GENTEMCHOPSTICK MAXFORCE Split【準備編】

2017_0313-32.jpg

近ごろ、っていうか、ここ2年ほど、
バックカントリーはやはりツインなんじゃないか???
という意味不明な思いというか、気持ちが強まってきていた。

確かに、MAXFORCE Splitは前々から欲しかったボードだったので、
単にいつものビョーキが発症しただけのことではあるが、
MAXFORCEに対する思いが出戻りのように強まってきた期間は、
そのままTTSS系のファットなボードに傾倒していた期間とに、
ピッタリと重なるのが、我が事ながら興味深い。
時代は巡りゆくのだ。っていうか、こうして人は心変わりを繰り返すわけだ。
(って、おれだけか??)

そして、最近では新しく手に入れたFlyfisk Splitを差し置いて、
MAGIC38 Splitにばかり乗っていることも、その事と無関係ではない。
トップの太いボードと、そうでないボード(あくまでもパウダー系
ボードの中での太い太くない)という、画一的な差別化は、
まったくもって的を得ていないことは重々承知の上ですが、
結果的に、そういうことになってしまう。
つまり、細い方に乗りたい気分。

登りも含めた、山行全体を見渡したときの安全性、そして、
ストレスの少ない安楽性と、純粋な滑りの楽しさは、いつも背反する。
操作がしやすいオープンバーンだけを滑るのであればまだしも、
美味しい斜面までのトラバースや、そこからの帰り道で通らなければならない
ややこしい林の中や、アイシーな硬い急斜面など、
バックカントリーでは、そこで出会う場面のすべてにおいて
及第点を求めたくなってしまうことも正直な気持ちだ。

もちろん、面ツルの新雪に狙いを定めるのが、
ある意味バックカントリーにまで出かけて行く目的でもあるのだから、
その瞬間におおよそのことを寄せておくべきで、わざわざ、
ややこしい場面を想定して物事を準備するのもいかがなものかとも思う。

何より、そのほとんどが自分の技術的な鍛錬でクリアできることばかりなので、
道具に頼るものの考え方自体、問題であることも承知はしている。

2017_0313-35.jpg
でも、ROSSIGNOLの『XV Magtek』にせよ、
ARBORの『ブライアン・イグチ PROモデル』にせよ、
エクスペディションな場所を目指すスノーボードとは、
楽しく滑ること以上に、そんな面倒に対処するための道具でもあるので、
XVもイグチもそうであるように、バックカントリーにこそ、
ツインが要るのではないか?という疑念というか、
願いのようなもがいつまで経っても晴れないでいたわけだ。

そんなツインへの思いは、私の場合、それはそのままMAXFORCEのことを
意味するわけだが、MAXFORCEは、スプリットはおろか、
ソリッドもすでに廃盤となった状態で、それはつまり
“今さらジロー”(小柳ルミ子(c):1984)。
ちなみにTTはイチロー(いまだ現役)。どうでもいいけど。

もちろん、そんなときのためにあるのがヤフオクという場所なので、
逐一チェックは欠かさずにいたわけだが、
そもそも不人気だから廃盤になるわけで、
市場的には、MAXFORCE自体がすでにレア物件だ。

しかして、愛とは失ってからその大切さに気づくもの。
手に入らないとなると俄然手に入れたくなるのは人間のサガだ。
特にシーズンインあたりでは、私を超えるスキモノたちによって、
定価を超えるプレミアムな価格で取り引きされており、
おいそれと手を出すことができないでいた。

そんなわけで、気持ちはほとんど来季登場する、
『OGASAKA FT SP159』に傾いていた。
そんな、3月のある日。こいつはヤフオクにひょこっと現れた。
例によって、ずんずんと値が吊り上がっていくのだろうと思いきや、
とても有り難い値段のまま終了してくれた。
シーズン前と、シーズン終盤では、需要(愛)にこうも差がでるのね・・・
それもまた勉強になります。

2017_0321-75.jpg

そんなわけでMAXFORCEのスプリットもアイテムに追加されることとなった。
これで、SLASHER、FLYFISKを加えた3機種において、
ソリッドとスプリットを揃えたことになる・・・
どっちかだけ持っていればそれで済む話だとは思うが、
どうにもスプリットでゲレンデを滑ることに抵抗があるので、
結果こうなってしまう・・・・無駄なこだわりだと我ながら思うが、
馬鹿は死ななきゃ治らないらしいので、
この際、生きているうちは、やりたいようにやらせていただく。

さておき、ややこしいコンディションとなる春先にこそ、
ツインの、MAXFORCEの出番なので、
その週末からスクランブルできるように、我が家に届くなり準備を開始した。

インターフェースは、こいつと入れ替わりに、
今シーズンはお役御免のパウダー専用機、Flyfisk Splitから移植。
シールはTT160 Split用だった『G3 Alpinist High Traction』
使い回すことにした。ちなみに、ほんの2mm程度
シールのサイドをカットするだけでMAXFORCEにフィットした。

2017_0321-74.jpg

TT160よりも4cm長いMAXFORCEに流用することと、
ラウンドノーズの方が、ピンノーズよりも先端が太くなるぶん、
ノーズ側のフックが、図のように前側に上がってしまう。

2017_0321-28.jpg

そのためテールベルトは長さがギリギリになってしまいましたが、
使用上の問題はなかったので、これでヨシ。むしろ軽量化達成。
さておき、あんなに白かったシールは、まるで薄汚れた絨毯のようだな・・・

クライミングスキンは、そのボード専用にカットしてあるので、
他のボードには使えないと思われるかもしれませんが、
ダブルピンテールのMAGIC38 Splitや、もちろん太すぎるFlyfisk Splitなど、
変わり種を除けば、案外使い回せてしまいます。
(もちろん細かいことを言わなければ、
 それら用にカットしたシールも使い回せます)

とはいえ、それもグルーを張り替える前提であることもまた言わずもがな。
このシールはSLASHER Splitとも共用していたのですが、その最後の山行の時
すでにグルーが滑走面に残ってしまうほど溶け始めていた。
久しぶりに箱から出してみると、案の定グルーは見るも無残にメルトダウン。

2017_0313-28.jpg

早速グルーを剥がして、

2017_0313-30b.jpg

こんなこともあろうかと、
予め買って置いた『G3 Glue Renew』に貼り替えた。
(これ、買おうと思ったときには絶対に売り切れているものなので、
 毎年新たに入荷する11月頃には買っておくようにしましょう!)

ちなみに、あくまでも私の心証でしかないが、
G3のグルーの方が、BlackDiamondのグルーより水分に弱いように思う。
(ひょっとしたら、高い雪温に弱いのか??
 次はBlackDiamondのグルーリニューを買っておくことにしよう)
水分を吸いやすい気がするし、何より2シーズン保たない印象だ。
おかげで、チートシートから何から、グルーがアチコチにこびりついてベットベト。
グルーの貼り替え以前に、それらをきれいに取り除くのに
更に余計な時間を費やしてしまった。

2017_0313-33.jpg

それから予備で買っておいた『Ultra Clip』に交換。
その後、ベースワックスから滑走ワックスまで一気に塗布して、
一週間足らずで準備を完了させたのだが、
仕事から帰ってからの作業は毎晩テッペンを越え、
かなりヘロヘロになった・・・もう若くないのだ、ということを
痛切に感じるのは、休日ではなく、むしろ平日の夜だ。

私が若くない話はさておき、スプリットとして使ってみた印象と、
久しぶりに使ったG3 Alpinist High Tractionに関しても
気がついたことがあるので、その話はまた明日。
  

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.04.10 | コメント(4) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

さすがです!

MAXFORCEの日記待ちわびておりました。
もしかしたら割ったのかと思ってました。

ムダな拘りなどではなく素晴らしい拘りだと思いますし、その拘り私は大好きです!
いいじゃないですか~誰にも迷惑かける訳でもなく、買ってしまった罪悪感とたまに葛藤^^

私はまだ割れ板持っていないので、そろそろ割れ板も欲しいなと考えてます。

2017-04-10 月 11:57:46 | URL | たいそん #iI9r95Cs [ 編集 ]

拘りはとても大切な事だと思いますね。
自分は17-18シーズンのvectorのカーボンモデルに心を奪われそうです。ノーマルモデルとの違いを試乗会で知ってしまったので。

2017-04-10 月 13:27:57 | URL | Sugaya #- [ 編集 ]

Re: さすがです!

たいそんさん
応援とご理解ありがとうございます。
スプリットに手を出すと泥沼かもしれませんよ〜〜〜

2017-04-10 月 22:34:46 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

Sugayaさん
お〜〜噂のカーボンモデルですね!!
やはり良かったですか!!!
次々と誘惑は絶えませんね〜〜〜困ったもんです!

2017-04-10 月 22:38:06 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR