FC2ブログ

北海道 3Days 2017【Day-3:岩内〜天狗山】

2017_0201-33.jpg

前夜の『Boroya』で、Niseko Filmsの大泉カントクに、
KMさん、マッツン、ユカチンの三名の撮影の約束を取り付けた。
そんなわけで、最終日はカントクにアテンドしていただけることとなった。
中でもユカチンはグーフィーなので、同じグーフィーのカントクと滑るのは、
かなり勉強になるはず!

問題は滑る場所だ。いかに大好きなルスツと言えども、
遠路はるばる北海道まで来て、3日連続で同じ場所を滑るというのも何だし、
かと言って、ただでさえ混雑することに加えて、
ここのところ降雪の少なかったニセコは避けたいので、ここはひとつ、
行ったこともないローカルなスキー場を巡ろうということになった。

2017_0201-34.jpg
2017_0201-35.jpg

そんなわけで、まずやって参りましたのは『ニセコ いわない国際スキー場』。
ニセコと言うには離れているし、キャットツアーもあるにはあるが、
3年前に経営企業が撤退してからは岩内町が運営している、
ペアリフトが一本だけ架かる質素なスキー場なので、
国際と言うより、素直に「岩内スキー場」と呼ぶべきか。

そんなひっそりと佇むように存在している岩内スキー場なので、
平日のこの日は尚のこと、我々だけの貸し切りかとも思われたが、
体育の授業とおぼしき地元の小・中・高校生が団体でいらっしゃっていたので、
意外と賑やかでありました。

2017_0206-13.jpg

そして、リフト代は1時間500円と、価格破壊なお値段。
しかも、ご覧のようにすでに20分おまけしてくれている。

カントク自身もプライベートでよく訪れるという岩内スキー場の魅力を、
関東圏の方々に説明するとすれば、かぐらスキー場のみつまたエリアにある
『大会バーン』を、3本横に並べたイメージと言えばお分かりいただけるだろうか。
ペアリフト一本というイメージとは裏腹に、
カービングに適した、ほどよい斜度の圧雪コースが3本もある、
ローカルスキー場とは言え、なかなかどうして侮れないGOODなスキー場だ。

2017_0201-38.jpg

何より、日本海と積丹半島を臨むオーシャンビューが、とってもステキっ!
気分もアゲアゲであります!
ニセコやルスツと言った大型スキー場に加えて、
こんな素敵なローカルスキー場が目と鼻の先にあるなんて、
なんとも羨ましい話だ。

2017_0201-36.jpg

そんな岩内スキー場でNISEKO FILMSの撮影は開始された!!!
今回、三人は主にフォームチェックを目的にした撮影をお願いしたが、
それこそアゲアゲなファンなコンセプトの映像でも撮ってくれる。
追い撮りや、据え撮りを何本も繰り返しながら撮影は続き、
馴染みのカントクの口利きもあり、スキー場の方にオマケしてもらいながら、
結局2時間近く滑らせていただいてしまった。アリガトウゴザイマス!

2017_0201-67.jpg

それから余市にある、新鮮な海鮮丼をとてもリーズナブルに戴ける
『ファミリーすし ガーデンハウス』に当て込んだ。
私は量も適度な「特大まんぷく握り」(¥1,500)を美味しくいただいたのだが、

2017_0201-66.jpg

KMさん、マッツンは、同じ「特大まんぷく」でも、
ご覧のように握りに較べて酢飯が10倍近く多い
「特大まんぷくちらし」(¥1,500)に “思い出挑戦” を敢行し、見事に敗退。
この量でこの安さ!それでいて超美味いっ!これまた価格破壊!!

食後に『仁木町民スキー場』でホッコリと滑ろうかとも考えていたのだが、
カントクがニセコに帰るには遠くなってしまうのに、
小樽の『天狗山スキー場』まで付き合ってくれることになった。
ローカルと呼ぶには充分に大きなゲレンデで、
ホッコリどころか、いっそガッツリ滑ることになった。

2017_0201-40.jpg
2017_0201-42b.jpg
2017_0201-44.jpg

私は4年前にもここを訪れていたのだが、他のみんなは今回がはじめて。
そもそも小樽市を一望する展望台にかけられたロープウェイを使うスキー場なので、
ここの展望もまた超絶に素晴らしい。つまり、せっかくここまで来ても、
もし天気が悪ければ、摩周湖レベルでモッタイナイ目に遭う場所なわけだ。
そんな天狗山で、この景色を拝めれば、その感動は10倍になる。
呪いレベルの雨男達に贈る、私からのプレゼントだ!
どうだ!野郎ども、今一度その目ん玉ひんむいてよく観やがれ!

2017_0201-43.jpg

なんて、私の挑戦的な声が聞こえたのか、
はたまた雨男たちの反撃の狼煙か、海上には雪雲が現れ、
ジリジリと天狗山に近寄ってきた・・・
(海に降る雪を見渡す機会もそうそうないので、これはこれで素晴らしい経験だ)

2017_0201-47.jpg
2017_0201-46.jpg

・・・あっという間に吹雪。
まさに間一髪。タイミング外してたらこの絶景を見逃すところだった。
危ねえ〜危ねえ〜

2017_0201-48c.jpg

というわけで、キッチリ2時間券を使い切って、ツアー終了〜〜〜
カントク、お付き合いいただきありがとうございました〜〜〜〜!

2017_0201-88.jpg

と、ちょうどその頃。
離陸までまだ4時間以上あるというのに、バニラエアからは、
機械故障のため出発時刻が1時間遅延する旨を報せるメールが届いていた・・・

・・・そしてそれは、雨男たちの呪いの序章にすぎなかった・・・
飛行機を使って旅行をすれば、誰しもが危惧するのは「欠航」の2文字だろう。
とはいえ、まさか自分に限って、そんな目に遭うなんてゆめゆめ思わないものだ・・・

【来週につづく】  

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2017.02.16 | コメント(6) | トラックバック(0) | スノーボード

コメント

19日から北海道に行くんですけど、
同じバニラエアなんで心配です(^_^;)
天狗山スキー場の写真は生で見てみたいですね!

2017-02-16 木 12:26:17 | URL | SHO #- [ 編集 ]

SHOさん
今週末も荒天が予想されるので、もし間に合えば、
バニラが提供する旅行保険に入っておいた方がいいかもですよ!

2017-02-16 木 12:46:37 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

小樽天狗山スキー場

素晴らしいロケーションですよね‼︎
昨年クリスマスtripに行った際に天狗山スキー場行きましたが歓迎しました。
(以前の土と雪とを見て訪れてみました)
キッカケをありがとうございます^ ^
今まで行ったスキー場の中で1番のロケーションで驚きました。

続きが楽しみです( ´∀`)
月曜日か楽しみ〜

2017-02-16 木 17:09:11 | URL | たいそん #iI9r95Cs [ 編集 ]

Re: 小樽天狗山スキー場

たいそんさん
旅程に余裕がないと、なかなか足を運べないスキー場ですんで、
あの眺望が観られると、倍返しで感動しますよね〜〜

つづきは火曜日にアップします〜〜
(とはいえ、決して楽しい話ではありませんが・・・)

2017-02-16 木 17:28:54 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

保険は入っていたみたいですが、無事に着きました!
情報ありがとうございます(^^)

2017-02-19 日 12:25:33 | URL | SHO #- [ 編集 ]

SHOさん
それは良かった〜〜北海道の雪を楽しんでくださ〜い!

2017-02-20 月 10:22:07 | URL | 埼玉のへそ曲がり #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

埼玉のへそ曲がり

Author:埼玉のへそ曲がり
オートバイと
スノーボード。
近ごろ波乗り。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR