FC2ブログ

芽育 Baked Hill 2号機

2017_0814-2.jpg
2017_0814-6.jpg

近ごろスケートボードが(も)楽しくて仕方がない話は、
昨日もチラっとさせていただきましたが、
そんな気分を加速させている、もしくは起点となっているのは、
もちろんお買い物であったりする。

芽育のスケートボードデッキ『Baked Hill』を、またもや手に入れてしまった。
ちなみに7ply - 32 inch x 8.75 inchと、サイズまで同一・・・

要るのか?要らないのか?と問われれば、
もちろん、同じモノを2台も要らないに決まっている。
でも、欲しいのだからこの際仕方がない。
他人に厳しく、自分に甘い私の場合、自身の欲望には極端に素直だ。

そしてその欲望とは、こちらでも再三に渡って申し上げているとおり、
モノとしての佇まいや存在感、それ故の説得力の高さに他ならない。

さておき、今回は1号機のために買ってみて、
とても調子の良かった芽育のホイールも併せて欲しかったので、
デッキだけ買うのではなく、いっそLADEさんの組んだ
コンプリートを買ってみることにした。

こういう機会、というか、こういうアホなこともなかなかないと思うので、
新旧2つ並べて記念撮影をしてみた。
すると、意外や意外、同じモデルと言いながら、細々と違いがある事が興味深い。

一番上の画像でも分かるように、まずトップ付近のシェイプが違う。
まあ、サーフボードやスノーボードと違って、この部分の差違によって、
滑走感に違いが出るわけはないので、これは単に好みの問題でしかない。
むしろ、シェイパーが一台一台、手作業で生み出しているということが、
実感として伝わって来ることの方が何倍も嬉しいし、
ハンドメイド故に「まったく同じ物はない」という真実は、
こういうアホな買い物にとって、大きな大義となる。

2017_0814-3.jpg

クラフト的な部分以外にも違いはあって、
前後のホイールベース(軸距)は、取り付け穴ベースで、
新しい方が4cmほど長くなる設定に変えられていた。

2017_0814-5.jpg

これはデッキの問題ではないが、今回コンプリートとして組まれてきた、
LADEさんセレクトのACEのトラック(22)は、
1号機のINDEPENDENTのトラック(139)のトレッド幅よりも1cmほど狭い。
いずれにしても、乗り味に何か違いが生まれるような差ではない(とは思う)。

『SATORI x MAKE コラボWheel』は、
Baked Hill -1号機を手に入れたときにはまだなくて、
しばらくダウンチルホイールで乗った頃にあとから発売された(と思う)。
ブランドの統一感に無駄に敏感な私が、見た目だけで購入したモノであったが、
デザインに一貫性が生まれるということだけに留まらず、
私には、この63mm/80aの芽育ホイールの方が、
下り坂でのコントロールが抜群にしやすく、
以来お気に入りになっているホイールだ。

デッキとホイールの相性なのか、単なる好みの問題なのかはわからないが、
私がイメージするターン弧と、実際のターン弧にズレがなく、
しかも、そのターン弧が、ダウンチルホイールの描くものよりも小さいので、
まだまだスピードコントロールに難のある私には、
驚くほど操作性が高くなったように感じた。

なので、今回2号機を購入するにあたり、
このホイールが手に入ることが大前提でもあり、
消耗品でもあるホイールを、もう一セット持っておけることも
今回のこのアホな買い物の目的のひとつでもありました。

2017_0814-4.jpg

デッキの特性とは何の関係もないが、
今回コンプリートで組んでいただいたことで、一番に驚いたのが、
後側のトラックの下に着けるアングルの付けられたライザーパッドの向きが、
一般的な方向とは前後逆に装着されて届いたことだ。

以前、SNSで見かけたBaked Hillのライザーパッドが、
同じように逆向きにセッティングされているのを見たことがあって、
真似したこともあったのですが、その頃の私にはピンと来ず、
一般的な前後互い違いになる向きのセッティングに直してしまっていた。

せっかくなので、新旧のBaked Hillで、
ライザーパッドの向きが違うセッティングのままで乗り較べてみた・・・
・・・・のですが、双方の違いを一番に感じるのは、
やはりブッシュの硬さの違いで、それ以外のことは、ワシにはよーわからん。

そんなわけで、ブッシュの違いしかお話できないが、一応しておく。

2017_0814-20.jpg

グラつきを抑えるためにブッシュを硬くすると、今度は曲げづらくなるので、
そこから一段ずつ柔らかくして、結果的に一番柔らかいものに落ち着く〜〜
という素人丸出しのパターンを経て、私は今に至るが、
今回組まれてきたブッシュはACEのトラックに標準で装備される、
感触的にはミディアム程度以上の硬さのもの。

2017_0825-24.jpg

上の画像をご覧いただければお分かりのように、
ビビリな私は、スピードが出ないように、かなりの小回りをさせている。
いつものソフトのつもりで、このミディアム以上ある硬さのブッシュを踏むと、
トラックへの入力が遅れるぶん、スケートがタテに落ちていってしまうので、
スピードは乗る傾向になり、やはりこれだと怖い。
ただ、これくらい硬いと、コンベックスされたデッキのソリッドな反応が、
より明瞭になってくるので、そういう意味ではこのセッティングも楽しい。

道幅があと50cmほど広いか、斜度がもうちょっとでも緩くなれば、
私でもこのセッティングで楽しめると思う。
ブッシュセッティングは奥が深いので、これを機にもう少し探ってみようかと思う。

といったわけで、案の定、私には見た目の違い以外に、
足回りの違う2つのスケートの持つ、乗り味の違いまでは分からなかったが、
それでも、ほんの少しだけ違うイイモノを、
2つも手にできた満足感はとても高い。

設計意図や乗り味、性能と言った価値観に限らず、
デザインや工作技法に、こういった温もりすら感じさせる処理方法など、
作り手の気持ちやセンスが色濃く反映されたプロダクトを手にしたい。
そして、そんなお気に入りだからこそ、乗れるようになろうと思えることも、
何事にも腰の重い私には大切な要素だ。

というわけで、この一見無駄な二台持ちはこの際、
ヨコノリライフの必要経費ということで一件落着とさせていただこうと思う。
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.09.26 | コメント(2) | トラックバック(0) | スケートボード

コメント

こんにちは。
黒いパットの方が新しいのですよね? 先入観を入れるのは‥と思うのでコメント読まない方が吉かも。。

後トラックはつまるところ、フォークリフトの後輪の動き方だと。(前輪支点で小回りが利く)で、前トラックがバイクのF.トレールの働きの構造と思います。
なので、ノーマルより旋回力が強まる仕様ではないでしょうか?

2017-09-27 水 22:03:20 | URL | yasu #- [ 編集 ]

yasuさんご指摘ありがとうございます。
そうなんですね!私は逆向き(前後とも外に向けてアングルをつける)方が
旋回力が強まるものだと思ってました〜〜

2017-09-28 木 13:19:35 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR