サーフィン@千葉南 5/14

2017_0515-1.jpg

ゴールデン・ウィークの明けた5月の二週目の週末、
日曜日に千葉南のポイントへ、サーフィンに出かけてまいりました。

この前日の土曜日、東京地方は雨。
久しぶりのかなりまとまった降水量で、埼玉でも昼過ぎには屋根や壁を打つ雨音が、
盛大に室内に響くほどの土砂降りだった。
もちろんそういう予報の日にわざわざ出かけることはぜすに、
この日も素直にスノーボードの保管用ワックスがけに勤しんだ。
こういう日は後回しにしがちなものを片付けるにはもってこい。

そのあと、映画館に『スプリット』の夕方からの回を観に行って、
F1スペインGPの予選を観たら一日終了。
なんとアロンソが予選7位!(残念ながら決勝は12位・・・先は長いな)

それもこれも日曜日の波乗りを考えての行動だ。
土曜日に雑多な用事を済ませ、
日曜日は4時に起きて、心置きなく海に向かうことにする。

さておき、一番上の画像は、5時前に荒川からさいたま新都心を眺めたもの。
予想に反して雲が厚い・・・今日はあまり天気が良くなさそうだ。
用事に気を取られて、天気予報をチェックしていなかったのが悪いのだし、
ただの心構えの問題でしかないのだが、
ピーカンの海でバケーション気分を満喫できるとばかり思っていたので、
これはちょっと残念な展開。

2017_0515-2.jpg

いつもは素通りする海ほたるでトイレ休憩。というか緊急ピットイン。
事なきを得る。

行ったことのある方なら分かると思うが、
海ほたるの駐車場に入るのは、ぐるぐると建物を旋回させるので超面倒だ。
正直トイレくらいで立ち寄りたくない場所だが、
この際、背に腹は替えられない。
というわけで、しばらくぶりの海ほたる。
一度来たらもう充分だろうと思うのだが、
週末ともなれば、未だに駐車場が満車を続ける人気スポットだ。

2017_0515-3.jpg
2017_0515-4.jpg

海ほたるを出たら、はっきりしない天候とは裏腹に、
館山道を至極スムーズに進む。
7時前に和田の周辺のポイントでatuと合流。

天気は曇り。雨は降らないようだが、一日どんよりしたままのようだ。
ただ、心配された北寄りの風もなく、サイズもしっかりとある。
波の形も良さそうに見えるが、海の上の皆さんがなかなかテイクオフしない。

追いかけても割れず、割れるときはズドーンといく厄介な波だ。
こういう日は見極めが肝心なので、皆さん慎重に模様眺めの様相。
そして、これと決めたら躊躇なく飛びついていく。

こういうときに乗れる波は、そそり立って襲いかかって来る(ように見える)
ギリギリのところでピタッとピークに合わせる必要がある。
もちろんアウトに外せば置いてけぼりのくたびれ儲け、
インに外せば、上から覆い被さるような波に叩きつけられて、
海中で揉みクシャにされた挙げ句に砂浜に引き戻される。
たとえ前後に合わせられても、
切れ目でなければスープの上を走ってまた振り出しに戻され、
パドルアウトに無駄な体力を消耗する。の繰り返し。
見極めの良さも、思い切りもない私には向かない、とても難しい波だ。

こういう波を、混み合った場所で乗ろうとすれば、
そこにツラの皮を厚くする「勇気」も更に必要になるので、
トレーニングだと思って揉まれに入るのも良いが、
残念ながら今日はそういう気分じゃない。
さっさと退散してもう少し南のポイントへ移動する。

2017_0515-7.jpg

2017_0515-8.jpg

すると、サイズも基本コシ程度で、人数も少なく、怪我が少なそうな雰囲気。
素直にこちらで入水することにする。

とはいえ、サイズは一回り小ぶりでも、
ここもブレークポイントの見極めが難しい事に変わりはなかった。
上手いこと切れ目から乗れるとかなり長く乗っていけるが、
なかなかそこに合わせられない。っていうか合わせられてもほぼ偶然。
前回のぽんぽんと乗れたイメージを引きずって、この曇り空と同様に、
気分にはちょっとネガ入っちゃう。

2時間やって1R終了。
海から上がると、ちょうどOYくんとテッちゃんのクルマが入って来た。
二人は日の出前から館山で海に入っていたのだが、
そちらで2R済ませてから、こちらまで来てくれたのだ。

そんなわけで、2R目は久しぶりに4人で入水。
少し風が入りはじめたのか、面が荒れ始めた以外は、
この時間も波の状況にあまり変化はない。

アウトで待てばなかなか割れず、
かといってインで待っていると、お掃除セットに “片付け” られてしまう。
アウトから追いかけた挙げ句に置いてけぼりを食って、
振り返るとお掃除セット・・・

苦手意識を克服すべく奮闘するが、そんなこんなで、
前後左右にずっとパドルし続ける必要があるので、体力的にかなりシンドい。
課題をこなす前に集中力を維持する方が難しい海だ。

2017_0515-9.jpg

そうして2R目も2時間、クタクタになるまで波を追いかけ回した。
先週のように質はさておき、ポンポンと数多く乗れてしまうときもあれば、
質を求めざるを得ない状況の日もあって、この日のように、
4時間海の上に居て、納得のいくライドができたのは数えるほど、なんて日もある。

サーフィンは、技術以上に
(持てる技術、体力を踏まえた上での)決断力が、
常に試されるスポーツだと思う。

何より経験がものを言うし、それが求められる場面は、
1分ごと、場合によっては1秒ごとに訪れる。
いちいち判断力を試される難しさがあるし、そこが最高に面白いところでもある。
だから今は、経験を積むことが一番の目標。
経験がそれをする目的になる、希有な遊びと言ってもいいだろう。

2017_0515-10.jpg

海から上がったら、昼飯に4人でいつものラーメン屋さんに行って、
この日はみんなと別れた。

ひと度海に入ってしまえば、顔を合わせることも、
声をかけ合うこともあまりないのだが、それでもやはり、
遠目に仲間のライディングが気になったりして、
「いいトコで待ってるな〜」とポジション取りが羨ましく見えたり、
単純にいい波を持って行かれると悔しかったり、
何より同じ波に乗っているので、とても参考になったりする。
一人で没頭する波乗りもいいが、仲間と入る海は、やはりそれ以上に楽しい。

    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 次週予告 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

2017_0522-21.jpg

一昨日、事もあろうかこの私が、日本一の山を滑ってきてしまった。
この、身の程をわきまえない挑戦の模様は来週月曜(29日)に!
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

2017.05.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーフィン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR