FLUX DS LTD その2

2017_1023-29.jpg

長いことBURTON漬けになっていた私にとって、
今までFLUXというバインディングメーカーは、
かなり縁遠〜〜い存在でありました。

2017_1023-38.jpg

なので、まずはFLUXというメーカーについて調べてみようと思った。
すると、FLUXのホームページには、ちょうどうまい具合に、
私とFLUXの距離を縮める25年史がアップされていた。

2017_1023-34.jpg
※ベースプレートの裏には、クルマ好きなら見慣れたあのロゴマークが刻印されている。

日本のメーカーで、バインディングの専業であることくらいは知っていたが、
この25年史を読んで、日本人らしい細かいこだわりをもった企業であることが
窺い知ることができた。なかなか内容の充実した読み物になっているので、
興味のある方は是非読んでみてほしい。

それでは『FLUX DS LTD』を、
BURTONとの相違点を中心に説明していこうと思う。

2017_1023-3c.jpg
2017_1023-2.jpg

まずはベースプレートだが、つま先側にのみブーツの底長に併せて、
床面の長さを調整できるBUTONとは違って、
FLUXはかかと側にも広げることができる。
もちろん、私のブーツサイズだと、確認するまでもなく全開位置にホールドだ。

2017_1023-4.jpg

調整することでできた空間を埋めるパッドも、予め用意されている。

2017_1023-31.jpg

ただ、このようにいい気になって、その付属のパッドを
すき間をピッタリ埋めるように貼ってしまうと、
ボードから外す時に必ず持ち上げる必要のあるデッキパッドのロック位置に
指が入らなくなって捲り上げづらくなるという難点があるので注意。

2017_1023-11.jpg

ハイバックは、GENESISの硬さを「10」としたら、「6」くらい。
素材の硬さはもちろんだが、ご覧のように小さく、低いことが最大の違い。
明らかにふくらはぎへの当たりが柔らかくなることが想像される。
でも、ヒールカップが気持ち高いことも興味を惹く部分。

2017_1023-1.jpg

ちなみに、FLUXでハイバックが一番柔らかいのはこの『SR』。
こちらはなんとサーファーで、シェイパーでもある
かのタイラー・ウォーレンとのコラボモデル。
真相は不明だが、仕様の決定に際してタイラーは関与していないとの噂あり。
クリステンソンのストームチェイサーとは違う。いわゆる名義貸しってやつか??

2017_1023-15.jpg

言ったように、かかと側の力点になる部分が丸くできている。
「ここで踏ん張るぞ!」という決意まで見てとれるBURTONとは大違い。
この部分でボードのフレックスを活かすものと推測される。

2017_1023-16.jpg

BURTONほどではないにせよ、「私も踏ん張るときは踏ん張りますよ」
とでも言いたげな、取り外し可能なブッシュ状のスタビライザーも付属し、
前足、後ろ足、内股、外足と、荷重反応を使い分けることも可能。

2017_1023-32.jpg

個人的に一番心配だったのは、私がBURTONで特に気に入っていた
ストラップ類の品質感が劣るのではないのか?という部分。
正直に申し上げて、スライダー部のプラスチックの質感や、
しなやかさは、かなりカッキーンと硬めで、
残念ながら、BURTONの高級感のあるしなやかな使い心地には及ばない。

2017_1023-7.jpg
2017_1023-10.jpg

ただし、アンクル、トゥ共に、ストラップ自体のデザインや質感は及第点。
中でもトゥストラップは、TT Snowsuferとの相性だけで言えば、
BURTONの『スーパーグリップ キャップ ストラップ』よりも収まりがイイ。
あとは使ってみて、ホールド感はもちろん、足への当たり方や
疲れ方を確認してみたい。

いっそのこと、スライダー類をBURTON製に替えてしまうか・・・

2017_1023-6.jpg

ハイバックと、スライダーの取り付け部が、ハンドル付きのネジになっているが、
ドライバーを使うことに躊躇のない私の場合、これは正直どうでもいい部分。
むしろイタズラされることの方が怖いので、普通のネジに交換するかも。
ちなみに、アンクルストラップのラチェットハンドルは、
『Beer Buckle』と呼ばれ、栓抜きになっている。
私はこのテのジョークは意外と好きだ。栓抜きとして使うことはないと思うけれど。

2017_1031-2.jpg

アンクルストラップのスライダーが格納されている部分に、
BURTONはハイバックとの干渉を避けるために、
スライダーとハイバックの間に隔壁が用意されている。
このためだけに専用の特殊ネジを用意するなど、
こだわりの実現のための努力を惜しまない徹底した姿勢が見てとれる。

2017_1023-5.jpg

FLUXで私が気に入っているのは、この繊細なホワイトウッド仕様。
見た目云々の前に、これが限定モデルにしか展開されていない
という部分に私が惹かれたことは否めないが、
それにしてもこの杢目のセレクトは良いと思う。センスがいい。

そのプリントの下に隠されるベースプレートは、
ノーマルモデルよりもカーボン配合率を高め、より軽量に仕上げられている。

2017_1023-18.jpg

とはいえ、重さはGENESISとどっこい・・・・
標準モデルからどれだけ軽量化されているのか、
ノーマルの重量を量ってみたいものだ。

2017_1023-9.jpg

というわけで、中でもベースプレートの反応の仕方に関して、
果たして私の仮説が合っているのか、間違っているのか。
早く試してその結論を知りたいところだが、
もちろん、もしものときはさっさとBURTONに出戻る気マンマンだ。
っていうか、双方の良いところを使い分けて、
今後も併用しながらいけたらいいなと思っている。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.11.27 | コメント(3) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

目からウロコです。

非常に興味深く読んでるだけでオモローです!
実際のレビュー本当楽しみにしてます♬
板との相性にもよりますよね(´∀`)

2017-11-27 月 11:44:44 | URL | たいそん #iI9r95Cs [ 編集 ]

Re: 目からウロコです。

たいそんさん
期待外れが怖いです〜〜

2017-11-28 火 13:49:00 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

期待外れたら、共に笑いましょう(笑)
トゥーキャップなんてTTブーツにビタビタじゃないですか!
私的にはgenesisとSPの中間でこれまたいいんじゃないかと思ってます。
楽しみにしとります。

2017-11-28 火 16:25:07 | URL | たいそん #iI9r95Cs [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR