FC2ブログ

メッセージ

arrival_movie.jpg



私も大好きな『ボーダーライン』、『プリズナー』を手がけた、
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品『メッセージ』(原題:ARRIVAL)。

世界12都市に、突如として全長450メートルの飛行物体が飛来する。
そしてそれは一箇所に留まり続け、18時間ごとに “入口" を開閉し、
人類を内部へと導き入れる。

中にはさながら「面接会場」のような広間があり、
ガラスのような間仕切りを隔てて、異星人との “面談" が行われた。
お互いの共通の言葉を持たない者同士が、
試行錯誤しながらもコミュニケーションを進めていく。

人類全体に、突然の訪問者への疑心暗鬼が広がり、
世界各地で暴動が起こりはじめる。
いよいよ業を煮やした中国は、
異星人に対して24時間以内の退去を求めて宣戦布告を行う。
ロシアなど、いくつかの国も中国に同調し、敵か味方か?といった事以前に、
まだその目的も明らかになっていない訪問者に対して
一触即発の状況が発生してしまう。

刻一刻と攻撃開始の時刻が迫る中、アメリカの科学者チームの一人、
言語学者のルイーズ(エイミー・アダムズ)だけが、
異星人との対話に成功する。
果たして、突然飛来した訪問者達の目的は、侵略か、同盟か、
なぜ12隻なのか、それぞれの場所の意味は?・・・

同じように異星人来訪を描いた
『インディペンデンスデイ』と『未知との遭遇』でも、
現れた異星人が攻撃的か友好的なのかは、観なくても何となく分かるだろう。
つまり今作も、あなたが受け取った印象の通りの異星人だ。

なので、物語としての見所は、何の決定権もないひとりの女性科学者が、
自国のみならず、世界各国に現れた異星人に対する攻撃を、
いかにして中止させるのか?というサスペンスな部分にある。

という部分を手に汗握って観るのも良いが・・・・話はそれほど単純でもない。
原作はテッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』。
もう一度言う『あなたの人生の物語』だ。

その題名が示すとおりに、決してストレートなサスペンスでは終わらず、
今作が描く核心は、“宇宙戦争" ではなく、“人生の選択" にあったりする。
その分かりやすさにおいて、
『ET』と『2001年宇宙の旅』の中間に位置するような、
ちょっとばかり、哲学的で、回りくどいお話。
あくまでもSFを下敷きにしながらも、人間の本質を問う作品だ。

上のポスターは、今作中にUFOが飛来した12カ国ぶんある。
左上が日本。そう、日本に飛来した場所は、函館だ。
言葉の通じない、訪れた目的も不明な、異形の生物との邂逅を予感させる
なかなか凝った宣伝方法だ。



さておき、ヴィルヌーブ監督の次回作は、
言わずと知れた『ブレードランナー 2049』。
『メッセージ』は、いっそブレードランナーへの予習だと思って観るべし!
  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2017.05.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR