またもやDEELUXE SPARK SUMMITを見直した話

2017_0424-66.jpg

今シーズンは、立山に行くまで
スプリットボードでも『K2 TT Snowsurfer』を使って過ごした。
もちろんそれで何の問題もなく、
むしろ滑りに関してはソリッドボードと同様に、調子も良かったのですが、
ちょっと思うところあって、立山では『SPARK SUMMIT』の方を使ってみた。

それまでになかった “BC専用" のコンセプトで創られた『SPARK SUMMIT』は、
スプリットボードでの使用のみならず、山行の登りの場面では、
明らかにこちらの方に分があると、改めて思った。というお話であります。

私は特に登りのトラバースで、
ボードのエッジを斜めに雪面に食い込ませて歩くことに強い苦手意識がある。
急斜面では尚のこと、
そこで踏み外せばそれはそのまま滑落を意味するので、緊張感はMAXになる。

自己分析するに、スキーでする同様のトラバース時における、
ハードブーツと、スキーバインディングの強固な固定力と剛性感が生み出す
高い安定感を知ってしまっているからだ。とも思う。
それもあって、不安なときほど、ハードブーツの発生させる
足とエッジの間に緩衝物のないダイレクトな操作感を、いつもイメージしてしまう。

2017_0425-25.jpg
2017_0425-18.jpg

なので、TT Snowsurferで登りの急斜面に入るときは
この『SPARK STRAPPY STRAP』を使ったりしていた。

ハイバックとブーツを物理的に固定することで、
より強固にエッジを支えやすくするわけだ。

でも、SPARK SUMMITの場合、
崩れそうなグズグズのザラメの急斜面でもない限り、このストラップは不要でした。
これはブーツのアッパーの剛性感の高さだけでなく、
頑丈で接地面の広いビブラムソールが、バインディングのベースプレートと
隙なく接地することも合わさって達成される安心感だと思う。

2017_0425-16.jpg

それと、同じ「SPARK」を名に持つからだ。とは言わないが、
SPARK SUMMITのブーツ背面と『SPARK R&D RIP'N FLIP HIGHBACK』との、
ホールドの相性は、アキレス腱のあたりが細く、
全体的に小さいTT Snowsurferよりもずっと良いように感じる。

2017_0425-23.jpg

ついでに話しておくと、近ごろは足許のグリップ重視がより顕著なので、
よほど長い平坦路が続くか、急な下り斜面に出くわさない限り、ハイク時に
ハイバックのフォワードリーンを解放するフリップレバーは使わなくなった。

立山では、スプリット・バインディングを介したハイクだけでなく、
ツボ足やアイゼンで歩く場面も多くあり、
そういった、ブーツとしての素性が大きく関係してくる場面でも、
ブーツが足首の縦の動きを支えてくれる支持剛性の大切さを、
改めて感じることができました。

特に滑走時に足首をある程度自由に動かせるようにするのが
TT Snowsurferの目的だと思いますが、
山岳地帯での行動を考えると、やはり足首の横方向の動きには、
ある程度の剛性感が必要だと思いました。

今シーズンは谷川岳で、短距離ながら、下りの凍った斜面での滑落経験もし、
それへのトラウマも強くあったため、
立山にはSPARK SUMMITで行ってみようと思えたのですが、
おかげで、こんな貴重な体験ができてしまいました。

道具よりも自身の技術を磨く方が、よっぽど重要なのは言わずもがなですが、
道具によって補助できることも少なくない。
できるならば、そういった部分は多余すことなく活用したいと思うのが、
技術も体力もない私の思いであります・・・
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.05.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR