ハクソー・リッジ

hacsowridge1.jpg



第二次世界大戦下のアメリカ。
宗教的な思想、そして何より自身の信念に基づき、
決して銃を手にしない兵士ドズ。
兵器工場に勤めていた彼は、
「良心的兵役拒否者」として兵役を免除されていたが、
次々に戦地に向かう数多くの仲間たちを見送りながら、
愛国心に揺れ動き、そして、衛生兵として志願する。

hacsowridge5.jpg

決して銃を持とうとしない訓練中の彼を、士官は除隊させようといじめ抜く。
そのいじめは連帯責任として同じ部隊の同僚にも及び、
そしてドズは仲間からもいじめに遭うが、
それでも除隊はおろか、銃も持とうとはしない。

最後は命令違反で軍法会議にかけられてしまい、
除隊か、監獄行きかの選択を迫られるが、
それでも意志を曲げずに、結局銃を持たないまま戦場にまで辿り着く。

それは、『ハクソー・リッジ』と呼ばれる
日本陸軍が陣取る、難攻不落の高地陣地であった・・・

hacsowridge4.jpg

断崖絶壁という、戦車の進入できない地形障害を活かし、
張り巡らされた地下壕から次々に襲いかかる日本兵。
ばたばたと銃弾に倒れる仲間たち。
そんな究極的な地獄絵図の中で、銃を持たないドズは、一人、また一人と、
仲間を助け続けていく・・・


と言うお話。
これでもまだぜんぜんネタバレになっていないのでご安心ください。

何より驚いたのはこれが沖縄戦であったということ。
ハクソー・リッジとは米陸軍の呼称で、「前田高地」のことだ。
その絶壁の様がノコギリのようだったことからこの名が付けられたのだそう。

hacsowridge2.jpg

日本で上映されるのに、宣伝上、沖縄戦であったことに
一切触れないというのはいかがなものなのか?
諸々配慮しているのだとは思うが、史実を隠蔽したって、
そこに意味なんか生まれないと私は思う。
もし、史実に反するのであれば、そのことを正面切って話すべきだ。
上の画像は今作で日本兵役を演じたエキストラの方々のオフショット。
これを見て、清々しく思うのは私だけではあるまい。

というややこしい話はさておき、この映画は、

なぜドズは人を殺さないと誓ったのか?を描いた
「永遠の0」編、
陸軍訓練施設での厳しい訓練と、酷いいじめに耐え抜く
「愛と青春の旅立ち」編、
そして、ハクソーリッジでの凄惨な戦場を描いた「プライベートライアン」編
の三部構成でできている。

それほど語るべき内容の多い物語なので、
上映時間2時間19分でもぜんぜん足らないくらい。
そんなわけで、観終わった後で少々消化不良感が残る結果となった。

監督はメル・ギブソン。
決して悪い監督ではないのだが、せめてもう少し制作費をあげて欲しかった。
とはいえ、限られた時間と予算のなかでも、
敵国として登場する日本に対する敬意も忘れず描かれており、
その紳士的な仕事ぶりには敬服した。

hacsowridge3.jpg

ただ、主演のアンドリュー・ガーフィールドの演技はかなり見応えあり。
サイレンス』の次の出演作も、殉教者の役というのは、
狙いか、偶然かはわからないが、確固たる意志と行動を採れる若者という
繊細でいて大胆な役柄に、その非凡な才能を見せておりました。

オススメ度:60。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2017.07.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR