FC2ブログ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

fantasticbeast2.jpg

私は、ハリー・ポッターシリーズはあまり楽しめない人種なので、
今作に関しても嫌な予感しかしなかった。
でも、まったくの新シリーズだし、
何よりあのエディ・レッドメインが主役を張っているし、
次回作ではジュード・ロウが若き日のダンブルドアを演じるというので、
淡い期待を抱きながら「レンタル開始」まで待って観ることにした。

ですが、結論から先に言うと「やっぱり馴染めん」。

なんでも映画の原案は『幻の動物とその生息域』という
ホグワーツ魔法魔術学校の教科書がベースで、その教科書の著者が、
今作の主人公ニュート・スキャマンダーという設定なのだそうだ。

この『幻の動物とその生息域』は、日本でも2001年に出版されたようで、
作者はもちろんJ.K.ローリング。内容は、教科書よろしく、
80種程度の魔法動物が説明されているのだそうだ。
ただ、
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
〈映画オリジナル脚本版〉』という本は出版されていて、
つまり、J.K.ローリングによる映画用の書き下ろし脚本のようだ。

さておき、好きな人に言わせれば、ハリー・ポッターという映画は、
小説が想像させる世界観と、映像の整合性がとても高いのだそうだ。
なので、今作も小説(脚本版)を読んでから観ることが大前提の
“セット販売商品” なのかもしれない。

というわけで、小説を読んでいない私には、大事な伏線となる、
魔法界と人間界の対立を企てているという、
「巨悪の大物」グリンデルバルドなる魔法使いについてもさっぱりだ。

なので、そんな陰謀の話とは無関係に、
魔法動物学者が、勝手に危険な魔法動物をニューヨークに持ち込み、
こともあろうか、誤ってその危険な魔法動物達を逃がしてしまい、
街がパニックに陥るというただのドジの話にしか見えない。

エディ・レッドメイン演じる、主役のニュート・スキャマンダーは、
「おっちょこちょい」というよりも、救いようのない「間抜け」だ。
視線の定まらないオドオドとしたところは、ほとんど挙動不審者。
それでも「実は凄いんです!」といったギャップのあるヒーロー像を期待したが、
肝心の魔法力の方もいまいちパッとしない。
かといって『ゴーストバスターズ』のようなギャグ路線ではなく、
大まじめにダークファンタジーにまとめようとしているので、
私には焦点の定まらない不揃いな印象しか残らなかった・・・・

まあ、シリーズ累計で天文学的な発行部数を誇る小説がベースなので、
愛読者以外が観ることを想定するだけ無駄だということなのだろう。
歌舞伎や古典落語を嗜むような、下準備が欠かせない様式性に彩られた世界観が、
すでに確立しているようだ。一見さんお断り。

fantasticbeast1.jpg

とはいえ、超人気大作なので、
出演者の顔ぶれを眺めるだけでもそこそこ楽しめる。
私、コリン・ファレルさん好きなんですよね。
こういった大作でお目にかかるのは久しぶりです。

そして、『ジャスティス・リーグ』でフラッシュを演じるエズラ・ミラーに、
ラストにはその「巨悪の大物」グリンデルバルド役で、
誰もが知っている、あの大物俳優も登場します。

とはいえ、やはり消化不良感は否めない。
今日からレンタルが開始される『ローグ・ワン』を観直して、
この心のモヤモヤを晴らすことにしよう。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ ゴールデンウイークのお知らせ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

当ブログの次回の更新は、5/8日(月)を予定しております。
それでは皆さま、良い連休をお過ごしください!

  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2017.04.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR