peeps メガネ用 カーボン クリーナー

2017_0609-2.jpg

メガネユーザーにとって、レンズの汚れは、
気にならなければ、まったく気にならないのだが、
ひと度気になり出すと居ても立ってもいられなくなる、
精神的な苦痛感がキツい、まさに大敵といえる問題だ。

しかも、この汚れがまた簡単には落ちてはくれない。
むしろ、汚れを広げてしまい、
何もしなかった方がよっぽどキレイだった。
なんてことにもなりかねない。

なので、メガネ業界からは、あの手この手の商材が出揃っているわけだが、
めだった汚れは取り除けても、曇りのような汚れは取りきれなかったり、
確実にキレイにすることはできても、作業が面倒で頻繁にはできないものや、
簡便だが、あまりキレイにならなかったり、
どれも帯に短し襷に長しで、決定打に欠ける。

2017_0609-3.jpg
2017_0609-4.jpg

そんなお嘆きの貴兄に是非オススメしたいのが、
この『peeps カーボンクリーナー』。

そもそも、このレンズを挟んで、表裏同時に磨けるという意匠もスゴいのですが、
何よりスゴイのが、このバフ部分。

2017_0609-8.jpg

カーボンが織り込まれているというファイバーバフは、
嘘か誠か、NASAの国際宇宙ステーションでも使用されているという逸品。
脂汚れだろうと埃だろうと、洗いざらい持って行ってくれる。
その仕事ぶりは、すでに感動的ですらある。
しかも、薬剤や水分など一切不要。マジにお手軽だ。

2017_0609-7.jpg

ケースにそのバフをクリーニングする、パッドが設けられていて、
ケースにしまう度にバフの表面がリセットされる仕組み。

2017_0609-1.jpg

柄の部分にはブラシも内蔵されていて、
クリーニング時にレンズに傷をつけやすい、砂埃を予め除去することも可能。
と、バフの秀逸さに加えて、もう至れり尽くせりのGOODアイデア商品だ。

2017_0609-6.jpg

しかも、このおむすび型のバフのカタチが考え抜かれていて、
どんなカタチのメガネの端にも絶妙にフィットして、
フレーム際の磨き残しはまずない。こいつマジすげー。


  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:コレ、すごいよ! - ジャンル:ライフ

2017.06.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR