スウィート17モンスター

edgeof17_2.jpg



誰もが経験する大人への通過儀礼。
「リア充」なんて言葉がない時代から、
「負け組」なんてどこにもいない時代から、
「どうして自分だけこうも不幸なんだ」と誰しもが思う時期がある。

私が育った時代は、とにかく情報という情報が遮断されていて、
F1の結果は月刊の自動車雑誌が発売されるまで分からなかったし
(しかも立ち読み)、上に男兄弟のいない者は、
近くの草むらで拾った平凡パンチが唯一のエロとの接点だったし、
1999年には恐怖の大王が堕ちてくると信じて疑わなかった。

そんな、創造力だけがやたらと膨張していた、
極端に情報が不足していた時代の、埼玉の片田舎ですらそうだったので、
情報過多の現代の若者達は何倍もツラいだろうな、と漠然と思う。

自分より勝っているように見える人間の情報が、
欲しくもないのに、向こうから次々と手もとにやって来る。
大人になれば、ある程度は価値基準が固まるので、
なりたくない未来への興味はなくなるが、
若い頃はどの未来も魅力的に見えて、さぞ辛いだろうと思う。

つくづく昭和に育って良かったと思わずにいられない。

さておき、『スウィート17モンスター』は、
子供でも大人でもない、多感で微妙な時期を描いている作品だ。


edgeof17_1.jpg

原題は『Edge of Seventeen』。
観終われば、誰もが間違いなくこちらの題名の方がシックリくると思うだろう。
『スウィート17モンスター』という題名に、このポスターデザインを見れば
間違いなくセンスの良い青春喜劇だと思われるだろうが、さにあらず。

主人公の悩みや、そこから湧き出る負のエネルギーは、
もっとシニカルで、より深刻なものだ。

edgeof17_3.jpg

このテの青春映画で私が好きなのはエレン・ペイジ主演の『ジュノ』。
好奇心だけの行為で妊娠してしまった女子高生のジュノは、
妊娠が発覚して間もなく、出産して子供を養子に出すと言い出す。
周りの偏見や視線を一切意に介さず、自分の考えのままに生きていくジュノは
古い人間からすると、まるで宇宙人のような新世代の若者なのだが、
そんな突飛で破天荒な行動の中で、命の尊さや、男女の愛について、
そして、社会の本質を学んでいく姿がとても素敵な作品でした。

edgeof17_4.jpg

今作もそんなジュノ同様に、“新人類” が、
一歩間違えれば取り返しのつかない事態の
一歩手前まで暴走する様を描いている。
それをしてモンスターと言いたいのだろうが、
本人はいたってマジメに悩んだ結果に、
行き場のない憤りを周りの人々にぶつけているだけなので、
ゴジラのように無軌道に暴れ回っているわけではない。

edgeof17_5.jpg

ただ、その行動があまりに極端に過ぎて、
ジュノのように共感しづらいところがイマ風の青春喜劇。
得体の知れない理論構造でまっしぐらに行動しながらも、
それ故に大きな疎外感を抱え込み、それによって繰り返される
負のスパイラルはコミカルではなく、結構シニカルに描かれている所が
イマ風に言うと“クール"な作品に分類されるのだろうと思う。

なので、17歳の中でも、特にギリギリのセンまで追い詰められてしまう
一人の少女を描いた『Edge of Seventeen』だと思って観た方が
結果的には何倍も面白いと思う。

というわけで、『スウィート17モンスター』絶賛レンタル中です。

オススメ度:60

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2017.12.08 | コメント(2) | トラックバック(0) | 映画

コメント

いつも楽しみにしてます

2017-12-09 土 22:55:44 | URL | Monchi #JalddpaA [ 編集 ]

Monchiさん
ありがとうございます!
これからもよろしくお願いいたします。

2017-12-11 月 09:46:50 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR