。
(まだつづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バイクのある生活 - ジャンル:車・バイク

2017.11.30 | コメント(4) | トラックバック(0) | R1200GS

コメント

無傷

事故は大変でしたが、
身体が無傷でなによりでしたね。(~_~;)

厄が早く落ちてくれますように。

2017-12-04 月 11:58:37 | URL | あが #k8nY5dmo [ 編集 ]

Re: 無傷

あがさん
お心遣い痛み入ります!
厄とは言ってもなんとかなっているので、
ご心配には及ばないと思います〜〜

2017-12-04 月 12:56:08 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

電装系って電気疎いとホント面倒ですよねぇ

僕も若い頃散々事故したので
だいぶ慣れてますw
相手が面倒だと本気で絞り取ってやろうかと思いますね。

でもまぁ左折巻き込みはどうあがいても車が悪くなるんですよね。
昔、交差点左側から追い越しかけてきた酒気帯びスクーターを
巻き込んだことありましたけど8:2で負けましたねー
現場で相手謝らせたら、僕の方が悪かったw
最初に接触した場所が左側後部ドアより後ろ側からでしたけど
左折はあとから突っ込まれても判例上は車が悪いでしたねー。
酒気帯びも事故との因果関係は認められないと
警察に言われましたよ。
まぁ事故は結局どっちも損しますよね。

2017-12-07 木 09:04:10 | URL | Toshi #- [ 編集 ]

Toshiさん
今回は相手の完全な後方不注意だったのですが、
双方ケガもないし、私は相手さえよければ
「お互いチャラで」と思っていたのに
警察呼べ!みたいなことになり、
そうなると見積もりをとらざるを得なくなって、
過失割合も私の方はほとんどないので
完全な相手のゴネ損となりました。

やっぱり事故現場では冷静さが重要ですね〜

2017-12-07 木 17:59:01 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR