FC2ブログ

何者

2017_1023-39.jpg

朝井リョウの『何者』は、
就職活動中の学生達の奮闘ぶりを描いた小説だ。
私自身も入社試験の面接官を務めるので、
学生達がどういった心構えや裏技的な準備を用意周到にして、
しかもどれだけの不安を抱えて臨んでくるのかなど、
興味深く読むことが出来た。


就職活動をはじめた、長く劇団員として活動していた主人公の拓人、
拓人の同居人で、就活開始と同時に学生アマチュアバンドを卒業した光太郎、
入学以来の友人で、留学経験もある、光太郎の元カノの瑞月、
瑞月の友人で、たまたま拓人・光太郎と同じマンションに住んでいた里香、
そして、里香の同棲相手の隆良、この5人で、時に対策をシェアしたり、
時に愚痴を言い合い、聞き合いながら、
それぞれの就職活動の進行を軸に物語は進む。

音楽活動に固執せず、自身の将来をシンプルに考える光太郎。
家庭の事情を抱え、自身の希望だけで就職先を決められない瑞月。
同じ劇団に所属していた盟友であるギンジが、自身が主宰する劇団を立ち上げ、
就職活動はぜずに今も積極的な演劇活動を続けていることに、
尊敬と軽蔑の両方の気持ちを抱く拓人。

そして、常に世の中を俯瞰して「誰かの言いなり」になることを嫌い、
物事を斜めに見ている隆良に、出来ることは恥も外聞もなく、
やり遂げようと決意するが、それが裏目に出てばかりの里香。

光太郎と瑞月はそもそも付き合っていて、
拓人は瑞月に少なくない感情を抱いて、
もちろん友人である光太郎への配慮もあって、
まっすぐに瑞月に向かえなかったり、
ただでさえ面倒な就職活動に、恋愛感情も複雑に絡んでくる。

そんなどこにでもありそうな、
就職活動における問題や悩みが展開されていくわけだが、
そんな仲間といえども、実はライバルであり、
蹴落としたり、成功を妬むべき敵であることもまた、隠しようのない事実。

そんな、すぐ隣にいる人間への尊敬と、それを認めるわけにいかない、
小さな尊厳がリアルワールドの裏側に潜むSNSの中で蠢き始める・・・・・

何者1



実は映画の方を先に観ていて、
面白そうだったので、原作も読んでみたのだが、
笑っちゃうくらい小説を忠実になぞるように作られていた。
それはこのキャスティングにも表れていて、
上手いこと配役したな、と心底感心させられるし、
役者の演技も原作の世界観とズレなく忠実で、つまりとても上手い。

なのですが、今作に関しては、
文字通りに「行間」を読める原作の方が数段面白かった。


言ったように、本作の主題は就職活動の悲喜こもごもを、
描いただけの群像劇ではない。

本音と建て前を使い分けながら、
自分らしくあろうとする「自分」と、あるべき「自分」を使い分けながら、
否応なしに、そんな「自分」を、ときに断固として、
ときに冷徹に否定されてしまう、就職試験という残酷な世界と、
冷静な観察者としての自分の分析力と表現力を、
見知らぬ誰かに認めてもらいたいと渇望する
ソーシャルネットワークの世界とを、
比喩として併行に比較し続けるところがこの作品の見所だ。

自分の夢を捨てずに社会に出ようとする者、
出ていく社会を非難しながら、適合したフリをしようとする者。

人の夢を「そういうの痛い」と笑う者。
人の夢を素直に「うらやましい」と言える者。

取り繕われた自分の本性を隠し、
理想の人材であると信じさせるという意味において、
確かに就職試験とSNSは似ている。

本当の自分を取り繕うとする者と、
等身大の自分を見つめ続ける者とが、
友人という枠の中で共存する姿を描くことで、
読む者にその是非を問う内容となっている。

「だって、短く簡潔に自分を表現しなくちゃいけなくなったんだったら、
 そこに選ばれなかった言葉の方が、圧倒的に多いわけだろ」

「だから、選ばれなかった言葉の方がきっと、
 よっぽどその人のことを表しているんだと思う」

「ほんの少しの言葉の向こうにいる人間そのものを、
 想像してあげろよ、もっと」

サワ先輩は拓人にこう告げる。

このセリフは140文字に制限されるSNSの世界と、
決められた時間の中で自己表現を求められる就職試験、
どちらにも当てはまる言葉だ。

誰かを悪く言ったり、下げることで、自分を上げて見せる、
もしくはそれによって自身の精神状態を安定させようとする行為は、
ネットでも現実でも最低の行為だ。

自分を誇張することもなければ、かといって卑下することもない、
他人を誹る(そしる)ことや、中傷することのない真っ直ぐな自己表現は、
リアルでも、ネットでも美しいということを、
この作品は説いているのだと思う。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

2018.01.26 | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR