サーフィン@茨城 7/22〜23

2017_0724-6.jpg

梅雨も明けて、都内も連日茹だるような暑さ。
正直、日中にエアコンの効いたオフィスからは一歩も出たくない。
これでエアコンが壊れたら一体どうなるのだろう?とか心配していたら、
家のエアコンが2台同時に壊れた・・・
幸い業者はすぐに駆けつけてくれたので、事なきを得たのだが、
マジにおかしな汗も出た。もう家電なしには生きられない。
これも分かりやすい現代病のひとつなのだろう。
気候変動真っ盛りのこの時代に、先行き不安になる病だ。

まあとにかく、すでに毎日バテバテに過ごしているわけなのだが、
だからこそ余計に週末の海が待ち遠しくて仕方がない。

2017_0724-5.jpg

というわけで、この週も一泊二日で波乗りだ。
しかも、台風は一挙に3個も発生し、この週末にも、
少なからずスウェルを運んでくれそうな気配。

正直、台風スウェルによって、ガッツリとサイズが上がれば上がったで、
私の身の丈も超えてしまうので、その予告編程度で充分。
そういう意味でも、到達前のこの週末は、適度なサイズに上がる予感で一杯。
そうなるともう居ても立ってもいられない。
この土曜日も早起きして海に向かう。

2017_0724-7b.jpg

しかして、そんな期待とは裏腹に、波は先週よりもサイズ、数、共にダウン。
先週は先週で、「まあできなくはないし、贅沢は言わない」
とか言っていたのに、それこそ贅沢な話だったという事に、
その一週間後に気づくことになるとは。

凹んでいても仕方がないので、6時にさっさと入水すると、
先週ほどではないにせよ、今週も海水温が低いままだった。冷てー

30分ほどでユウタくんがパドルアウトしてきたが、
すっかり贅沢病が発症している我々は、
「サイズが上がるのは午後からかな〜〜」とか、うそぶきながら
2時間弱で1ラウンド目を終えてしまった。
実はこれが痛恨のミス・・・・この日、波がこれ以上持ち返すことはなかった。
1ラウンド目を長めにしておくべきだった。まさにAfter the Carnival。
後の祭りであった。

2017_0724-11.jpg
2017_0724-12.jpg

そのあとatuとランちゃんが遅れて到着し、4人で第2ラウンドに向かうも、
更に波のパワーも数も減ってしまった。
台風何してるんだ〜〜〜〜〜!

2017_0724-13.jpg

ランチを挟んで、第3ラウンドには、風も強めに吹き出して、
ご覧のようなショアブレイク。
毎度言うが、ダンパー気味にパッカーン!と割れてくる波は超苦手だ。
上の画像を見ればお分かりのように、
ブレイクポイントでも水深はモモくらいしかないので、これくらいサイズがあると、
前後2mに満たない距離の中を横に5mほど滑らせる必要があり、
それができないと地面に叩きつけられるハメに陥る。しかして、
上級者の皆さんは、パっぱっと、ダンパー気味に割れる
そのほんの刹那に横に滑っていかれる。

一体どういう仕組みになっているのか?と、しばし観察してからの反復練習。
少なくとも、ボードのわずかな動き出しを見逃さずにテイクオフすることと、
すでに進行方向を向いて、立つ前からボードを横に向ける2つのことを、
一瞬の中で行う必要があり、1つだけでもなかなかできない私に、
一気に2つはかなり無理がある。
それでもやらなきゃいつまで経っても克服できない。
というわけで、この日の最後になった4時まで1ラウンドは、
そんな反復練習に明け暮れることとなった。

2017_0724-14.jpg
2017_0724-15.jpg

これだけ毎週毎週、茨城は鉾田の海に来ていて、サーフポイント名にもなっている、
かの有名な『とっぷさんて』を利用したことがない。
「それもなんだな」ということで、はじめて『とっぷ・さんて大洋』にある
『たいよう温泉・海ひばり』に、ユウタくんと共にやって来た。
ちなみに『とっぷ・さんて大洋』は「公益財団法人鉾田市健康づくり財団」が
運営する地域住民の方々のための施設なのだが、
もちろん我々のような部外者も利用ができる。
っていうか、これだけ毎週来ていたら、すでに部外者とは言えず、
むしろふるさと納税くらいしていないとならない立場にある。

さておき、ミネラル分を多く含む塩化物強塩泉は黒褐色の温泉が特徴。
はじめはブラックコーヒーよりも黒い温泉に面食らうが、
湯上がり後の保温効果に、美肌効果も高いのだそうだ。
特徴的な泉質のみならず、露天風呂も含め
なかなかに充実した温泉施設でありました。また来ます。

2017_0724-16.jpg

夜はOYくんも合流して、またも神栖で宴会。
今回はOYくん、ユウタくんと〆のラーメンまで堪能してしまった。
そんなわけで、朝には喉がすっかり酒焼けしていた・・・
ちなみにこの日も車泊していたのだが、この晩は蒸し暑く、
かなり寝苦しかった。そろそろ車泊も限界かな〜〜

2017_0724-23.jpg

5時に起きて、6時に到着するミナちゃんと、前乗りしていたテッちゃんと合流。
波の方は風がない分、面は綺麗になったがサイズは相変わらずだ。ムムム。
マジに台風のヤツ何してやがる。
さておき、他のポイントが軒並みダメなのか、駐車スペースはすでに満杯。
海もかなり混雑していて、いつもとかなり様子が違う。

実際、海の上もいつものノンビリした雰囲気はなく、
かなりのピリピリムードが漂う。波数も少ないので、たまのブレイクに、
一斉にパドリングしてサーファーが群がる姿はまるで魚群だ。ちっとも楽しくない。

殺伐としたアウト側には出ずに、一枚インサイド側のブレイクで遊ぶが、
ほどなくアウトもインサイドも割れづらくなり、
1時間ほどやって一旦上がることにした。

2017_0724-17.jpg
2017_0724-18.jpg
2017_0724-19.jpg

9時前から入った第2ラウンドからサイズが上向き始め、
ワイド目ながら3ヵ所くらいで割れるようになり、そんな魚群も散らばり始めた。
そうなれば駆け引きもしようがある。
そこからやっと気分も調子も取り戻して楽しんだ。

とはいえ、先週と同様に、その頃にはもう体力的にも限界を迎えていた。
私は体力が落ちるとテイクオフしても足腰ふらついて、
簡単に転ぶようになるのですぐにそれと分かる。
そうなったらもう根性論は通用しないし、何より海での深追いは禁物なので、
サッサと諦める。

みんなが楽しんでいるのを橫目に10時過ぎにアップした。
真剣にやると二日もたない・・・
この日から参加のテッちゃんは、もちろんそのあとも海に居残って、
4時頃から上がりだした台風からと思われるスウェルを楽しんで帰ったそうだ。
う〜〜ん。1日、否、半日でいいから早く来てくれていたら〜〜〜
とか、タラレバを言っても詮無いのはサーフィンも同じこと。

2017_0724-21.jpg

というわけで、スッキリと気持ちを切り換えて、昼前には帰路に就いた。
この時間だと道も空いているので、そうそう悪いことばかりでもないし、
近ごろがっつりとハマっているファミマのフラッペを、
夏空の下で思い浮かべれば、後ろ髪惹かれるような気持ちの切り換えも、
パッキリとスムーズに運んでしまう。
ほとんど駆け込むように一番近いファミリーマートに飛び込み、
『ブルーベリー フラッペ』を渇いた喉にかき込んだ。

来週はもう少しサイズが上がってくれると嬉しいなあ〜〜〜
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2017.07.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR