FC2ブログ

谷川岳【2/25】後編

2017_0227-21.jpg
2017_0227_sp-6.jpg

滑走準備を終え、肩の斜面上部で10分ほど雲が抜けるのを待つ。
南西方向から上空を過ぎる雲の足は速いが、ここまできても、依然として無風。
確かに、稜線上の登山ルートは風で叩かれ硬かったが、
この周辺では木〜金あたりで多少なりとも降雪もあり、
通過してきた天神平スキー場は、多くのパウダーハンターで賑わっていた。
そして、眼下に見下ろす肩の斜面は気持ちボウル状になっていて、
雪は溜まりやすいと思われる。つまり、完全に当たりだ!

2017_0227_sp-7.jpg
2017_0227_sp-8.jpg
2017_0227_sp-9.jpg
2017_0227_sp-10.jpg

13時ちょうどにいよいよ滑走を開始。
この日の肩ノ斜面は雪着きもとても良く、
深すぎず、浅すぎず、操作のし甲斐のある新雪が面ツルで向かえてくれた!
しかも、このスケールの雄大さを見よ!!!!!

MAGIC38はこういう斜面のためにあるようなボードだ。
引っかけたり、当て込んだりせずに、できるだけスムーズに、できるだけ大きく、
滑走面がムズムズと荷重を逃がし始めるギリギリまで
抑え込んだターンをさせてやると、
まるでそこにレールがあるかのように滑空していく。

オレはまたしても当ててやったぜ!!!!それもあの谷川岳でだ。
リア充とでも何でも好きに呼ぶがいい!大満足だ!

2017_0227_sp-11.jpg
2017_0227-23.jpg

そのあと、熊穴沢非難小屋まで、カチコチの登山ルートを滑って戻り、
そこから西黒沢に向けて、熊穴沢を落としていく。

2017_0227-22.jpg

避難小屋から見た阿熊川岳(だと思う)。
もうほとんど外国(行ったことないけど)。

2017_0227_sp-13.jpg
2017_0227_sp-19.jpg
2017_0227-25.jpg
2017_0227_sp-12.jpg
2017_0227_sp-21.jpg

2017_0227-57.jpg

美しいブナ林沿いに滑り降りる。
肩の斜面に較べると、新雪に混じって硬い部分もあったが、
充分にエッジが噛む、ほど良い斜面でありました。
これまた美味であります。

2017_0227-27.jpg
2017_0227-28.jpg

西黒沢との合流地点から西黒沢を見上げる。
トマノ耳からここを真っ直ぐに落とされる方もいらっしゃるそうです・・・
リュウさんはあからさまにヨダレを垂らす私を見て、
「私はここはあまり滑りたくない(できればガイドしたくない)なあ」と
言っていた。それはもちろん、他ならない私にだから言ったのだろうが、
リュウさんの、良い意味で商売っけのない、
本音で話していることがバッチリ伝わってくるところが信頼できる。

2017_0227-26.jpg

最後は西黒沢を進みますが、西黒沢との合流地点のあたりから、
雪はかなり手強いモナカ雪に変わってしまい、
そこからはただただ安全に滑り降りる事に徹するのみ。途中、
あまりに融通の利かない手強さに、フロントサイドでヒールの逆エッジくらって
後頭部を強打する、ヘルメットの被り甲斐のある転倒をかましたが、
まさにヘルメットさまさま。
やはり、雪質がトップ〜ボトムで千変万化し、石のように硬く固まったデブリが
ゴロゴロ転がっているこの時期のバックカントリーに、ヘルメットは必須だ。

そうして、土合口駅まで滑り込み、無事ツアー終了〜〜〜〜
結局この日は一日中晴れていてくれた。
カチコチのバーンも予想されたので、フカフカの新雪はまさに恵みでありました。

私の谷川岳への思いは、「ナントカと煙は高いところに昇る」の典型例でしかない。
でも、尊敬できる山というのは、そこへ向かう者に誇りを、
降りてきた者に勇気と自信をくれる。
谷川岳は私の期待を裏切らなかった!良い思い出だけ残してくれました。

2017_0227-52.jpg
2017_0227-49.jpg

土合口からスキーヤーズプレイスのロッジまで移動して、
遅れてやって来たTくん家族と合流。
スキーヤーズプレイスのロッジは、
スキー場のレストハウスを改造した建物なので、
大穴スキー場というその名の通りのローカルスキー場の目の前にある。

2017_0227_sp-22.jpg
2017_0227-62.jpg

お子さんがお生まれになって、
なかなか遠く雪山までは来られなくなったTくんですが、
この日は愛娘のモモちゃんとの初滑走を果たした。

どうやら子供は抱いて滑ると寝るらしい・・・・

この晩は温泉に浸かってから、みんなで鍋を囲んで、
そしてやっぱり飲み過ぎた・・・・

翌日はTくんも加わって、こんどは新潟側から、
谷川連峰の主脈沿いにある山へ登る。
【つづく】

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.03.07 | コメント(8) | トラックバック(0) | スプリット・ボード

コメント

へそ曲りさんの今シーズンの当たりっぷり凄いですね。中々、お初の谷川でそんなに良い方の広場は珍しいてますよ。自分もそこそこ今シーズンは当ててますが、へそ曲りさんには敵いません(笑)。

2017-03-07 火 12:52:34 | URL | Sugaya #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Sugayaさん
ほんとみんなに言われてます〜〜
谷川岳ナメるなって・・・・

2017-03-07 火 15:11:24 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

写真カッコ良すぎです!
へそ曲がりさんに影響受けて、北海道でBIGFISHとMAGICを借りましたが、いい板ですねえ(^^)
ソリッドはReplant以外あり得ないと思ってたけど少し揺らぎました(^_^;)

2017-03-07 火 17:59:32 | URL | SHO #- [ 編集 ]

谷川岳、おめでとうございます!

自分もいつかは登りたいな〜と思う憧れの山です。

ブログでは本当に当たりまくりだなぁと思いながらいつも楽しみにしております(笑)

シーズン後半も怪我なく楽しんでくださいね。

2017-03-07 火 19:19:55 | URL | dan #- [ 編集 ]

山頂直下

去年のんびり谷川の時、外人さんが二人山頂直下滑ってました。
キャニオンズの人だったようです。イッチャッテル感出しまくりでした!

2017-03-07 火 20:16:24 | URL | o原 #MS4DxwAY [ 編集 ]

SHOさん
わたしはもうズッポシ頭までGentemに浸かっているので、
他のブランドと比較しての正当な評価ができなくなっております・・・
・・・でも、MAGIC38は、機動性重視のボードが増える中で、
乗りやすさと速さのバランスが絶妙な、
イマドキちょっと珍しい高速系ボードだと思います。

2017-03-08 水 11:01:27 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

danさん
あこがれの山は日に日に増えていきますよ〜〜
私はなんとか毎年ひと山ずつ達成を
目標にしております〜

2017-03-08 水 11:03:32 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

Re: 山頂直下

o原さん
あそこを狙うには、滑走技術以外にも
入念な下調べと極度の幸運が必要になりますよね!
ローカルじゃないとなかなか狙えないですね〜〜

2017-03-08 水 11:05:42 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR