ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

gardiansofgalaxy2.jpg



観ないつもりだったのに、結局、観てしまった。

アベンジャーズをはじめとした、マーベル・ユニバース作品は、
それぞれが関係し合っているので、
観始めると、全部観ないとならなくなる。
特に、かならずカメオ的に、次回作の予告になるような映像が、
エンドロールのあとに納められているので、
それが気になってしかたがなくなる。



特に、アベンジャーズの3作目となる『インフィニティ・ウォー』に、
このガーディアンズの合流が決まっているので、
今作にそこへ繋がるような予告があるのではないかと、
余計に期待が膨らんでしまった。
という、要は、まんまと罠にかかっている状態なわけですが、
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に関しては、
前作があんまり好きじゃなかったので、この続編に関しては、
ビデオまで待つべきか、劇場まで足を運ぶべきかどうかで、かなり悩んだ。

悩んでも答えが出ないので、
なぜに前作を好きになれなかったのか。
それを自分で理解するために、今一度、前作をレンタルして観たら、
どうしたわけか、今回は楽しめてしまった・・・
しかも、前回観たときには、気にもならなかった、
唯一の地球人として登場する、クイルの生い立ちの秘密や、
なぜ、ヨンドゥは地球人のクイルを誘拐したのか?
(謎なんて言うほどの大した問題ではないのだが)など、
いくつかもったいぶった伏線が張られていることに気づき、
それに対する答がこの『Vol.2』にあると信じて、観に行くことにした。

んで、想像したとおり、1作目で宙ぶらりんなままだった、
いくつかの伏線に対するオチがつけられていて、
これを観てやっと話がまとまるようにできていた。

この2作を両方観て、はじめて話が完結する、
前後編2部作だと思った方がいいみたい。それでも、
あまりに軽すぎる、このノリが合わなかったらお手上げですが・・・
ちなみに私、『デッド・プール』もちょっと苦手。
アメリカ人じゃないと笑いきれない「アノ感じ」が苦手です。

さておき、意外に映画として楽しめてしまったこととは裏腹に、
期待していたアベンジャーズの次回作への予告は、
どこにも納められてはいなかった。がっくし。

gardiansofgalaxy2_2.jpg

特に、『インフィニティ・ウォー』では、マーベルの悪役中の悪役、
『サノス』が登場することは、もうだいぶ前から発表になっていて、
そのサノスの娘が二人も登場している今作には、
何かしらの伏線があると思っていたのに特になし。



というわけで、来年公開の『インフィニティ・ウォー Part1』までに公開される、
マーベルの作品は、『スパイダーマン ホームカミング』と、



『マイティ・ソー/バトルロイヤル』(11/3日公開)。
スパイダーマンの方は、アイアンマンも出てるしで、観ないわけにはいかないが、
そもそも『Thor : Ragnarok(ラグナロク)』だった原題が、
バトルロイヤルに邦題が変わった時点で、嫌な予感しかしない。
とはいえ、もう後には引けないので、こうなったら観るしかない。



そして、『シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ』に登場し、
初めての単独作となる『ブラックパンサー』は、
2018年2月公開予定。
    

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2017.06.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR