サーフィン@茨城 6/24

2017_0626-4.jpg

波予報が芳しくなかったり、
オートバイのメンテナンスをしたかったりで、
サーフィンを一週休んで迎えた、翌週の土曜日。

やって来たのはやっぱり茨城の海。

言ったように、先週はあまり波のサイズも上がらなかったので、
この週末は持ち直すのでは?と、甘い期待を胸に抱きながら、
いよいよ早朝から海に入るべく、気張って5時着で海に向かった。

先発して4時からの偵察を引き受けてくれた
OYくん、KMくんからの情報を受けつつ、
どこへでも対応できるように常磐道を北上する。

2017_0626-14.jpg

話は逸れるが、埼玉県南部から茨城の鹿嶋に向かう場合、
今までは首都高〜京葉道〜東関道と乗り継いで潮来ICまで行っていたのだが、
外環道〜常磐道〜圏央道〜東関道と乗り継いで潮来ICまで行っても、
距離も通行料もほとんど変わらないという事実が発覚した。
しかも、首都高は深夜割に含まれないが、外環道は深夜割の対象路線なので、
外環道に4時までに乗れば、通行料はナント30%引きになる!

今回のように、波次第で集合ポイントを変える場合は、
圏央道には入らず、常磐道を北上しながら、
指定のポイントに向けて高速を降りて一般道を東進すればよいわけだ。
もちろん早朝の茨城の一般道は空いているのでスイスイ走れる。
茨城の海は埼玉県民の強い味方だ。

そうして鉾田のポイントに決定したわけだが、
到着すると、上の画像の通りにかなり寂しい状況・・・

2017_0626-2.jpg
2017_0626-3.jpg

それでもなんとかこれ(上の画像)くらいのブレイクはあって、
成せば成る状況だ。このあとさらに縮小傾向が予想されたので、
この際、贅沢は言ってられない。
善は急げと、先に到着していたOYくん、KMくん、ユウタくん、
ミナちゃんを追って、同じ頃に到着したマッツンと海に入る。

小ぶりながらも波のカタチ自体はとても良く、
きちんと割れるべき所で割れてくれていたので、まあまあ本数は稼げた。
2時間ほど乗った頃にはそこそこ混んできたので一旦休憩。

ほどなくatuとランちゃんが到着し、
そこから第2ラウンド。

サイズは更に小さくなったが、たまのセットでコシくらいあって、
なんとかやれなくもないと言った状況。
パッとはしないが、貴重なたまの休日、遊べればそれで文句はない。

2017_0626-5.jpg

小波と言えばやはりASQ FISH
乗りやすい。っていうか、ラクチン。
いるべき場所にいれば、
あまりパドルをしなくても、ほとんど自動で走り出してくれる。
どんどんヘタクソになりそうで怖いほどだ・・・

2017_0626-6.jpg

12時頃には雲もかかりはじめ、波数もめっきり減ってしまった。
日曜日は、波は持ち直す予想はあったが、天気予報は朝から雨。
一応車泊の用意はして来たが、この日はそのまま帰ることにした。
なんだかんだで5時間以上遊べたし、何より深追いは禁物だ。

2017_0626-7.jpg

というわけで、この日はマックシェイク「カルピス味」を飲みながら、
のんびり帰路に就いた。
(こればっかり飲んでいるとデブまっしぐらだな・・・)
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2017.07.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR